タグ:京都 ( 22 ) タグの人気記事

本日の四条通は何だか楽しい

本日の四条通は人通りが戻ってきてる。
素敵な着物女子たちが楽しそう!
派手派手着物はほとんど見かけない。

南座前も女子たちであふれてた。

本日の四条通は何だか楽しい_d0043390_21582767.jpg

そうか~滝沢歌舞伎が始まったのか。

何だかウキウキしてきた。
雑踏が心地いい。
こんな京都に来たかったのよ。

四条大橋から夕日をパシャリ。

本日の四条通は何だか楽しい_d0043390_22023749.jpg

四条大橋を渡り路地裏を歩いてみた。

ミナペルホネンに入って、素敵なコートを見て…

更に歩いてみた。

楽しい~

賑やかだけど静かな路地裏だ。

高瀬川沿いにも足を伸ばしてみた。

秋の京都は、Go To観光客が多いのかな?

四条通のほとんどのお店はクーポン対象店のようだった。

いいなー Go Toトラベル。

昔の京都が帰ってきた気がする。

嬉しい(^o^)

嬉しい出来事がもうひとつ!

10数年振りにれえすの花さんにお会いすることができた🎵

全然お変わりなくて相変わらずの素敵な着物姿に見惚れてしまった。

素敵な作品の数々は四条通、祗園小舎で見ることができますよ。

明日までです!


タグ:
by tumugihime | 2020-10-24 21:39 | 旅・おでかけ | Trackback | Comments(2)

金寺院 特別拝観 (等伯の襖絵「猿猴捉月図」)

無鄰菴へ向かって歩いていたら、金寺院特別拝観の案内を見つけました。

特別拝観か~

入口の案内をよく見ると、等伯の襖絵「猿猴捉月図」だ!

金寺院 特別拝観 (等伯の襖絵「猿猴捉月図」)_d0043390_21361994.jpg


えぇ~~

ここにあったの?

知らなかったよ。

案内の時間が決まっているのでお庭を散策。

どんぐりがたくさん(*^-^*)


金寺院 特別拝観 (等伯の襖絵「猿猴捉月図」)_d0043390_21214570.jpg

誰もいません。ここは穴場中の穴場です。

金寺院 特別拝観 (等伯の襖絵「猿猴捉月図」)_d0043390_21291351.jpg



明智門、弁天池・・・東照宮もあります!

金寺院 特別拝観 (等伯の襖絵「猿猴捉月図」)_d0043390_21295147.jpg


どこを歩いても趣があります。流石です。

金寺院 特別拝観 (等伯の襖絵「猿猴捉月図」)_d0043390_21224165.jpg


さて靴を脱ぎ・・・等伯の襖絵「猿猴捉月図」に会えます♥

薄暗い部屋に入ると、目の前に等伯の襖絵「猿猴捉月図」が!

金寺院 特別拝観 (等伯の襖絵「猿猴捉月図」)_d0043390_21264577.jpg



ふわふわのテナガザルが池に浮かぶ月に手を伸ばしています。

あまりに近いので、思わず「これ本物ですか?」と聞いてしまった。

「みなさんによく聞かれます」と案内の女性の返事が返ってきました。

昔、美しい着物?でこの「猿猴捉月図」が描かれた帯を見たことがあり、心に残っていました。

細い枝につかまり、池に映る月に手を伸ばす猿の姿は、形のないものを得ようとする愚かさを表しています。


小堀遠州作、鶴亀の庭は全て常緑樹です。

金寺院 特別拝観 (等伯の襖絵「猿猴捉月図」)_d0043390_21370629.jpg


右が鶴で左が亀らしい。

南禅寺の手前にある金寺院です。
この通りは何十回も歩いていたのに知らなかった。

こんなに心静かに、そして心に迫る古刹があったとは!

金寺院(こんじいん)の特別拝観の案内を見つけたことは本当にラッキーでした。

案内を見て足を止める人はほとんどいなくて。。。。

私もその中の一人だったんだけど。

何となく引き返したのです。

無鄰菴に行く予定変更して行ってよかった。

まだまだ奥が深い京都です。




タグ:
by tumugihime | 2019-12-10 22:34 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(0)

京都「智積院」等伯親子の障壁画

やっと会えました「楓図」と「桜図」。

等伯「楓図」と、息子久蔵の「桜図」。

ずっとずっと・・・何年も前から行きたかった智積院。

京都駅発のバスの時間に少し余裕があったので立ち寄ってみました。

宝物館収蔵庫に入ってすぐ左手、枝を広げた楓の古木に圧倒されます。

京都「智積院」等伯親子の障壁画_d0043390_22124356.jpg


これが「楓図」か~ 力強いわ楓図!

しかし古木の下に描かれた草花が秋の落ち着きを感じさせてくれます。
よく見ると空や池も抽象的に描かれている。

息子を突然失った喪失感が胸に迫ってきます。

26才で急逝した翌年、気持ちを振り絞って描いたのですね。



「楓図」と並んで、息子久蔵の「桜図」が絢爛豪華に描かれています。


京都「智積院」等伯親子の障壁画_d0043390_22180838.jpg


力強い桜の大木だけど、ふんわりと八重桜が若々しくて可愛いらしい。

久蔵は25歳で「桜図」を描き、その翌年事故?で亡くなりました。



その他、国宝「松に秋草図」「松に黄蜀葵図(とろろあおいず)」「松雪の図」、重要文化財「松に梅図」が収蔵されています。
金箔を使った豪華絢爛な桃山文化を感じ取ることができるけれど、劣化していて少し残念。

国宝収蔵庫に大切に展示されている、等伯親子、弟子たちの障壁画。
ガラスケースに入れられることもなく、間近で鑑賞できることは驚きでした。
どこもかしこも、観光客であふれてる京都だけど、ここには数人しかいません。

等伯の「楓図」と久蔵の「桜図」の前で、一人贅沢な時間を過ごすことができました。
この空間を独り占めですよ!

智積院は三十三間堂の道を挟んだ向かいにあります。
国立博物館や三十三間堂に行く方はすごく多いけれど、ここ智積院は穴場です。

利休好みの名勝庭園も見ごたえありです。

誰もいないでしょ。ここには静寂があります。

京都「智積院」等伯親子の障壁画_d0043390_20385698.jpg



自然石のみを用いた野性的勇壮な庭園です。

京都「智積院」等伯親子の障壁画_d0043390_20401572.jpg



右奥に茶室が見えます↑

まだ紅葉が残ってる^^

京都「智積院」等伯親子の障壁画_d0043390_22144295.jpg


時間を忘れそう。

京都「智積院」等伯親子の障壁画_d0043390_20373343.jpg



清々しい気分で智積院を後にした私でした。

本堂にお参りしての帰り道。
正面に京都タワーが見えました。

京都「智積院」等伯親子の障壁画_d0043390_22100315.jpg


三十三間堂前から京都駅行バスが頻繁に出ていて便利です。

京阪七条駅から徒歩10分くらいかな。
智積院にも是非足を延ばしてみてくださいね。


by tumugihime | 2019-12-09 20:45 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(0)

散紅葉もいいね

ちょっと京都へ行ってきました。

紅葉のピークは過ぎていたけど・・・

散紅葉もいいね_d0043390_23522768.jpg


永観堂手前の散歩道です。

散紅葉もいいね_d0043390_23515361.jpg


観光客がほとんどいなくていい雰囲気でした。

真っ赤じゃないけどね。

散紅葉もいいね_d0043390_23530627.jpg


永観堂までの紅葉散歩。

散紅葉もいいね_d0043390_23575598.jpg



ほっこりするでしょ。

散紅葉もいいね_d0043390_23571724.jpg


ノンビリお散歩しました。

ピーク時の喧騒を思うと足が向かない京都です。

永観堂の紅葉はすっかり終わっていたけれど、散紅葉もいいね♥



タグ:
by tumugihime | 2019-12-07 23:50 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(5)

絹ごし緑茶てぃらみす(一乗寺中谷)

京都一乗寺中谷の「絹ごし緑茶てぃらみす」です。

絹ごし緑茶てぃらみす(一乗寺中谷)_d0043390_21530517.jpg
絹ごし緑茶てぃらみす(一乗寺中谷)_d0043390_21514258.jpg

上生菓子の折箱に枯山水のお庭をイメージして流し込んだこの“てぃらみす”には白あん・豆乳の他にも上質な生クリーム・フロマージュブラン、そして味の決め手になる“柳桜園さんのお抹茶”をたっぷりと配合しています。(HPより)


和菓子?洋菓子?

絹ごし緑茶てぃらみす(一乗寺中谷)_d0043390_21474654.png


お取り寄せは、現在9か月待ちらしい(@_@)

切り分けに四苦八苦。

絹ごし緑茶てぃらみす(一乗寺中谷)_d0043390_21495065.jpg


トッピングされているのは丹波産の小豆、黒豆、うぐいす豆です。

そっと一口♥

絹ごし緑茶てぃらみす・・・なるほどね~絹ごしです。

ふわふわとろとろで滑らかすぎる♪

美味しいね~上品なお味。

4,5人前なのにおよめちゃんと、ほぼ食べきってしまった(*^-^*)

絹ごし緑茶てぃらみす(一乗寺中谷)_d0043390_21572004.jpg


箱から直でバクバクいけそう^^

およめちゃんセレクトのお取り寄せ、今回も最高でした。

ごちそうさま♪

*****

夕方から避難準備勧告が出てるけれど、雨は降ってないみたい。
風も吹かないし、これからなのかな?
大きな被害が出ませんように。



by tumugihime | 2019-08-14 22:37 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback(1) | Comments(0)

谷崎潤一郎文学の着物を見る

アサヒビール大山崎山荘美術館で開催されているアンティーク着物展。

谷崎潤一郎文学の着物を見る_d0043390_19261390.jpg


「細雪」や「痴人の愛」「春琴抄」などの作品に表されたヒロインたちの着物の数々がずらりと展示されています。

それは感動ですよ。

「雪子」の撫子の着物と萩柄帯が一番好き。

大胆なスイートピーの着物や淡い色で表現されたタンポポなどの春の花の着物も印象深くて。

上質なアンティーク着物の良さを改めて実感しました。

谷崎潤一郎文学の着物を見る_d0043390_19292093.jpg


驚いたことに、右の写真と同じ着物が展示されているのですよ。

写真右から谷崎夫人(松子)とお嬢さん(恵美子)。
夫人の妹たちの(信子)と(重子)

写真と見比べると、確かに同じ羽織や着物でした。

右下、紫の振袖は「春琴抄」↓

細かい柄の更紗帯だったのはびっくり。

振袖ならもう少し派手帯をイメージしますよね。

谷崎潤一郎文学の着物を見る_d0043390_19380405.jpg


「佳き人の よき衣つけて寄りつどふ 都の嵯峨の花盛りかな」

細雪の見どころの一つは華やかな着物姿ですね。

魅力あふれるヒロインたちをアンティーク着物で再現した着物展。

着物好きにとっては夢のような世界でした。

いいものは色褪せないのですねぇ~

感動の連続でした。

会場は着物姿が多くて、眼福♪

お若い方のアンティーク着物も楽しいものでした。

こんな方も(@_@

谷崎潤一郎文学の着物を見る_d0043390_13490017.jpg


驚きました!

衿もとは確かに着物なんだけど、羽織の裾から見えるのはスカート???
不思議な着物姿でしたが、着物を楽しんでいるのですね(^o^)/

大山崎山荘美術館でアンティーク着物展と紅葉。

これは最強だわ。

錦秋の秋を満喫しました。


<歩数計>

20043歩でした。
意外とたくさん歩いてるよ。


by tumugihime | 2018-11-29 20:14 | 着物 | Trackback | Comments(0)

嵐山は異常な人出でした

久しぶりの竹林の小径。

嵐山は異常な人出でした_d0043390_20023763.jpg

嵯峨野笹の葉さやさやと~♪
そんな歌を歌う雰囲気はまるで無し。

いや~竹林までの嵐山は凄い人でしたわ。

人力車の彼、頑張ってくれました!(^^)!

重量制限は250キロですって。

人力車だけが通れる竹林の真ん中の小径に入ります。

嵐山は異常な人出でした_d0043390_20053323.jpg



左側はラッシュ並みの大渋滞。それ以上だったかも。

撮影スポットで記念写真。

嵐山は異常な人出でした_d0043390_20195501.jpg

ゆっくり竹林を楽しむことができました。

人力車専用の竹林を出るとこんな状態です。

嵐山は異常な人出でした_d0043390_20123464.jpg


動けないのでは?

いえいえ~

警備スタッフも多くて、人力車は安全面で優遇されています。

大渋滞を抜けて、イケメン君のお話しを聞きながらの人力車体験。
すれ違う人力車や警備スタッフたちの対応も素晴らしくて。

15分くらいだったかな(4000円也~)

竹林ラッシュを避けて人力車、これはお値打ちですよ。


3連休の嵐山は尋常じゃなかったようです。
3分で渡れる渡月橋だけど、30分以上もかかったそうですからね。
道路に人があふれ、大変だったようですが。。。

昨日の嵐山は思っていたほどじゃなかったけれど、それでも凄い人でした。
いつからこんなことになったのかな~?
静かな京都はもう取り戻せないのかな?


嵐山は異常な人出でした_d0043390_20355007.jpg


常寂光寺は入り口でUターン。凄い人でしたからね。
ここの紅葉、大好きなんだけどな。

嵐山は異常な人出でした_d0043390_20405620.jpg


出口の紅葉を見て落柿舎へ向かいました。
かなり心残りでしたが時間がなくて。


嵐山はどこを歩いても絵になりますねぇ~
さすが京都です。

着物でのんびり歩けたのは遠い昔の話。
今はコスプレ着物全盛ですわ^^;


by tumugihime | 2018-11-28 21:07 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(0)

アサヒビール大山崎山荘美術館の紅葉

素晴らしい紅葉でした。

アサヒビール大山崎山荘美術館の紅葉_d0043390_13271632.jpg


JR山崎駅から美術館へ紅葉を愛でながら歩きました。
(無料送迎バスが出ていますが、歩きがおすすめ)

アサヒビール大山崎山荘美術館の紅葉_d0043390_15110838.jpg


10分くらいの坂道を上ると、アサヒビール大山崎山荘美術館着!


アサヒビール大山崎山荘美術館の紅葉_d0043390_13320143.jpg


建物と紅葉の美しさに言葉がありません。

古い別荘を復元しただけじゃなく、安藤忠雄氏設計の地中館にモネが展示されていたり。
一言では言い表せないわ(><)

是非行って見てほしい。



疲れたらカフェでお茶できます。

テラス席が空いてたらラッキー!

アサヒビール大山崎山荘美術館の紅葉_d0043390_14445240.jpg

リーガロイヤルホテルのビターなロールケーキと珈琲。
期待していなかったけど美味しかった(失礼)


テラスからの絶景!

館内は撮影禁止だけど、ここならOKです。

アサヒビール大山崎山荘美術館の紅葉_d0043390_13554988.jpg

京都、奈良の山々の雄大な景色を眺めることができます。
(あれが天王山か~なんて話しました)

庭も美しくて・・・どこを見ても絵になる光景です。


アサヒビール大山崎山荘美術館の紅葉_d0043390_13331702.jpg


下からテラスを撮ってみました。

庭園に戻ります(5500坪)

ツワブキが咲き、彩り豊かな庭園です。

アサヒビール大山崎山荘美術館の紅葉_d0043390_14001591.jpg


今は紅葉だけど桜・若葉・椿など、四季を通じて楽しめますよ。

雪の庭園も見てみたい。

紅葉は今が見頃、赤黄緑のグラデーションが凄いです。

アサヒビール大山崎山荘美術館の紅葉_d0043390_15185372.jpg


実際は数倍美しいのですが、上手く伝わらないのがクヤシイ
紅葉は後1週間は十分楽しめそうですよ。
まだ緑がたくさん残ってましたから。

ここだけで大満足だったんだけど・・・
嵐山へと向かったのでした(欲張りやな~)


by tumugihime | 2018-11-28 14:57 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(0)

美味しかったね(大人の修学旅行)

大人の修学旅行後半は、美味しいお話しです。

スイーツタイムは、京はやしや三条店にて。
昔、「主人と来たことあるよ」とカトレアさん。
お茶の専門店があるってことに驚いたのだとか。
ここは抹茶パフェ発祥のお店だったかな。

おいしそうなメニューばかりなので選べない(><)
抹茶パフェ・抹茶ぜんざい・抹茶わらびもち・・・かき氷も美味しそうでしたね。

sorutanさんは迷わずコレ!

新緑パフェ(期間限定)  <画像はHPより>
美味しかったね(大人の修学旅行)_d0043390_21215231.jpg

6人は迷いに迷って”はやしや特製あんみつ”
美味しかったね(大人の修学旅行)_d0043390_21102561.jpg
ひゃあ~~”はやしやあんみつ”こんなに大きくなかったんだけどな~と私。

”特製”って付いてるよとグリーンさん。

無理?

いえいえみなさん完食でしたわ( *´艸`)



さてエネルギー補給後は・・・お買物ツアーの始まり~

詳細はまたの機会に。



晩ごはんは”京ちゃばな”梅田阪急店でトマトお好み焼き!
美味しかったね(大人の修学旅行)_d0043390_22020853.jpg
とろ~りモッツアレラチーズとトマトが合うね、青じそがいい仕事してる♥
皆さん絶賛してくれました。よかった~

最初、一度食べてみたかった黒焼きそばをお味見。
美味しかったね(大人の修学旅行)_d0043390_21133755.jpg
ジュージューおいしい美味しい♥

黒焼きそばは、なんと日本蕎麦なのでした。
アボカドがゴロゴロ、じゃがいも・蓮根・トマト・青菜・しめじ
トマトお好み焼きもそうだけど、この味はちょっと家では出せないな。

ごちそうさま♪

京ちゃばなのトマトお好み焼き、一度食べる価値ありですよ。

*******

早朝バスに乗り、日付が変わる前には全員無事帰宅。
よく遊びましたねぇ~
お疲れさま!


行き届かない事も沢山あったけど、気長にお付き合いしていただきました。
いつもノンビリゆっくりでなきゃ行動できない私です。

素敵な一日をありがとう!



by tumugihime | 2018-05-30 23:23 | 旅・おでかけ | Trackback | Comments(6)

京都へ(大人の修学旅行)

具体的な発案から10日で京都へGO!

仕事が早いねぇ~

大人の日帰り修学旅行は7名参加。
珍道中の始まりはじまり~

徳島7時発~京都烏丸御池”伊右衛門サロン”着10時半

京都へ(大人の修学旅行)_d0043390_20365761.jpg


しかーし

人気の朝ご飯は売り切れ(せっかく予約して出かけたのに・・・)
こんな朝ごはん食べたかったな

京都へ(大人の修学旅行)_d0043390_22322067.jpg


気を取り直して・・・
たまごかけごはんの朝ごはんでしっかり腹ごしらえ。
お腹いっぱいになったら、しゅっぱーーつ!


長襦袢と町家美術館”紫織庵”到着(徒歩3分のはずがグルグル遠回り)ゴメンナサイ
逆回りが苦手なの。いつも四条通から北上していたからね(><)

入口で、美しい着物姿の撮影中でした。撮影が終わるのを待って入館。

京都へ(大人の修学旅行)_d0043390_20490851.jpg


各部屋で雑誌の撮影をしていました。雑誌の名前を聞き忘れ~
紫織庵は様々なメディアで紹介されていますね。

私は三度目の訪問でした。姉と着物で出かけて以来、10年ぶりくらい。
2階で展示されていた田中翼さんのアンティーク着物たちが素晴らしいかったな。
あの時は、単衣藍染の着物に”れえすの花”さんの薔薇帯でした。
何を纏ったのか鮮明に覚えています(着物って不思議ですね)

見るだけと思っていたけれど、麻絽の長襦袢お買い上げのお方も。
最近の麻は、糸が細くて軽いのですね。しかも絽目なのです。
私もお買い物リストに入れておきます。

紫織庵を後にして・・・伊藤組紐店へ向かいました。

リサイクル着物ichi・man・ben、呉服店、ヘレンカミンスキーのお店などに寄り道・・・
なぜか小紋と名古屋帯をお買い上げ~どなた?^^

伊藤組紐店で全員爆買い。可愛いお値段ですからね(笑)

京都日帰り珍道中、後半へ続く。

♥♥♥

もう一度ゆっくり行ってみたい伊右衛門サロン(水出し緑茶おいしいです)





タグ:
by tumugihime | 2018-05-29 22:27 | 旅・おでかけ | Trackback | Comments(6)