タグ:ミナペルホネン ( 3 ) タグの人気記事

小旅行はスカートが楽~!

京都日帰り旅は早朝から深夜まで。
楽~なコーデで出かけました。

四条大橋で全員集合~!

d0043390_09372715.jpg


右端の素敵な着物姿の方のお友達に撮っていただきました。
スマホ撮影お願いしようと思っても、外国人だらけなのです(^^;)

7人7様でしょ。

着物姿と違って、それぞれ個性があり新鮮でした♥

私、藍(右から二人目)とカトレアさん(左から二人目)はスカート。
シワ加工のスカートは、ちょっとしたバス旅行に便利です。
足元はほぼ全員がスニーカー。足元パチリ撮ればよかった^^
私とトラジャさんはモネの楽ちん靴にリュックスタイル。カトレアさんもリュックでしたね。
小さなリュックは街歩きに便利です。両手が使えますからね。


ミナペルホネンで、大きな買い物やかわいい買い物をしたみなさんですが・・・

私は小さなお買い物♪

d0043390_09543658.jpg


ブローチだよ。帯留めにもよさそう(^^♪

京都では、チャンルーのネックレスでした。

d0043390_14345739.jpg


洋服はセンソユニコのセットアップに夏用冷感レギンス7分丈。
襟やポケット、変形スカートの個性的なデザインはセンソユニコならでは。
暑くなれば上着を小さく丸めて、リュックに入れても軽くてシワになりません。

楽ちんコーデで、楽~な日帰りの旅を楽しみました。

*******

歩数計は15000歩(^^)/

最近、7000歩以上を、毎日軽くクリアしてます。
ショッピングセンターを歩いたり、ご近所さんと夕方のウォーキング継続中。
体重が最高値更新中ですから、少し慌ててる私。
何故か血圧は130以下でいい感じです。
ウォーキングは好きじゃないけど健康のために頑張ろう!

♥♥♥

昨年の初ミナペルホネンの記事はこちらです↓



by tumugihime | 2018-06-04 22:29 | 旅・おでかけ | Trackback | Comments(2)

ミナペルホネンのバッグ

10月に京都から連れ帰った、ミナペルホネンのバケツバッグ。

d0043390_19500739.jpg



ミナペルホネンの生地を使った世界に一つだけのバッグ。


d0043390_19495964.jpg



グルグル回して一つ一つのパーツを眺めるだけで、うれしくなります。

d0043390_17194012.jpg



まんまるバケツ型で使いやすい。

d0043390_17210759.jpg


minä perhonen の牛革持ち手。
内側もしっかりしています。

バケツ型なので中が丸見えかな?と思ったけれど意外と大丈夫。

ほつれたり不具合がでたら修理していただけます。

"日常使いの中で、時間の経過と共に愛着が増す"

”何年も大切に使ってほしい”

それがデザイナー皆川明さんのポリシー。

小さいけれど布それぞれにチカラがあります。
およめちゃんに狙われてるけど、誰にも渡さないよ(笑)



昨日の朝、少し頭痛がするので血圧を測ってみました。
190と90でした(@_@。
こんなの初めてでした。
高血圧のお友達に電話してみると・・・
「寒い部屋に入ったのでは?」(朝イチ、寒いリビングに入りました)
「あたたかくして横になっていたら大丈夫」と言って少しも慌てません。
言われた通りにして午前中を過ごしました。
午後には130と80に下がっていました。やれやれ~

今朝はタイマーをかけて寝たので、あたたかいリビングでした。
血圧は120と80(^_^)v
やっぱり急激な気温の変化は血圧に良くないのかな?
高齢者なんだから気を付けなきゃ。
倒れたら家族に迷惑かけるしね。
健康管理が一番大切と思うこの頃です。


by tumugihime | 2017-12-19 22:48 | 日常 | Trackback | Comments(2)

憧れのミナペルホネン京都店へ行った


minä perhonen(ミナペルホネン)京都店です。
うわさ通りの素敵な建物でした。

d0043390_19572455.jpg

「寿ビルディング」は1927年の建築で石造りのレトロな建物です。

さてドキドキのminä perhonen(ミナペルホネン)店内へ。

d0043390_21062661.jpg


四つ葉のクローバーのドアを開けて一歩足を踏み入れると・・・

d0043390_20040071.jpg


わぁ~~ 皆川明ワールドが!!

たぶんパリコレにも参加しているのだったかな?

日本伝統の織物、刺繍やプリントの技術を活かしたテキスタイル(布)と、物語性のあるデザインとの調和が、独特の世界を築いている。肌に優しい素材、リラックス感のあるシルエット、クラフト感のある刺繍やオリジナルのレース、テキスタイルが特徴で、特にオリジナルの図案によるテキスタイルが人気を得ている。これらの生地は当初より自ら生地産地に赴き、独自に作られたものであり、色や絵柄、素材の違いを含めた展開は600種を超える。国内外の生地産地と連携し、素材や技術の開発にも注力する。(ウィキペディアより)

1F・3F・4Fが店舗になっています。
グルグル階段を上がっていくと、何階なのかわからなくなってしまった。
アーカイブの部屋では見たことある洋服やバッグが。

d0043390_22230048.jpg


試着室のカーテンも素敵!さすがだわ。

子供服の蝶柄ワンピースが可愛いかったな~
よだれかけやファーストシューズも♥♥♥

こちらは椅子、クッション、食器などの雑貨がずらりと並んでいます。

d0043390_21041490.jpg
d0043390_21045339.jpg

残り布を利用したバッジやパッチワークバッグなどが並び、それぞれ存在感あり。
残った小さな布も大切に使い、新しい形のものになっているのです。
これがミナペルホネンなんだな。

ミナは私、ペルホネンとは蝶を意味するフィンランドの言葉。
フィンランドのライフスタイルやカルチャーに共鳴して付けられたそうです。

流行にとらわれない、色褪せないモノ作りを目指しているのですね。
何年でも使うことができる洋服や雑貨たち。
古くなったら修理していただけるそうですよ。


by tumugihime | 2017-10-19 22:17 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(0)