2014年 05月 12日 ( 1 )

初めてまして!キンラン

キンラン?初めて聞きました。
カタクリの小道で出会った男性に、キンランの咲いている秘密の場所を教えていただきました^^

絶滅危惧種に指定されている珍しいものだと聞き、早速行ってみることにしました。
たった一本だけ咲いているのだとか。

どこどこ?
あった~!雑草と一緒に揺れていました。
小さな小さなランの花、可愛いい!
d0043390_11372850.jpg

茎の長さは30~40センチくらいかな~
d0043390_11375537.jpg

強風に耐えていました。
d0043390_11381338.jpg

風が収まるのをみてパシャリ。

近くでだんなさまが発見。
d0043390_1139283.jpg

小指ほどのキンランは雑草の中でひときわ目立っていて可愛い。

どうか盗掘されませんように!
持ち帰っても絶対に育てることができません。

キンランは「菌根菌」と呼ばれる菌類と共生する特殊な生育形態にあり、特に菌に対する依存度が強く、この「外生菌根菌」は林下等の特殊な土壌にのみ生息し、この花を採取して移植しても家庭で育てる事は不可能です。(HPより)

もし見つけても絶対に持ち帰らないことを祈ります。
自然の中で見るからこそ、愛おしくて感動が大きいのですよね。
一人ひとりが、この故郷の大切な宝物を守っていきましょう。

***

イワザクラも初めて見ました。
d0043390_11392321.jpg

これは日本桜草のようでした。どう違うのかな?

キンランを教えてもらった男性が、なにやら落ち葉をかき分けていました。
フタバアオイの花が出てきました。
シクラメンのような葉っぱは沢山見て歩いていたんだけど、まさかこんな花が隠れていようとは!
d0043390_11394563.jpg

綺麗な花とはいい難いけれど、私達では絶対に見つけることができなかったな。
d0043390_12183153.jpg

この男性は一人で山歩きを楽しんでいるようでした。
口笛吹ながら楽しそうに上ってこられ・・・私たちの姿を見て気まずそうにしていらっしゃいましたが、「こんにちは~」のあいさつですっかり打ち解けた私達でした。

佐那河内ではこんな風景にも出会えます。
d0043390_12155150.jpg

山の水が勢いよく流れ込みきれいな池を作っています。

ここで男の子2人連れの素敵なファミリーと出会いました。
橋の上に座って、仲良くおやつを食べている姿が微笑ましかった^^
d0043390_12162950.jpg

最近、自然の中で遊ぶ子供が少なく感じていたのでうれしかったです。
年子のような仲のいい男の子たちに、昔の我が家の子供たちが重なってしまいました。
キャンプをしたのは小学生まで。夏の楽しい思い出です。
じいじは孫とキャンプにあこがれているようだけど・・・夢は叶うのかな。
d0043390_12174859.jpg

by tumugihime | 2014-05-12 12:28 | 徳島散歩(山・滝・海) | Trackback | Comments(13)