着物箪笥の整理中

新品しつけ付き着物を沢山いただきました。
どれも高級品です。

紬や江戸小紋角通しなどの渋めの訪問着ばかり(@_@)

一度も袖を通さないでいたなんてねぇ~

リサイクル業者に二束三文で引き取られるより着てほしいからってことでした。

それで、アリガタクいただくことにしました。(断捨離中なのにどうするの?)





いただいた”大江山鬼紬”の訪問着です。

d0043390_20381329.jpg


染大島かな?と思ったけれど”大江山鬼紬”の証紙がありました。

鬼紬は京都大江山の辺りで織られており、酒天童子の伝説から鬼紬という名前がつきました。
しなやかでシワになりにくくて紬の味わいと絹の光沢を持っています。

十月大歌舞伎で観た「大江山酒呑童子」を思い出すなぁ~

でもこちらは可愛いふくろうちゃん^^

d0043390_20382086.jpg


袋帯もセットでついています。

いつ着てあげようかな♪
紬の訪問着を着て行く場所は少ないしね。
ちょっとしたパーティなんて無いしな~~
着物会でどんどん着るしかないか!





昨日お嫁に行った名古屋帯たち。

d0043390_20351400.jpg


普段使いの名古屋帯たち。右端は新品です。
使ってもらえてよかった~
派手になってしまった帯や着物の事を考えるこの頃です。


by tumugihime | 2018-10-16 21:29 | 着物 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://chamie.exblog.jp/tb/27168313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by あおい at 2018-11-15 22:01 x
ふくろうの訪問着の藍さんの着こなしをたのしみにしてま〜す。

頂いた名古屋帯は大切に着させて頂きますね。(^・^)
ありがとうございますm(__)m
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 理容店でレディースシェービング体験 オキスズリースを作ってみた >>