タグ:山形 ( 7 ) タグの人気記事

夏野菜収穫

毎日収穫しているキュウリとトマトです。
ゴーヤも少しづつ採れはじめました。
d0043390_19491177.jpg

キュウリは食べきれないのでお友達におすそ分け。
採れたて無農薬野菜、最高です!

キュウリはタコの酢の物・ポテサラ・ささみのタタキきゅうり・モロキュウなど。
本日は春雨とハムの中華サラダでした。ありきたりなお料理ですね。

先日、山形の郷土料理”だし”を作ってみました。
d0043390_21503158.jpg

なっとう昆布と水少々とマルジュウ醤油を混ぜて、細かく刻んだキュウリ・ミョウガ・ナスを投入。
全部一緒に和えるだけ。。納豆のような粘り気のある夏野菜料理の出来上がり!
ご飯にかけたり、冷奴にのせたり・・・これいけますよ。オクラや青じそを入れてもgood。
味マルジュウ醤油がミソらしいので買って帰りました。

お店で食べた”だし”と変わらないくらい美味しいです。
夏野菜たっぷりの”だし”、夏バテ防止にいいかも。

なっとう昆布は最近急に人気が出たらしく、2袋だけgetできました。
売り切れ状態が続いているらしいですよ。

あっそうだぬか漬けも大好きだけど、今年は無理。留守が多いしね。
二男のおよめちゃんのお母さまからいただいたきゅうりの佃煮も美味しかったな。

山形の郷土料理のお店では、キュウリにお味噌をつけて食べました。
もろみと違って少し辛めのお味噌でした。

考えてみたら、けっこういろんな食べ方がありますね。
採れたて夏野菜、メニューを工夫して、美味しく元気に過ごしたいな。

***
ゴーヤの緑のカーテンは順調です。
d0043390_21844100.jpg

和室から見た小さな家庭菜園ではトマトもどんどん色づき始めています。

無花果、ブルーベリー、葡萄などの水やりどうしよう。
30鉢のクリスマスローズもねぇ~
ご近所さんにお願いするしかないな。
気軽に水やりのお願いができるご近所づきあいはありがたいです。
by tumugihime | 2017-06-15 22:45 | ガーデニング(野菜・花) | Trackback | Comments(0)

山形の旅⑥腰掛庵(こしかけあん)の本わらびもち

今日も美味しい話ですよ。
山形最終日に行ったのは天童市、わらびもちの名店、腰掛庵です。

有名な山寺の麓の静かな住宅街にたたずむ腰掛庵(こしかけあん)。
朝9時過ぎの駐車場にはガードマンが出ていました。

d0043390_2338667.jpg


靴を脱いでお店に入ります。
d0043390_23434474.jpg


美味しそう~♥
和室でいただくことができるんだけど、午前中は休みなのですって(><)

ならば・・・お土産に買ってくれるというので、選んでいたら・・・
全部本日中にって言われてしまった。
d0043390_23452461.jpg

これを二人で?
無理無理!

結局、わらびもちだけ買ってもらいました。

さてお味は?

たっぷりきなこで、プルプルなめらか上品な味です。きなこの香りが素晴らしい!
徳島にもおいしい和菓子屋さんがあるんだけど、腰掛庵のわらびもちにはかなわないな。

***

本当は山寺へ行きたかったんだけど、足の小指のケガが痛くて断念。

山寺は、正しくは宝珠山立石寺といい、貞観2年(860)清和天皇の勅願のよって慈覚大師が開いた、天台宗のお山。正面の大きな建物は、国指定重要文化財の根本中堂である。延文元年(1356)初代山形城主・斯波兼頼が再建した、入母屋造・5間4面の建物で、ブナ材の建築物では日本最古といわれ、天台宗仏教道場の形式がよく保存されている。堂内には、慈覚大師作と伝える木造薬師如来坐像が安置され、伝教大師が比叡山に灯した灯を立石寺に分けたものを、織田信長の焼打で延暦寺を再建したときには逆に立石寺から分けたという、不滅の法灯を拝することができる。

閑さや岩にしみ入る蝉の声・・・元禄2年(1689)、おくのほそ道をたどり、今の7月13日に山寺を訪れた松尾芭蕉の句で、門人たちが嘉永6年(1853)にたてた句碑である。奥に見える宝塔は、山寺を勅願寺とした清和天皇の供養塔で、当山では最も古い石塔である(HPより)

次回は体調整えて、絶対上るよ!
あれから3週間、まだ足を引きずってる私なのです。
by tumugihime | 2017-06-14 08:15 | 旅・おでかけ | Trackback | Comments(0)

山形の旅⑤最上川千本だんご

山形から帰ったら、体重が1キロも増えてました。
連日美味しいもの巡りだったからな。


最上川千本だんごです。(画像はHPより)
d0043390_22161159.jpg

お団子の上にべったり、あんが大盛りなのです。
こんなに沢山の種類のお団子は初めて見ました。

これが美味しくないわけないでしょ。

種類が多すぎて迷いに迷って、だだちゃずんだ・しょうゆ・ごま・あんこをオーダー。
一番人気のクルミは売り切れ~(残念)

整理券をもらったら列に並びオーダーします。手際良いので意外と早いです。
d0043390_22244779.jpg

出来立てお団子は・・・どれも美味し過ぎて感激!
素材本来の純粋な味です。
京都の茶だんごとか色々食べたけれど、こんなお団子は初めて!
美味しかったよ。ごちそうさま。


建物もいい雰囲気です。
d0043390_2363090.jpg


途切れることのない車が、このお店の人気を物語っています。
d0043390_2382246.jpg

また行きたいな、最上川千本だんご。
ゼッタイ行くよ~
by tumugihime | 2017-06-13 23:28 | 旅・おでかけ | Trackback | Comments(0)

山形の旅④ そば処・鶴子

尾花沢そば街道の九番所「そば処 鶴子」のもりそばです。
d0043390_20483725.jpg

辛味大根汁に濃い目のそばつゆを注いでいただきます。

最初に何もつけずそのままひと口。
そばのいい香りと、しっかり歯ごたえがドンピシャわたし好み。

美味しいーー!

ちょっと食べたことない味です。
濃い目の出汁と大根の辛みが絶妙です。美味しいわ~
噂に聞いていたけれど驚愕でした。

小をオーダーしたんだけど食べきれません。大盛りなのです。
d0043390_2152026.jpg

お隣の席の70代ご夫婦は特盛とニシンをぺろりと完食されていました(◎◎)




席についたら、まず出て来る、わらびの漬物とキクラゲ。
d0043390_20552873.jpg

山形のおそばやさんでは、必ずお漬物が出て来るそうですよ。
キクラゲは酢醤油と辛子でいただきました。
肉厚キクラゲ美味しいオイシイ。もちろんわらびもね。

茅葺き屋根のそば処・鶴子。
d0043390_21251715.jpg

趣ある建物でしょ。

おそばのはしごしたかったんだけど、ここだけで満腹。
その前に玉こんにゃくや、あれこれ食べたからね。
フルーツ王国山形と言われているけれど、食王国ですよ。
おいしいレポはつづきます。
by tumugihime | 2017-06-11 21:54 | 旅・おでかけ | Trackback | Comments(0)

山形の旅③ 銀山温泉

蔵王温泉へ行く前に立ち寄った「銀山温泉」。
聞いたことないなぁ~

川沿いに形成されている趣ある温泉街は、城崎温泉の雰囲気に似てるね。
大正時代にタイムスリップしたみたい。ちょっと興奮気味な私でした。
d0043390_20215796.jpg

ひときわ目を引く古山閣です。
d0043390_20284942.jpg

大正4年に建設された木造4階建の宿です。
2階の壁面を彩る「鏝絵」(こてえ)と呼ばれる絵は一年の季節の風景が描かれています。

国の重要文化財、能登屋旅館は木造三階建ての建物。
木戸佐左エ門の大看板は創業者の名前ですって。
d0043390_20345423.jpg

本物のガス灯があり、ノスタルジックな町並みです。
d0043390_20573394.jpg

城崎温泉と違い遊技場やお店が少ないので、さらにいい雰囲気を醸し出しています。
私は情緒あふれる銀山温泉が好きだな。
ガス灯がともる夜の銀山温泉散策もいいね。
次はここでゆっくり宿泊してみようかな。

温泉街を抜けると滝が!
白銀(しろがね)の滝です(直瀑22m)
d0043390_2153433.jpg

水量多いよ(^^♪
展望台で滝をバックに記念撮影しました。
まさかこんなに近くで滝に出合うとは!

その他、銀鉱山の抗洞あり、足湯あり共同浴場あり美味しいものあり。
おしんのモデルになった場所でもあるそうです。
銀山温泉は不思議な山の中の温泉でした。
by tumugihime | 2017-06-07 23:59 | 旅・おでかけ | Trackback | Comments(0)

山形の旅② 蔵王温泉大露天風呂

こんな温泉見たことない\(◎o◎)/!
露天風呂横の渓流が温泉なのです。
d0043390_20203298.jpg

ほんまかいな~!         (撮影禁止なので画像はHPより)

半信半疑で川へ下りてみました。
露天風呂から石段を2,3段下りると川が流れています。
熱いよ! 温泉だよ!!

自然の石を敷き詰めた露天風呂に、ざぶざぶと流れ込んできます。
まさに源泉かけ流しです。
広い露天風呂に5人くらいだったかな。
なんて贅沢なんでしょう。

熱い温泉は苦手なんだけど、気温9度の蔵王でしたから、ちょうどいい湯加減でした。
硫黄の臭いがかなりキツイです。でもいいお湯です。お肌すべすべです。

我に返って気が付くと・・・

新緑の大自然の中なのですよね。
囲いもゆるいし(´艸`*)

今更だけど・・・外から見えないの?
サルとか熊とか出てこないのかしら?
私はババさんだからいいんだけどね。



こちらの入り口から撮影禁止。割と長い階段を下りて行きます。
因みに、徳島の祖谷温泉露天風呂はケーブルカーで谷へ下りますよ。(料金は蔵王の3倍です)
d0043390_20563127.jpg

撮りたくなる景色だけどルール違反はダメですね。しっかりと目に焼き付けて帰ろ。
渓流の変色した石の色は、緑のような白っぽかったような・・・もう忘れてるわ(><)

気温9度でダウン着ていた私。
風邪ひくから露天風呂なんてとんでもないよ!って言ってたけれど。
二男に”絶対入るべき” ”びっくりするから” と強く勧められました。

露天風呂から出てきた女子に「寒くない?どんな温泉?」とリサーチした結果。
「絶対ゼッタイ入ってください。寒くないです。すごいです」と返ってきました。
せっかく連れてきてもらったんだから。。。と渋々入ることにしたのでした。

結果は、来てよかったねぇ~と大感激。
11月初旬~4月下旬まで閉鎖しているそうですよ。
雪が深いのですね。

渓流をザブザブ温泉が流れているなんてねぇ~
厳しい冬を耐える雪国の人たちへ、神様からの贈り物ですね。きっとそうだわ。

***
蔵王温泉は強酸性の硫黄泉です。 硫黄泉には、体内のムコ多糖タンパクを活性化させる働きがあり、体内水分量を増加させ、肌と血管を若返らせるとされています。
また、血行促進効果に加え、硫黄泉には表皮の殺菌作用や皮膚を強くする作用があり、「美肌」も促進!湯の成分が肌の脂分を洗い流すことから「石鹸いらずの湯」とも呼ばれます。
お肌・血管の若返りと殺菌・美肌効果は、まさに「美人づくりの湯」(HPより)
by tumugihime | 2017-06-06 23:32 | 旅・おでかけ | Trackback | Comments(0)

山形の旅①(さくらんぼ狩り)

パラダイスでした~!
d0043390_1031851.jpg

つやつやピカピカさくらんぼ。
佐藤錦・紅秀峰・紅さやか・高砂・ナポレオンなどを食べ比べ♪

あま~い! ジューシー!

なにこれ(@_@)
これまで食べていたさくらんぼは何だったの?

果肉が柔らかいものや、カリッと歯ごたえあるもの。
微妙に味が違います。
 
ぷちっと枝から外し、そのままポイっと口に運ぶさくらんぼ。
しあわせだ~

夢にまで見たさくらんぼ狩り(*^-^*)
d0043390_10342185.jpg

ちょっとオーバーかな(^^;)
d0043390_10465568.jpg

でもね、鈴なりのさくらんぼなんて、想像できない夢の世界だったんですもの。
あっという間の30分でした。
幸せMax大満足♥

人気NO1らしい「さくらんぼ会館JA」前の特設テントで受付しました。(当日予約OKです)
断然甘いと聞き、温室にして大正解でした。

だって、徳島から飛行機と山形新幹線を乗り継ぎやってきたのですもの。
ここでケチってどうするの^^
d0043390_10431372.jpg

隣接する「道の駅さがえチェリーランド」でトイレ休憩やお買い物できます。
d0043390_1141575.jpg


さくらんぼ園から雪山が見えました(^O^)/
d0043390_11233172.jpg

山形は360度山に囲まれています。
山形駅から、車でどこまで走っても、山また山なのです。
しみじみ美しい緑の景色でした。

***
山形のさくらんぼ狩りは6月中旬頃からが最盛期だそうです。
青空の下で露地ものさくらんぼ狩りが楽しめますよ。
by tumugihime | 2017-06-05 11:25 | 旅・おでかけ | Trackback | Comments(0)