タグ:奈良 ( 4 ) タグの人気記事

第68回・正倉院展

今年も行ってまいりました、正倉院展!
奈良県庁駐車場に車を止めて、5,6分歩きます。
駐車料金が2時間無料なのです。
駐車場を探していたら、親切なガードマンさんに教えていただきました。
d0043390_21152280.jpg

31日(月)9時頃の正倉院展は待ち時間なし^^v
ロビーも階段もスイスイ。

***
今年の正倉院展には、北倉(ほくそう)10件、中倉(ちゅうそう)29件、南倉(なんそう)22件、聖語蔵(しょうごぞう)3件の、合わせて64件の宝物が出陳されてます。そのうち初出陳は9件です。HPより
***

いつも人が多すぎて、近づくことができない中央のガラスケース前も、細部までしっかり観ることができました。

ペルシャ風の優美な水差し「漆胡瓶(しっこへい)」や柳小物入れ、鏡、ガラス飾りの鈴・・・

聖武天皇一周忌斎会(さいえ)で懸吊された大幡(だいばん)残欠はパッチワークのように見えました。きれいに残っているものです。
装飾性豊かな器物類など・・・驚きの連続でした。

ゆっくりじっくりと見る事ができ大満足!
来てよかったね~と何度も繰り返した姉妹でした。

帰りの入場口やチケット売り場は・・・並んでましたわ~

<並びたくない方は>

☆開館前に行く(私は9時頃に行きましたが、土日はもう少し早く行く方がいいかも)

☆閉館1時間半前から入ることができるレイトチケットが使える少し前に入る。

夕方、団体客が帰った頃、レイトチケット待ちの行列を横目に入る。
チケットは普通料金だけど、ゆっくり鑑賞できますよ。

紅葉はまだまだでした。
d0043390_2118953.jpg

第66回・正倉院展の記事はこちら




車をならまちに走らせて・・・コインパーキングに駐車。

ならまち 風の栖(かぜのすみか)へ♥

大人の洋服、”風のよそおい展”開催中です。
毎日が少しワクワクするような、そんな気持ちになれる
新しいオリジナルのお洋服が出来ました。
女性らしく柔らかいシルエットのブラウス、
ついつい動き出したくなる心地よいパンツやスカート、
着回しが楽しい薄手のコート…

素敵な洋服に出合うことができますよ。


NAOTOの靴は、すぐ近くの新店舗で見ることができます。
ピッタリの靴が見つからない靴難民の方、お助け靴がずらりと揃っていますよ。

因みに、外反母趾の姉はNAOTOの靴でヨーロッパ旅行に行きました。10年くらい前かな。
10日間、心地いい靴のおかげで、ヨーロッパを楽しむことができた姉でした。

奈良に行ったのは紫陽花の6月以来でした。
紅葉の奈良も素敵ですよね。
見どころ満載な奈良です。


***
だんなさま、ドイツとイタリア出張から無事に帰ってきました。
私の関西出張も終了!
たくさん歩きましたよ。(平均15000歩以上)
今日からいつもの暮らしが始まりました。
歩かなきゃ~!
by tumugihime | 2016-11-02 22:08 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(2)

法隆寺 大宝蔵院~東院伽藍

奈良へ行ったのは、10日も前のことだけど・・・
備忘録で残しておかなきゃ。もうすでに感動が薄れてるわ^^;

西院伽藍から大宝蔵院へ行きました。
途中、聖霊院(しょうりょういん)・鎌倉時代の前を通ります。
d0043390_2130079.jpg

聖徳太子の尊像を安置するための建物です。

隣の僧侶の住居、僧房を見て。
大宝蔵院へ向かいます。
手前に食堂(じきどう)・奈良時代や細殿(ほそどの)平安時代があります。
d0043390_21523166.jpg

大宝蔵院で三枚つづりの拝観券の2枚目を使います。
d0043390_21494847.jpg

平成10年に落成した、百済観音堂を中心とする大宝蔵院です。
d0043390_215839.jpg

建物内は、白鳳時代、飛鳥時代などの、我が国を代表する宝物類が多数展示されています。
法隆寺の貴重な宝物に、ため息、感嘆・・・これは見ごたえありました。

カンカン照りの境内を、歩いて東院伽藍へ。遠かった~(><)
ここで三枚目の拝観券を使います。

聖徳太子を供養するために建てられた「夢殿」です。
d0043390_22221486.jpg

神秘溢れる法隆寺でした。
法隆寺がこんなに広大だったとは!

案内図の矢印通りに歩きましたが、ゆっくり回ると丸一日かかりそうです。



西院伽藍の休憩所で一休みした私たち。
休憩所で修学旅行の男子高校生が横になっていました。
熱中症だったのかな。先生たちが心配そうに付き添っていました。
ちょっと起き上がれない様子。

当日の奈良は30度くらいあったと思います。
とにかく暑くて暑くて(><)
水分補給しながら歩きましたよ。

矢田寺の帰りに、何となく懐かしくて行ってみた法隆寺でした。
あまり感動しない?だんなさまも「スゴイ!」を連発していました^^
ますます奈良に魅せられた私です。

いつかもう一度行く機会があれば、ボランティアガイドさんと一緒に歩いてみたいと思いました。
今回はさらっと流す程度だったので、ちょっと残念でした。
気候のいい紅葉の時期がいいかな。
by tumugihime | 2016-06-28 23:07 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(0)

法隆寺

たぶん50年ぶりかな?
中学校の社会科の校外学習で行ったような気がします。
法隆寺の玄関、南大門の向こうに五重塔が見えますね。
d0043390_2104527.jpg

中門は現在修復工事中です。テントですっぽりと覆われていました。
法隆寺は日本で初めて世界文化遺産に登録されたのだそうです。
d0043390_2161790.jpg


五重塔だ~!! (西院伽藍)
d0043390_2111086.jpg
威風堂々!!
日本最古の五重塔です。圧倒されました。
重厚な雰囲気に包まれ、1400年の歴史を感じます。

廻廊では、大勢の修学旅行生が熱心に説明を聞いていました。
d0043390_21145253.jpg

修学旅行生と一緒に隣にある大講堂へ入ります。

大講堂から見た五重塔。
左に金堂(こんどう)が見えます。
d0043390_21202782.jpg

存在感ありますね、金堂(飛鳥時代)。法隆寺のご本尊を安置する聖なる殿堂です。
d0043390_21314652.jpg

廻廊から金堂に向かって左側に上り龍。
d0043390_21354287.jpg

右側に下り龍が見えました。ガイドさんの話を盗み見聞き^^
d0043390_21363074.jpg

金堂の中に入ることはできません。
外から覗くだけです。
d0043390_2212117.jpg

境内は言葉では表現できない飛鳥時代の神秘が漂っています。
d0043390_2146162.jpg


現存する世界最古の木造建築群、西院伽藍を出て大宝蔵院へ向かいました。
by tumugihime | 2016-06-20 22:13 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(2)

矢田寺のあじさい

奈良のあじさい寺”矢田寺”へ行きました。
関西あじさいランキングは、ずっと一位だったんだけど、今もそうなのかな?

「矢田のお地蔵さん」で親しまれている矢田寺(矢田山・金剛山寺)です。
d0043390_20435474.jpg


あじさい広場からGO!
d0043390_2050321.jpg

d0043390_20542198.jpg

両側からドサ~ッと迫るあじさいの小径が続きます。一万本もあるそうですよ。
d0043390_2056148.jpg

ピーク時、この小道はズラッと渋滞するようです。
d0043390_20594432.jpg

開園直後だったので、ゆっくり散策する事ができました。

谷川のような場所もあり、滑りやすいので注意!
d0043390_21105982.jpg

Monetのウォーキングシューズにヨーガンレールのダボダボ麻綿パンツで快適コーデ♪
斜面を上ったり下ったり・・・いい運動になりますよ^^
d0043390_2145021.jpg

やっぱりブルーが好き♥
d0043390_20583939.jpg

1時間以上いたかな。
特別珍しいあじさいは無いけれど、手入れが行き届いています。

あじさい園を出てお参りしました。
d0043390_21263310.jpg

矢田寺はお地蔵さま発祥の地なのですって。

押し寄せて来る大勢のツアー客などに圧倒された帰り道。(11時頃)
d0043390_21393238.jpg


60種1万株、今が見頃のきれいなあじさいを堪能しました。
猛暑の中のあじさい園散策でしたが、しおれることもなく、いい状態で観る事ができました。
これからお出掛けになる方は、午前中がお勧めです。
曇りの日なら最高だと思いますよ。

沙羅の花が咲き、沢山の蕾を付けていました。
d0043390_224269.jpg

by tumugihime | 2016-06-19 22:10 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(5)