派手な着物

今日呉服屋さんで30前くらいの年齢の女性が、かなり熱心に小物を物色していた。
私もそうなんだけど(^^;)

その女性お店の方に半襟を指して「これなんですか?」

お店の男性「半襟です」

女性「半襟ってなんですか」・・男性説明する。女性針でつけなくていいものがないか尋ねる。

その他色んなものを見ながら「もっと派手なものが欲しい」ですって。

びっくりするような派手なものばかり手に持ってるのに・・・・

あの方一体どこで着るんでしょうあの着物。
呉服屋さんもコーディネートのアドバイスしてあげればいいのに。
お客様は神様なんでしょうけど、やはりプロのアドバイスは絶対必要だと思う。
# by tumugihime | 2006-03-22 21:49 | 着物 | Trackback | Comments(0)

四天王寺の帰り道

真田幸村戦死の地
d0043390_2253122.jpg


四天王寺から我が家まで2駅くらいをいつも歩いて帰る。
寺町といってお寺ばかりの、京都と錯覚しそうな場所。しっとり風情がある。
覗き込んでるとどうぞお入りくださいと声をかけて下さるお寺も。
京都ならしっかり拝観料を取られそうなりっぱなお寺ばかりがず~っと続いている。

今日は、真田幸村戦死の地と茶臼山と書かれた案内を見つけた。
注意して歩くと、名所旧跡がありおもしろい場所だ。
# by tumugihime | 2006-03-21 22:05 | 日常 | Trackback | Comments(0)

四天王寺骨董市

chikurin(チクリン)
d0043390_2146420.jpg


サボテンと思ってかったけれど、家で説明書きを読むと・・・
チクリンとは、サボテンを進化させた強くて美しくかしこい植物のことです。
又、チクリンパワー(波動)を出す植物のことをいう。ですって!
でもこれってやっぱりサボテンだよ。

四天王寺骨董市で夫が欲しいというので、種類の違うものを2鉢購入。
殺風景な部屋の出窓に置いてみた。(^0^)
# by tumugihime | 2006-03-21 21:46 | 日常 | Trackback(1) | Comments(0)

派手袴

今日は卒業式が多かったようだ。
どこへ行っても袴姿に出会った。しかも派手派手袴(◎◎)

ずっと前は、色無地に無地袴でカッコよかったけれど・・・
ほとんどの袴姿はバクハツ頭に派手派手袴。しかも真っ赤とか派手ピンク着物に柄柄袴。
なんでこんな風になったのかな?桜柄となでしこ柄が多いのも不思議???
貸衣装屋さんの傾向なのかも・・・
しかも電車の中でお化粧を念入りに始める人も。あれ以上どこをどうするの?(><。)

なんだか非難ばかりしてるみたいだけど。おばさんの悪いところかも。(^^;)
そんな中、京阪三条で素敵な袴姿を一人だけみることができた。
その人は、濃緑の無地袴に飛び柄小紋。頭はきちんとアップ姿。おしゃれ~~~
上品で惚れ惚れ見とれてしまった。

パーティ感覚で派手派手もいいのかもしれないけれど。
やはり品良く着こなしてほしい。
# by tumugihime | 2006-03-20 23:51 | 着物 | Trackback | Comments(0)

やっと行ったよ京都へ!

天気は最高!!
平日ってこともあり道路はすいてるし、人も少なくて・・・
こんな京都は久しぶり。
まず、化野念仏寺。京都は数えきれないほど行ってるけれどここは初めて。
よくテレビで見ていたけれど思っていたより狭かった。もっともっと広いと思ってた。

竹林もほんのちょっとだけ。線香のにおいがただよい参詣者は少なくて独特の雰囲気。
私も手をあわせてお参り。しだれ桜のつぼみはかたくてまだまだでしょう。

次に、祇王寺へ。
ここは30年ぶり。悲恋の尼寺の庵から見る苔に包まれた庭は、何とも趣があった。
d0043390_1536991.jpg



落柿舎からのんびり歩いて大覚寺へ。歩いている人は本当に少ない。
ちょっと迷いながら京野菜の畑を歩く。大覚寺は3度目くらいかな。
靴を脱いでゆっくり回ったが、こんなにりっぱな建物だったんだな。

正寝殿(しょうしんでん)「御冠の間」
d0043390_1539414.jpg

桃山時代の書院造りで、各室に狩野山楽など日本を代表する画家たちの絵が飾られている。

今まで何度も訪れた京都だけれど、いつも違った顔をみせてくれる。
それは以前とちがう私だからかもしれない。

でもなんど行ってもいいな京都。本当に奥が深い。

京都御所も桜はまだまだ。もうすぐ一般公開の時期だけど、今日は閑散としてた。
桜が咲けば京都は恐ろしい数の観光客であふれるんでしょうね。

でもその時期が一番いいのよね~
桜が咲く頃にもう1度行くことにしましょう。
# by tumugihime | 2006-03-20 23:25 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(0)

道頓堀

道頓堀で着物姿を見かけた。
こんなに風がすごいのにコートにショールで、はんなり小紋だった。
もう一人の方は小紋に道行。
春は柔らかものが素敵!
でも今日の北風。着物を着る気分じゃないよ~(><)

道頓堀(極楽商店街)入場料をエレベーターに乗って上で取られるので注意(笑)
d0043390_17281887.jpg

# by tumugihime | 2006-03-19 17:28 | 着物 | Trackback | Comments(0)

寒~い一日

夫と京都へ行こうと上六まで歩いて行ったけれど・・・・
あまりの寒さに京都行きを断念(><)
だって北風ピュウピュウなんですもの。

大阪に来て1週間たつけれど、雪と雨と寒さで・・・京都は遠いよ。
根性なしの私です。

難波から道頓堀あたりを歩いて帰宅。
日曜日なので道頓堀のたこ焼きやさんは、長蛇の列(◎◎)
100人近くならんでたかも・・・・

551でブタまんとシュウマイを買って帰った。
だらだら、のんびりの日曜日だった。
# by tumugihime | 2006-03-19 17:25 | 日常 | Trackback | Comments(0)

四天王寺で素敵な着物姿に出会ったよ

その男性は、色半襟に紺のアンサンブル。
それに、よくわからないけれど、昔の八百屋さんの前掛けのような生地で作った、
合切袋の大きなの・・・・をお持ちになり、カッコよく歩いてらした。

お顔は・・・・・
全然見てなかったよ(^^;)

女性はアンティーク着物の方がほとんどだった。
若い子たちが多いが、中年のど派手な方も(@@)
ちょっと着てみたい気もするが、アンティーク着物を着る勇気がない。

みなさん楽しそうに歩いてたな。
甘酒やさんで休んでたら、着物姿の女性におばあさんが、「きれいやね。ありがとう」って
言ってらした。
着物って知らない人同士でも会話できたり、不思議な力を持っている。
だから着物が好き!!!
# by tumugihime | 2006-03-18 21:47 | 着物 | Trackback | Comments(0)

四天王寺骨董市へGO!

今日から始まった四天王寺骨董市。
とにかく本当に楽しいところだ。京都の天神さん、東寺弘法市、神戸骨董市・・・・
いろいろ行ってみたがダントツ安くて安くて楽しい。

茶碗類はもちろん、古い家具、小物、ハギレ、それに大好きな着物などがおもちゃ箱を、
ひっくり返したように並んでいる。

野菜、お菓子、明太子、魚の干物、植木に露天の食べ物やさんなどありとあらゆるものが、
混在している。
衣食住すべてそろっているでしょう。

陽気なおじちゃん、おばちゃん達とのやりとりがこれまた楽しいのだ。
今日の戦利品。
明太子、下着、靴下、便座カバー(なんと2つ100円)おわん(500円)、赤い茶たく(500円)
かなり素敵、1こ1000円が半額なので5枚ゲット。その他いろいろ・・・・
なんか変なものいっぱい買っちゃった(^^;)

早起きして行ってよかった。
午後からすごい人出だったもの。まあすぐ近くだからね。(^^)v
# by tumugihime | 2006-03-18 21:25 | 日常 | Trackback | Comments(0)

リサイクル着物屋さんへ

ミナミのリサイクル着物屋さんめぐりをした。
以前は安くていい物がたくさんあったけれど、最近いいものに出合えない。

呉服屋さんよりかかなり安いけれどいまひとつね~
遠藤先生曰く、着物ブームでリサイクル着物がかなり値上がりしたそうだ。
でもブームが去っていった今、これからどうなるんでしょうっておっしゃってた。
たまたま売り出し日初日だったけれど、かつての賑わいはなかったな。

あれこれいっぱい見て、本麻の長じゅばん地を買った。
以前は洗える襦袢でも平気だったけれど、最近だめになった。
やはり自然素材は体に優しい。体質が変わったのかも・・・

ネットオークションで見た同じ名古屋帯を見つけた。
いいな~って思ってたけど・・・・・
手触りがね~~~やはり現物を触ってみないと買えないな。
# by tumugihime | 2006-03-17 21:58 | 着物 | Trackback | Comments(0)