<   2013年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

久庵でランチ

久しぶりの「久庵」でした。
美しい創作料理のランチです。(900円)
d0043390_21595665.jpg

メインは胡麻だれ豚シャブです。
d0043390_2148063.jpg

Tさんは炙りマグロでした。
d0043390_21491277.jpg

卵焼きにあなご寿司と冷やし麺。もちもち麺は何だったのかな?
茶そばでもなくて、ひやむぎでもなくて??
d0043390_21531992.jpg

どの料理も手抜きなし。美味しいです。
カウンターの板前さん達、サービスもテキパキ気持ちいい。

ちょっとした集まりなど、予約すれば予算に合わせてお料理を考えていただけますよ。
人気のお店なので駐車できないことが多いです。(早めに行く事をお勧めします)
遅ければランチ終了の看板が出ていることもありますので・・・

<久庵>

住所:徳島県 徳島市南沖洲1-2-4
tel:088-664-3307
定休日:火曜日  
営業時間:11:30~14:00  17:30~23:30



着物会メンバー5人で行きました。残念ながら全員洋服でしたけど^^
初久庵だったグリーンさん達にも喜んでいただけてよかった♪
二階の屋根裏のような部屋でおもいっきりおしゃべりしました。
個室なのでいつか着物会で使いたいね。

***
今日から30日まで、ヨンデンにて「藍染め&ガラス展」が開催されています。
着物会メンバーのグリーンさんたちも出展されています。
それで、集合したってわけなのでした。

沢山の藍染め作品が展示即売されています。
本藍染めとは思えない激安価格にびっくり!

ガラス作品は、藍色の爽やか器が目をひきました。
あまりの人の多さにカメラを出す余裕がなくて(><)

そして そして・・・英会話のT先生とお会いしたのでした。
ご無沙汰してます~!と日本語でおしゃべり。
横でトラジャさんが「英語で話せば!」とつっついてきますが、無視。
どこからどこまで英語で話せばいいのよ?無理!(笑)

ガラス作家さんでもあるT先生の個性的な器たち。
やっぱり素敵でしたわ。

お休みしている英会話だけどグループの皆さんに会いたくなりました。
by tumugihime | 2013-06-28 22:55 | 美味しいお店(徳島) | Trackback | Comments(2)

冷凍庫の整理

このところの一人食卓は、冷凍庫の整理メニューです。
新しい大型冷蔵庫を買って1年半。
最初はガラガラだった冷凍庫だけど、いつの間にか詰め詰めに。
夏が来る前にスッキリ冷凍庫にするのだ!

<昨日の晩ご飯>

・スパゲティナポリタン(しめじ、玉葱、ハム、キヌサヤ、ゴーヤ、バジル)
d0043390_2051358.jpg

スパゲティ、キヌサヤ、ゴーヤは冷凍です。
自家製バジルは、ナポリタンの仕上げにサッとからめました。こうすると沢山食べることができます。

・冷凍していた茹で大豆
・サラダ(人参のワインビネガー和え・塩ズッキーニ・ミニトマト5種)
d0043390_2152995.jpg

にんじんのワインビネガー和えは、人参をピーラーで細くおろして、白ワインビネガー、はちみつ、塩コショー、オリーブオイルで混ぜただけです。簡単だけど人参をたくさん食べることができ、保存もできます。

塩ズッキーニは縦半分にしたズッキーニを、3,4ミリの厚さに切り、ジップロックに入れ、塩適量でもみもみ。冷蔵庫で一週間は大丈夫。かつお節と醤油、ポン酢、ドレッシングかけたり、そのままでも美味しいです。
d0043390_22435112.jpg

最近のお気に入りは、サンクゼールのりんごと白ワインドレッシング
d0043390_22471549.jpg

やさしい味で塩ズッキーニに合います。少量サイズがうれしい。

・  
冷凍庫の食材を少しだけ減らす事ができました。
保存食を作り過ぎてしまったり、収穫した野菜を食べきれなくて冷凍したり・・・どうでもいい残り物を、なんとなく冷凍してしまっている事が多い気がします。食べそうもないものは処分しました。
詰め詰め冷凍庫はちょっとスッキリだけどまだまだです。



今日はとってもいい日でした♪

長期入院していた友達が元気な顔を見せてくれたり、難しい病気の友達の治療方法に明るい兆しが見えたり。
もうひとつは、体験ジムでの出来事です。
精神障害で苦しんでいた人が顔を上げて挨拶してくれました。
毎日運動することで気持ちが前向きになったようでした。

***
退院した友達と手を取り合ってよかったね~そしてハイタッチ!
「ウォーキングを始めたの」とリュックしょってやってきました。

よかったよかった。
おみやげに採りたてのズッキーニとトマトをリュックに入れて、角を曲がるまで見送ってバイバイ♪
本当にうれしかったよ! 

平穏な毎日と思っていても、病気はいつやってくるかわかりませんね。
「今日一日を大切にしたいね」・・・そんな話をして別れました。
by tumugihime | 2013-06-26 22:35 | 日常 | Trackback | Comments(2)

今年初うなぎ

美味しいうなぎが食べたいね。先週のことです。
お義母さんを誘って三人でうな久へ行きました。
注文を受けた後、丁寧にさばき、炭火でじっくり焼き上げます。
待たされるけれど、焼き上る時間も美味しい時間。

きたきた~~! (うなめし 2820円)
d0043390_19101970.jpg

吉野川伏流水で育った、徳島産青うなぎは旨みがギュッと詰まってる。
秘伝のタレをからめたうなぎは、外はパリッと中はふっくらジューシー。
美味しいね~完食!

平日は、うなぎ定食が食べられるのですが、土日はダメです。
ちょっと値上がりしているけれど、うな久さんが一番おいしい。
あーー、鳴門の藤崎屋さんも美味しいな。いい勝負です^^

久しぶりに義母を誘ってのお昼ご飯でした。
88歳なのに元気で食欲旺盛。スゴイ義母です。尊敬!!

しばらく和食が食べられないだんなさま、うなぎパワーで頑張ってね。

***

<うな久情報>

徳島県徳島市北田宮2-8-43
088-632-5582

営業時間
11:00~14:00
17:00~19:00
(売切れ次第終了)

***
昨日から新しいカテゴリ・・・美味しいお店(徳島)を追加しました。
美味しいお店がずっとおいしいまま続くとは限りませんけどね。
あんなに美味しかったのになんで???って事になったお店も少なくないですね。
それでも食への欲望は果てしないです。
by tumugihime | 2013-06-24 19:33 | 美味しいお店(徳島) | Trackback | Comments(4)

イザリcafe

噂の漁村カフェへ行きました。
どうだーー! ジャンボ海老天ぷら定食(1300円)
d0043390_22525160.jpg

お皿からはみ出してます。オーダーしたのは、みやちゃん。
d0043390_2258615.jpg


みやちゃんご主人のmitikusaさんはジャンボ海老フライ定食(1300円)
d0043390_23343363.jpg


そして私、藍は・・・とこぶし定食(1400円)
d0043390_233429.jpg

とこぶしの煮付け。贅沢です!
d0043390_23531100.jpg

三人でシェアしました。

熱々プリップリのジャンボ海老、どちらも美味しいーーっ!!!
とこぶし煮はおせち以来。美味しいわ~~と三人で笑顔満開。
出張の我だんなさま、ごめんなさい。帰ってきたら案内しますね。

アワビカレーなど美味しそうなメニューも沢山ありました。
次回行くには勇気がいるな?道が悪いのです(><)



海女さんたちが経営するイザリcafeは連日大賑わいのようです。
d0043390_23184351.jpg

徳島市内から一時間半以上かかる辺ぴな漁村です。
狭いクネクネ山道を越えなくちゃ行くことができません。
11時開店に合わせ、11時20分着だったけれどもう店内は満席でした。
名前と一緒に携帯番号を書き込み、目の前の海辺を散策。
d0043390_23242287.jpg

12時前にお店に戻ると、あらら~凄い人です。
d0043390_23284827.jpg

県外ナンバーの車も多くて驚きました。
人気の刺身定食は売り切れの張り紙。ザンネン!
朝とれた魚だけしか使わない刺身定食なので、刺身定食目当ての方は電話して行くようにってことでした。

今流行りの?海女さんカフェは一度行く価値ありです。
イザリcafe2階のコンドミニアムに宿泊も楽しそう!
釣りしたり泳いだり、夏休みに孫ちゃん連れて行きたいな♪
by tumugihime | 2013-06-23 23:48 | 美味しいお店(徳島) | Trackback | Comments(4)

ぬぬぬパナパナ2013

阪急9階アートステージにて開催された「ぬぬぬパナパナ」。
ぬぬぬパナパナとは・・・沖縄八重山の方言の造語で「布のはしばし」と言う意味なのだそうです。

初日のぬぬぬパナパナ展会場です。(6月12日~17日まで開催)
d0043390_222098.jpg

沖縄の自然の力溢れる作品の数々。手仕事の素晴らしさ!
d0043390_22215945.jpg

六寸帯が多くて驚きました。
六寸帯?どう結ぶのかしら?と思いよく観察すると。

手先は体型に合わせて、好きな巾に折り胴に巻き付け、角出し風など変わり結びに。(画像が無いのが残念ですが新宿で開催されたものをお借りしました)
d0043390_22355690.jpg

ふんわり素敵な帯結びでしょ。
普通、帯結びは、手先の輪を下にして結びますが、六寸帯の手先は輪を上にして結んでいました。細かい事にこだわらなくて自由に楽しめばいいのですね。

作家さんの気持ちがズシンと伝わってくる・・・そしてしみじみ感動。



隣で開催されていたのは「永遠の布展」です
西筋(イリスジ)ヒデさん(多良間の芭蕉布)
d0043390_2319268.jpg

大正14年生まれの方の作品です。60歳から芭蕉布を織り始められたとは!私もボンヤリしてられないわ。
d0043390_2320742.jpg


西表島の石垣昭子さんの作品。
d0043390_23322735.jpg


まだまだ紹介しきれませんが、沖縄の手仕事の素敵を堪能しました。
布好きにはたまらない夢のような一日でした。
思い切って行ってよかった!

ぬぬぬパナパナは数年前から毎年続いているようでした。
こういう活動を続けられている方達がいらしたなんてね。
沖縄の手仕事の良さを、沢山の人に伝えてほしいと願う私です。

***
素敵な着物姿の方達のスッキリ着こなしに眼福♪
やはり沖縄の着物や紬系が多かったですね。
印象に残ったのは、紅型の布を袖なし長羽織のように仕立てたもの。
長身の方が試着されていましたが大胆な柄がかっこよかったな。
昔ながらの布に新しい感覚を取り入れた布展、これからの進化が楽しみです。
by tumugihime | 2013-06-22 23:53 | 着物 | Trackback | Comments(0)

長町武家屋敷跡・野村家

タクシー運転手さんお勧めの武家屋敷跡へ行きました。
「歩きたくないので」と言ったら、それならと野村家で降ろしてくださいました。暑過ぎて歩く気力なかったのでした。

野村家は、いい雰囲気の武家屋敷跡の端っこにあります。
さすが加賀百万石。素晴らしいお屋敷です。
d0043390_14394832.jpg

言葉がありません。
d0043390_14441870.jpg


 野村家(のむらけ)は、1583年(天正11年)加賀藩の藩祖前田利家公が金沢城に入城したときに直臣として従った野村伝兵衛信貞家(禄高1200石)、累代に渡り御馬廻組組頭や各奉行職を歴任し、1000坪余りの屋敷を拝した由緒ある家柄です。
 明治維新による武家制度の解体により、野村家の屋敷も他の武家屋敷と同様に庭園や土塀を残し菜園とされたり土地が分割され人手に渡ったりし次第に衰退しました。幾たびか住人を変え、昭和初期に藩政時代に通商で藩の財政を支えた北前船の旧橋立村の商人・久保彦兵衛の手に渡り、藩主を招いた豪邸の一部の「上段の間」「謁見の間」を移築し現在の姿となりました。
 野村家の庭園は、曲水の庭で各種の灯籠が配されています。2003年には、アメリカの庭園専門誌が実施した日本庭園ランキングで3位になりました。ちなみに、1位は島根県の足立美術館、2位は京都の桂離宮です。(HPより)

d0043390_15163749.jpg


お屋敷の中はひんやり涼しい。
d0043390_15151475.jpg


茶室までのアプローチ。
d0043390_14522454.jpg

以前小肥りさんのブログで見た「止め石・関守石」がありました。
あれは鎌倉オフ会の記事でした。
お花はシモツケソウかな?

二階の茶室へ。
d0043390_14563057.jpg

d0043390_154364.jpg

d0043390_1553527.jpg

庭園を見下ろします。
d0043390_1524149.jpg


木彫りの釘隠しや山水画など・・・驚きの連続でした。
さすが加賀百万石やね~と何度唸ったことでしょう。
一時間近くここで過ごしました。



外はやっぱり暑~い金沢でした。
北陸は涼しいと思っていたのにね。

こんなに暑くて雨が降らないのは初めてなのだそうです。
冬は雪が降らないので雪吊りも必要なくて、スキーもできなかったのだとか。
あーー、地球はどうなってるの?

金沢の旅は・・・伝統工芸や美術館など、行きたい場所が沢山あり少し心残りでした。
もう一度ゆっくり巡ってみたい魅力溢れる金沢。
紅葉の季節、桜もいいな。
d0043390_1614128.jpg

by tumugihime | 2013-06-21 16:01 | 旅・おでかけ | Trackback | Comments(0)

和倉温泉・夕日の宿

和倉温泉と言えば、おもてなし評価日本一の加賀屋さんが有名ですね。
母は何度か宿泊しているらしいので・・・

今回選んだのは、和倉温泉で一番夕日が美しい宿にしました。
多田屋さんは和倉温泉のはずれ、小高い場所にあります。
中心街から外れているけれど、何度でも送迎してくださるので不便は感じません。

6時45分頃の夕日。(旅館の方が知らせてくださいます)
d0043390_16355919.jpg

きれい~!
d0043390_16383758.jpg

夕日に染まる七尾湾。
d0043390_16393962.jpg

この宿を選んでよかったね、と私たち。
d0043390_16425994.jpg

あっという間に沈んじゃった。
d0043390_1643447.jpg

最高の夕日に出合えて4婆は大満足。

うまく撮れたな、と自画自賛。
夕日を撮るって難しいですね。


記念のパチリの後は、ワインでカンパーイ!
母への誕生日プレゼントをいただき感激。

気持ちのいいサービスとゆったり空間。
美味しい能登の幸を味わい尽くしました。
海と一体化した3種の露天風呂も最高!

ワインにビール、ウイスキーなど・・・飲みましたわ^^
還暦が来てお酒が飲めるようになった私。
飲めるって楽しいね♪  弱いけどね。

帰ってきたら2キロも体重アップ(><)
来週からジムに行く予定。頑張ろう!

***
明日の着物会は台風で延期になりました。
少々の雨は覚悟していたんだけど、さすがに台風はねぇ。
私たちの着物会、台風は2回目なのです。
昨年の脇町Mちゃんオフ会も台風だったし・・・
わたし、雨女じゃないと思ってるんだけど・・・ウーーン残念です。
by tumugihime | 2013-06-20 17:19 | 温泉 | Trackback | Comments(6)

兼六園

毎年恒例の母の誕生日旅行、今年は金沢でした。
三度目の金沢、40年ぶりくらいかな。
随分立派な駅にびっくり!
d0043390_21454875.jpg

2015年に北陸新幹線が開通するそうです。
サンダーバードはなくなるのかなぁ~

ホテルに荷物を預けて、タクシーで兼六園へ。
d0043390_2157879.jpg

観光客の姿はまばらでした。暑かったから?
d0043390_2224373.jpg

兼六園までのタクシーでのはなしですが・・・
昔の兼六園駐車場は、順番待ちの観光バスの長い行列が続いていたのだとか。
団体旅行激減の今では、高級ホテルが老人施設になっていたり、一泊2~3万のホテルは、バイキング形式の一泊7000円くらいのホテルに変わっているそうです。
寂しいとしきりにおっしゃっていましたが、温泉付き高級ホテルの老人施設はいいかも。月7万くらいだなんて夢のようですよね。
大きな木に面白い実がなっていました。
d0043390_22552829.jpg

40年前の初めての兼六園は、美しい雪景色でした。
しかし今回は暑かった(><)
北陸は涼しいと思って行ったのにね。
d0043390_22573244.jpg

木陰を選んで歩きました^^

竜石・・・竜に見えるような見えないような。
d0043390_23105145.jpg


***
昼食は金沢料理店で。
d0043390_2303059.jpg

落ち着いた場所でいただくお昼御飯に、疲れも吹っ飛びました。

迎えのタクシーで武家屋敷跡へGO!
続きは明日です。
by tumugihime | 2013-06-19 23:19 | 旅・おでかけ | Trackback | Comments(8)

面白茄子

家庭菜園で見つけました!

なにこれ!
d0043390_23131679.jpg

だんなさまが教えてくれました。

「気持ち悪い茄子ができてるよ~」

「全然気持ち悪くないよ。面白いね」と私。

顔を書いてみたくなりました。

しかーし!絵心全くない私。どんな気持ち悪い顔になることやら・・・

明日収穫しようかな?



先日行った立岩神社で見つけました。
d0043390_23204951.jpg

木のコブがプードルっぽくい見えないかな?

近づくと・・・ウーン・・・羊?
d0043390_23233728.jpg

なかなかこれぞというものには出合えません。

緑の惑星さんならいっぱい見つけられるのかなぁ~
感性磨かなきゃね。
by tumugihime | 2013-06-10 23:30 | 木顔・花顔 | Trackback

不思議神社・立岩神社

土曜日に出かけた天岩戸・立岩神社です。
d0043390_18414298.jpg

名前に惹かれ、ずっと行ってみたいと思っていました。

神山道の駅から、徳島方面に向かい、右側「立岩神社」の案内板通り山の中へ約6.5キロ。一本道なので迷いようがありませんが、途中少しだけ細い道があります。集落もあり、郵便配達のバイクが走っていました。こんな山の中にも、自然と暮らす人の営みがあるのですね~
思った以上にいい道でした。

右手に案内板を見つけたら、駐車スペースはゆったりです。
d0043390_9142367.jpg

d0043390_923216.jpg

鳥居をくぐるとそこは・・・言葉で言い表せない不思議な世界。
d0043390_18443513.jpg

爽やかな新緑の山とはとても言えません。
緑はきれいなんだけど、雰囲気がねぇ。
d0043390_2111574.jpg

ちょっと気持ち悪いね~と私たち。地名は神山町鬼籠野。
(おろの)と読みます。怖そうな地名でしょ。

しばらく歩くと20名ほどの団体さんとすれ違いました。男性は3,4人いたかな?
d0043390_18565476.jpg

古代史研究グループ?それともパワースポット巡りグループ?
何だかよく似た雰囲気の方たちでした。(30代かな?)
県外から来られた人たちなのだと、観光バスの運転手さんから聞いていたので、「こんにちは~」気持ちのいい挨拶を交わしました。

さて左山側を見上げると、いくつもの巨石が山肌に突き出ています。
地震がきたら落ちてくるね(><)
d0043390_19155551.jpg

そんな話をしているうちに到着。入口鳥居から近いです。
ここをくぐると岩屋をバックに本殿があります。
d0043390_19251634.jpg


狛犬さん^^
d0043390_19333414.jpg

小さな小さな本殿にお参りして。
d0043390_2012399.jpg

いよいよ御神体まで行ってみました。
二つの巨岩が天に向ってそそり立っています。
これが天岩戸?
d0043390_2024028.jpg

沖縄の斎場御嶽(せーふぁうたき)に似てませんか?

パワースポットらしいですけど、何も感じません。霊感無しです(^^;)
d0043390_19481290.jpg

緑が美しいのだけれど、ちょっと不気味なのです。
見たことのないようなもみじの大木をみることができます。
紅葉の時期に再訪は・・・かなり恐いかな。でも紅葉も見てみたいかも。
d0043390_19555179.jpg

葉っぱの小さなもみじばかりでした。(種類はわかりません)

卑弥呼伝説や古事記や日本書紀の舞台となったらしい、と言われる神山町。
阿波古事記研究会などの活動も活発なようです。
古代史好きさんにとってはかなり魅力的な場所なのでしょう。
私は・・・一番好きな雨乞いの滝やしだれ桜の神山町が大好きなのです。
古事記?よくわかりませんが、少し興味が湧いてきたな。

***
私の知る限りですが、徳島にはもう一カ所、天の岩戸があります。
貞光から剣山へ行く途中、438号線沿い右側に案内板があり、ここを通るたびに行ってみたいと思っていました。駐車スペースがないのでいつも素通りしていたけれど、ウォーキングを兼ねて行ってみましょう!

徳島の山は面白い!ますます好きになってきました。
そして、徳島の山はやっぱり奥が深いね~♪
by tumugihime | 2013-06-09 20:27 | 徳島散歩(山・滝・海) | Trackback | Comments(2)