<   2012年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

道の駅大好き!

山犬嶽の帰りに立ち寄った「よってネ市」
県内15番目の道の駅「ひなの里かつうら」横にあり、今日も大勢の人たちで賑わっていました。


四国八十八カ所第20番札所鶴林寺の麓にあります。
定年退職されたのかな~と思われる年代のお遍路さんを沢山見かけました。
歩き遍路さんが多いです。
根性無しの私には信じられない世界ですわ~

<本日のお買いもの>

地元産、朝採り野菜。 
d0043390_21162548.jpg


申し訳ないような値段です。

茄子100円・ミョウガ茎(1袋)90円・スイカ800円・ニンニク150円
オクラ100円きゅうり7本80円・玉葱100円・ピーマン60円・桃300円
赤紫蘇500円・真空パック筍3袋800円

筍の真空パックは12月まで大丈夫なので3袋も買いました。
本当に新鮮なのです。野菜の甘みが違いますよ。
これは田舎暮らしの特権ですね♪

よってネ市は品揃え、品質、価格すべて二重丸◎
柑橘類もお勧めです!

***
先日の高知日曜市だけど・・・

ミョウガの茎1袋の価格が、今日よってネ市で買った価格の2倍以上でした。しかも品質はこちらが断然いいのです。
高知特産、小夏(柑橘系)も近所のスーパーの方が新しくて安かったのは何故?

高知日曜市は観光客値段なのかなぁ~



デジタル一眼は・・・慣れません。重いし~(><)
マクロ撮りはボケてしまいます。
何度も撮って練習するしかないですね。
でも・・・カシャカシャってあの音がいいです♪

今日出かけた「山犬嶽」、苔の群生は感動の別世界でした。
疲れたのでレポは明日です。
by tumugihime | 2012-06-30 21:57 | 道の駅 | Trackback | Comments(2)

happy 還暦旅行

もう1週間も前になるのですね・・・

淡路の旅の目的は、私の還暦祝い旅行でした。

子供たちが私のために選んでくれたお宿は・・・
淡路「渚の荘・花季」は露天風呂付き和洋部屋。
広い和室で孫のひ〇〇と思いっきり遊べるようにとプランを練ってくれました。

ドキドキの、一緒に初露天風呂は・・・超ゴキゲンひ〇〇^^

ぎゃん泣きされたらどうしよう!
シャンプーちゃんとできるかな~

全然大丈夫でした(^o^)/

楽しかったよ~初めての温泉♪

***
私が部屋露天風呂を楽しんでいる間、ママは温泉巡りしていました。
展望浴苑「風の音・波の音」やスパテラス水月「淡路棚田の湯」・スパテラス水月「くにうみの湯」、淡路夢泉景の湯賓閣「天宮の雫」の3つの湯処と2つの源泉を楽しんだようでした。
たまには一人のんびりもいいですね。少しはリラックスできたのかしら?



さてお楽しみの晩ご飯です。

~花季会席「水無月」~

あわじ生ビールで”還暦おめでとう”のかんぱ~い!

☆旬恵彩り八寸
d0043390_22563724.jpg

・合鴨ロース赤ワイン煮・穴子寿司・ずいき辛子味噌和え・旬味色々

☆茶碗蒸し

☆淡路島旬鮮お造り
d0043390_2259018.jpg

・天然鯛・雲丹・とつか鯵・蛸・太刀魚
う~ん新鮮!器もきれい!

☆七福宝楽焼
d0043390_23145.jpg

・鯛・淡路玉ねぎ・煮玉子・旬菜

☆鯛煮物
d0043390_2371184.jpg


☆淡路牛しゃぶしゃぶ
d0043390_2375622.jpg


☆デザート
d0043390_2384143.jpg


豪華なお料理に美味しいお酒。
おいしかったよ~ごちそうさま!



一つの部屋で過ごした家族旅行は何年ぶりかな?
二男も楽しかったよとメールくれました^^
彼も来年は新しい家族ができる予定です。

雨を覚悟していたけれど、やっぱり私たちは晴れ家族。
天気に恵まれ、ごちそう三昧、楽しさmaxでした。
ありがとうね!

***
デジタル一眼、買いました。
d0043390_23392118.jpg

ふら~っと入ったカメラ屋さん、最後の一台で大特価でした。
ニコン1J1を買うつもりだったのにLUMIXになってしまった~
宝さんとおそろです^^
でもね、私にはかなり難しいです。
しばらく練習しなきゃね~
by tumugihime | 2012-06-29 23:48 | 温泉 | Trackback | Comments(4)

不思議cafe.Nafsha

淡路の旅2日目です。
前日夕方に合流した二男も一緒に、以前から気になっていたカフェへ。

なにやら面白そうです。
d0043390_21442047.jpg

住宅街に突如現れる不思議空間カフェ・ナフシャです。
d0043390_21451351.jpg


一階は発明工房です。
d0043390_21492052.jpg


d0043390_2150568.jpg


d0043390_21511887.jpg


2階カフェも不思議だわ~ 海を見渡す事ができます^^
d0043390_21524278.jpg

この奥が明るいカフェスペースになっていて、靴を脱いでスリッパに履き替えます。
d0043390_2159744.jpg

赤ちゃん連れの私たちは、ゆったりしている方に申し訳ないので、手前でお茶しました。
d0043390_21593321.jpg

無国籍オーガニックランチは、前日までに予約が必要なので、食べること出来ず残念!
食事を終えて出てくる方達、満足げなお顔で「美味しかった~」とおっしゃっていたので、ゼッタイ美味しこと間違いなしだな!いつかまた挑戦しなきゃね。
アイスコーヒーやジュースは、あまり期待していなかったけれど美味しいです。
d0043390_22431738.jpg

古い海辺の倉庫、カフェ・ナフシェは、アートに囲まれた不思議空間でした。
何度も行ってる淡路島だけど、まだまだ知らない素敵な場所が沢山ありますねぇ~


今日、買いもの途中に四つ葉のクローバーを見つけました。
d0043390_21494260.jpg

by tumugihime | 2012-06-27 22:43 | 旅・おでかけ | Trackback | Comments(4)

淡路・アート山大石可久也美術館②

お庭もまさにアート山でした。
d0043390_23334953.jpg

アートだらけです。水道は龍でした^^
d0043390_23354353.jpg

ここで結婚式を挙げたカップルもいます。
d0043390_23393531.jpg

d0043390_23452049.jpg
石を積み上げたアーチと緑と青い海・・・日本じゃないみたい。

長男ファミリーも楽しそう!




d0043390_23474941.jpg

緑の中の遊歩道は、オブジェがいっぱい!
d0043390_23483774.jpg


d0043390_2349137.jpg

言葉はいらないね~
d0043390_2352323.jpg

大石可久也夫妻とボランティアの方達で作られたアート山美術館は、皆さんの情熱と何とも言えない温かみを感じる夢のような世界でした。

***
現在安藤忠雄さん設計の「石の塔」をみなさんで作成中です。
石やレンガを積んだものらしいけれど、ますますパワーアップしますね。
場所はアート山美術館を下り、急カーブを左へ曲がったすぐそこですよ。
by tumugihime | 2012-06-26 23:58 | 素敵空間 | Trackback | Comments(0)

淡路・アート山大石可久也美術館①

長男夫婦と淡路で待ち合わせて・・・
美しい海を眺めながらイタリアンをごちそうになった後、出かけた場所は・・・山の中の美術館でした。
d0043390_23183976.jpg

細い山道を半信半疑で上った私たち。
急カーブを切り返してやっとたどり着きました。駐車場も狭くてコワイ!

わ~なんだか素敵な予感!
d0043390_23165993.jpg

アート山大石可久也(オオイシカクヤ)美術館です。
美術館は船の形をしています。入口のボランティアさんに教えていただきました。
d0043390_23243343.jpg

ここでご本人と奥さまにお会いしました。
これから海へ石を取りに行かれるのだとか・・・暑いのにお元気です。
若々しいお二人でした。とても80歳過ぎていらっしゃるとは思えません。
草間弥生さんとイメージが重なってしまいました^^

窓の外に広がる緑が爽やかでした。
どこもかしこも、楽し過ぎる空間なのです。
d0043390_23282375.jpg

↑どこにでもある貝殻を使ったアート。感性が素晴らしいわ!!

1階は、手作りアートの数々が展示されています。
d0043390_23384269.jpg

2階から下を見ます。
d0043390_2331271.jpg

この椅子欲しいな~  流木や廃材で作られています。
d0043390_23302624.jpg

2階から見る景色も美しくて、テラスベンチに唸ってしまった~
d0043390_0133885.jpg

楽しいオブジェなど時間を忘れてしまいそうでした。
d0043390_2335373.jpg

驚きのお庭レポは明日です。
by tumugihime | 2012-06-25 23:56 | 素敵空間 | Trackback | Comments(0)

再訪・玄武洞

約一年ぶりの玄武洞でした。
どうしても母たちに見せたかったのです。
d0043390_2249371.jpg


わあぁ~~!玄武洞の玄さんです!!困ったポーズの玄さん。

d0043390_2116495.jpg


眉が上がると元気ポーズです。
コソコソッと手で眉を上げたり下げたりしていたけれど、見ないふりします(笑)

女性ボランティアガイドさんの指導?で、玄さんと記念撮影しました。
元気ポーズや困ったポーズで大笑いした私たちでした。

玄さんってゆるキャラらしいけど・・・
普通に喋ってるし~何キャラかな~
サービス精神旺盛な玄さんでした。

玄さんとお別れして、いよいよ玄武洞です。
d0043390_21512866.jpg

やっぱり凄いわ~二つの穴は人工的に掘られたものです。
玄武洞は、地球磁場が一定期間で反転することが世界で初めて発見された場所らしいです・・・ボランティアガイドさんの説明でしたが、私たちよくわかりませんでした(><)
説明してくださったご本人もよくわからないとおっしゃってました^^

青龍洞です。やっぱりおたまじゃくしがいっぱいいました。
d0043390_22223860.jpg


ここでボランティアガイドさんから驚きのお話が!

緑の葉っぱの白い泡は、なんと「モリアオガエル」の卵なのでした!
天然記念物のモリアオガエルは、木の枝や岩に卵を産みつけるそうです。
d0043390_21563164.jpg

テレビで見たモリアオガエルの泡巣を、まさかここで見ることができるとは!
d0043390_22245976.jpg

ゆっくり歩くからと辞退した私たちを、大丈夫ですよ~と親切に案内していただいたボランティアガイドさんのおかげで、貴重なものを見ることができラッキーでした。

6月の玄武洞公園は紫陽花が見頃で、長閑な田園風景が広がっていて・・・
d0043390_233211.jpg

見知らぬ人達とのちょっとした会話や珍しい体験など・・・
旅の楽しみが無限に広がる私でした。
by tumugihime | 2012-06-21 23:36 | 旅・おでかけ | Trackback | Comments(0)

誕生日旅行から帰ってきました!

台風4号は大きな被害もなく去って行きました。
六月の台風なんてねぇ~
家庭菜園の野菜たちは大丈夫でした。よかった~

先週は関西を起点に、ミニ旅行を楽しみました。
留守はだんなさまがしっかり守ってくれました。ありがとう!


今年で3年目になる、母の誕生日旅行も無事終了。
旅の記録を少しだけ。

お宿は、いつもの湯村温泉「佳泉郷 井づつや」でした。
昨年は団体客であふれていたけれど、熟年ご夫婦が多くて・・・
ロビーでゆったりお抹茶とお菓子をいただく事ができました。
d0043390_17574483.jpg

こんな素敵なお庭が私たちをむかえてくれます。

さてお部屋に案内され、浴衣に着替えた三姉妹と母は温泉三昧です。
地下2階の大浴場の温泉すべてを制覇~

湯村温泉街を眺めながらの展望桧風呂は貸切でした。
お風呂上がりのビールのサービスで至福のひととき。
最近ビール大好きになった私です(^o^)/


旅の楽しみ、夕食はガーデンダイニング・花水木で和洋創作料理です。

全部撮れなかったのですが・・・にごり杏露酒でおめでとうの乾杯!
d0043390_191305.jpg


<メニュー>

☆ 前菜(四季旬祭の盛り合わせ)

トマトとバジルの冷製パスタ・生ハムメロン巻き・カナッペ・陸蓮根とろろ尊菜・一寸豆と海老松葉串・サーモンポテサラ焼・烏賊献珍・鮫軟骨と砂丘長芋梅香和え・青もみじチーズ・煮穴子の押し寿司)

☆ お造里(日本海の味比べ)

鱸・鮪・間八・海老

☆ お凌ぎ(茶蕎麦)

☆ 焼もの(海鮮胡麻塩ダレ焼き)

☆ 合鉢(但馬牛のすき焼き鍋)

ここでもう無理でした~(^^;)
が・・・まだまだ出てきます。

☆ 酢物(農家からの贈り物)

地場産野菜サラダ(茹で野菜をドレッシングでいただきます)
地元産安心ブランドの野菜三昧なのです♪

☆ 季節のお食事

紫蘇ひじきご飯・漬けもの盛り合わせ・焼き茄子 三つ葉

☆ 水菓子(季節のデザート盛り合わせ)

抹茶ババロアとさくらんぼ


新鮮な食材を思い切り味わうことができました。
しかし美味しいけれどとても食べ切れなかったのは残念。
ボトルワインも半分残してしまった~(涙)

三度目の井づつやさんでしたが、どのコースも美味しい!

一昨年の個室でいただく豪華コースもよかったけれど、料理人さんの席前料理はちょっと気まずいかな~緊張しました(^^;)
気楽に味わえる、今回の和洋創作料理は茶碗蒸しなどお決まり料理じゃないのがイイネ!

部屋に帰った私たち、爆睡してしまいました^^


朝ごはんです。
d0043390_20391713.jpg

おかゆが美味しかった!
やはり食べきれない(><)

***
今年も母のお気に入りの井づつやさんで誕生日を祝うことができました。
母の健康を願う私たち三姉妹です。
来年も四人全員でお祝いすることができますように!
d0043390_2051167.jpg

by tumugihime | 2012-06-19 21:05 | 温泉 | Trackback | Comments(8)

岩崎弥太郎旧邸

高知日曜市を散策後、室戸まわりで帰ることにしました。
途中、岩崎弥太郎旧邸の案内板を発見!
「邸」ですって~~!
あの龍馬伝で見たあばら家でしょ。なんで「邸」なの?

とりあえず行ってみることにしました。
田んぼの中のりっぱ農道をしばらく走ると・・・幟がはためいていました。
d0043390_2293350.jpg

生け垣で囲まれた、茅葺きの屋敷を中心に記念碑や土蔵が並んでいます。
d0043390_22161279.jpg

茅葺き屋根は、20年に一度葺き替えられるのだとか。

d0043390_2230395.jpg

ボランティアガイドさんの案内で屋敷内へ。
2年前の龍馬ブームの頃は1日数千人が押し寄せたそうですが、観光客は数組だけでした。
d0043390_2241311.jpg

弥太郎が少年時代に夢を託して造った、日本列島を形どった石組の石庭があります。ちゃんと日本列島に見えました。
d0043390_22332131.jpg

この屋敷の右端、竹垣奥の部屋で生まれました。
d0043390_22403639.jpg

屋敷内は撮影禁止です。
床下に芋貯蔵庫があったり、台所の焼け焦げ跡が残っていたり・・・
真夏の暑さだったけれど、屋敷内は涼しくて・・・
(ブラインドのように)光を取り入れる工夫がしてあったり・・・
今でも普通に使用されることがあるそうです。

土蔵に三菱の家紋が見えますね。
d0043390_224556100.jpg

記念碑と土蔵。(記念碑は昭和37年に建立されました。ボランティアガイドさんが27歳の時だったそうです)
d0043390_23123991.jpg

鬼瓦はヤタガラスです。両端にカラスのくちばしが見えます。
d0043390_02775.jpg

「八咫烏」はサッカー日本代表のシンボルマークですね。
熊野那智大社と関係があるらしいです。

弥太郎が子供の頃、木登りして遊んだムクの木です。
d0043390_23153011.jpg

竹の梯子をかけて登ったそうですよ。
ムクの木は緑の小さな実を沢山付けていました。

巨大なムクの木は弥太郎や岩崎家の暮らしをずっと見続けてきたのですね。
貧しい村の貧しい家に生まれ、激動の時代を知恵と努力で逞しく生き抜いた岩崎弥太郎。
私が抱いていたイメージとは随分違った弥太郎の生家は、当時の代表的な中農の造りだそうです。

ボランティアガイドさん達は、龍馬伝の「鳥かごを担いだ弥太郎」の姿に驚かれたそうです。かなり誇張して演じられていたようですね。
77歳のボランティアガイドさんのおかげで、色々な裏話などを伺うことができ、いい一日でした。
by tumugihime | 2012-06-10 23:56 | 旅・おでかけ | Trackback | Comments(4)

第11回・着物会

昨日の着物会は帯結び会でした。
Sさん邸では、着物に伊達締め姿でみなさんスタンバッてました。
気合入ってる~!

2時間もあるので着物の着方から始めることにしたのだけど・・・
ウエストの補正を少しだけ見ていただいたら、どんどんエスカレートして、ステテコ姿まで見せちゃいました(><)
長襦袢の仕上がりで着物姿が決まってしまうので、着物の中身は重要なのです。
ちょっとしたコツでみなさんピシッと決まりました。素敵~!

さて半巾帯結びのレクチャーは・・・
超簡単、変わり角出しとりぼん返しでした。
基本を覚えてしまうと、帯の種類やセンスでどうにでもなる楽しい半巾帯。
これからの季節におすすめです。

足もとパチリはSさん邸玄関にて。
d0043390_2133085.jpg

素敵なお庭、もう少しゆっくり拝見したかったな~


さて着物会のお楽しみはシェ熊谷でランチ。
d0043390_2181745.jpg

アットホームな店内で味わう本格フレンチ(1050円)でゆっくりおしゃべり。
味もサービスも大満足。今度はだんなさまと行きましょう!


☆ 藍のこしらへ

初おろし単衣着物・・・洗い張りして、染め替えて仕立て直した白大島。
d0043390_2126297.jpg

洗い張りしてもシミが取れなかったのでシミ色(薄辛子色)に染めました。
不安だったけど、市松柄が綺麗に出たので染めは大成功です。

更紗柄帯は、骨董屋さんで見つけた布を使って自己流で仕立てたもの。
d0043390_21332396.jpg

木綿帯は接着芯を貼り付けて、手縫いしました。
もう少し固い芯を使えばよかったかな。
この季節に重宝しそうです。

おけいこ終了後は、もちろん全員半巾帯でランチに行きました。
d0043390_21375722.jpg

私は鍵盤半巾帯♪
半巾帯は結び方はもちろんだけど、帯留めや根付などで遊べますね。
しかもラクチンなのです(^.^)v


ランチ後は案内状をいただいた呉服屋さんに行きました。
みなさん夏着物を誂えてしまったのでした(◎◎)

7月の着物会はお披露目会ですね♪
by tumugihime | 2012-06-08 21:54 | 着物 | Trackback | Comments(8)

≒草間彌生~わたし大好き

徳島ホールは初めてでした。
こんなところに映画館があったとは~!
徳島城公園にはしょっちゅう行ってたのにね。

草間彌生さんだ~(^o^)/
d0043390_2283664.jpg


1年半追い続けたドキュメンタリーは、見応えありました。
強くて優しくて強烈な個性の持ち主の天才前衛芸術家と思っていたけれど。
彌生さんの、作品に対する苦悩や制作光景は迫力ありました。
素直で可愛い人間性におもわずクスッとしたり。

あの作品の数々が生み出される秘密を、垣間見た気がしました。


最近のお気に入りTシャツの美人な彌生さん。
d0043390_22112431.jpg

3月に中之島大阪国際美術館で買い求めたTシャツ。
このTシャツを着るとテンション上がります^^

2011年5月11日に描かれた震災チャリティーハガキ。
d0043390_22195989.jpg


あー、なんと言うことでしょう!

愛はとこしえと叫び続けてきたのに

地震や津波や原発で人々は心を痛めている

みんなの心をしずめて

もう、傷ついた心や体に愛をもって

新しい平和の時を築きあげよう

みなさん、おおいに頑張って

素晴らしい日本の歴史を

美しく飾ろうではないか

       2011年5月11日 草間彌生


草間彌生さん初心者の私。
彌生ちゃんと呼びたくなるくらいラブリーな83歳。
まだまだ晩年とは思っていないらしい83歳。

愛はとこしえ、私だ~い好き!と叫び続けて描き続けて欲しい。
by tumugihime | 2012-06-06 22:53 | 素敵空間 | Trackback | Comments(2)