<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

きんかん

メチャクチャ寒いですね~
家に籠ってました。

先週、伊万里焼の里を訪ねた帰りに立ち寄った道の駅です。
d0043390_0571747.jpg

こちらでそれは美しいきんかんを見つけました。
樋口果樹園さんのきんかんです。
さっそく作ったきんかんの甘露煮。絶品~!
d0043390_174843.jpg

作り方は・・・きれいに水洗い。(800g)
d0043390_102634.jpg

ヘタを取って、縦に切れ目を4,5本入れて上下を押して竹串で種を取り出す。
この作業に1時間以上かかってしまいましたが、ここが肝心なのです。
d0043390_114852.jpg

かぶるくらいの水とグラニュー糖(300~400g)でコトコト柔らかくなるまで煮ると出来上がり。
d0043390_1183798.jpg

樋口果樹園さんのきんかんは、甘~いフルーツなのです。
甘露煮にするよりそのまま丸かじりが断然美味しい!
こんなきんかんは初めてでした。ぱくぱく何個でも食べられます。

ちょっと風邪気味でのどがガラガラしてるのでさっそく食べてます。
とまらない~~~!

道の駅で土地のものを食べたり買ったり・・・車の旅ならではの楽しみです。
手作りおまんじゅう美味しかったですよ。
伊万里あたりはふんわり春の気配が立ち込めていました。
このきんかん取り寄せできるのかな~
by tumugihime | 2010-03-29 23:58 | 道の駅 | Trackback | Comments(4)

魚止めの滝

明王寺しだれ桜です。
d0043390_2049717.jpg

満開でした。徳島は昨日開花宣言したのにね~
d0043390_2058357.jpg

神山町は日本一のしだれ桜の町です。どこもかしこも桜・さくら。
空からしだれ桜がドサーッと降ってくるようでした。
d0043390_20572189.jpg



時間が早かったので剣山へ向かいました。
神山町のはずれ、ヘアピンカーブが続く剣山への道の途中「魚止めの滝」の案内板を見つけたのでした。
以前「NHK滝講座」で先生から聞いてたことを思い出した私。
さっそく左にハンドル切って林道へと入って行ったのでした。

ここは恐ろしい悪路、剣山スーパー林道よりキツイかも。
この林道に入ったことを後悔するも引き返せない~
3,5キロは長かったです。
悪戦苦闘の末何とか行き止まりまで到着。
d0043390_21171987.jpg

川は増水してます。石を飛び越えて慎重に渡ります。
おおぉ~~雪と氷柱ですよ~~!
d0043390_21162210.jpg

苔もきれい~
d0043390_21232830.jpg

道がないので木の枝につかまったり・・ズルズル滑りながら進みます。
d0043390_21413838.jpg

魚止めの滝です!!2段瀑27m
d0043390_21275257.jpg

水量多い!飛沫がバサバサかかります。
d0043390_2131471.jpg

冷たくても全然平気~やった~~!
d0043390_21432742.jpg

こんなに苦労してたどり着いた滝は初めて。
d0043390_2147025.jpg

しかも山歩きする格好じゃないし~
でもこのecooシューズに助けられました。よく履いて行ったものです。
d0043390_2154784.jpg

山深い神山町のさらに奥深い鮎喰川源流の魚止めの滝。
誰も訪れることがない滝だけど美しくて存在感ありました。

たぶん二度と行かないでしょう。恐すぎましたよ~
よく無事に帰ってきたものです。
でもでも・・・緑のきれいな初夏に訪れてみたいかも。懲りないな~

☆魚止めの滝に行かれる方は、2,5キロほどの地点左側に広いスペースがあるのでここに車を止めて、行き止まりまで1キロ歩く事をお勧めします。四駆なら大丈夫でしょうけどかなり危険です。
by tumugihime | 2010-03-27 22:28 | 徳島散歩(山・滝・海) | Trackback | Comments(4)

伊万里窯元めぐり

博多へ行く途中、伊万里・有田焼き伝統産業会館に行きました。
ここは外せなかったのでした。

資料室の展示では古伊万里と鍋島の特色を見ることができます。
素晴らしい焼き物の数々に目を奪われました。
鍋島藩窯橋、お見事!奥に見える建物は伝統産業会館です。
d0043390_21504358.jpg

さて橋を渡ると秘陶の里「大川内山」です。
三方を山に囲まれていて、大屏風奇岩は秘境ムードたっぷり。
d0043390_21555992.jpg

入口近くの窯元、一番良かったな~値段は手が出ない~
d0043390_2202520.jpg

鍋島藩窯坂の両側に30軒くらいの窯元が並んでいます。
d0043390_22421825.jpg

横道の奥まで窯元が続いていて、成形したものを乾燥させています。
d0043390_22103617.jpg

こんな案内板が!加藤清正ゆかりの地なのでしょうか?
少し歩いてみたけれど道がわからなくて引き返しました。
d0043390_22154263.jpg


レンガ造りの煙突や窯元が立ち並び、歴史と伝統の技を受け継ぐ窯元巡り。これはおススメです。
4月1日から春の窯元市が開催されるそうですよ。
いいな~もう一度ゆっくり歩きたいな~
後ろ髪ひかれる思いで伊万里を後にした私です。

***
お買い物は?・・・結局見るだけで何も買わなかったのでした。
欲しいものは沢山あったんだけど、これぞというものはとても買える値段じゃなくて。ゼッタイ欲しいってほどでもないし・・・あきらめ(笑)
いいものいっぱいで胸いっぱい、眼福でした。ありがとう!
by tumugihime | 2010-03-26 22:53 | 旅・おでかけ | Trackback | Comments(0)

長崎はやっぱり雨だった~

午前中は黄砂で遠くの山が霞んでいました。
せっかくの桜も曇り空と同化していてちょっと残念。
中華街でかなり早めの昼食を済ませました。
d0043390_22203533.jpg

長崎ちゃんぽん(1050円)
d0043390_2292588.jpg

私は皿うどん(細めん)(1050円)
d0043390_22111673.jpg



オランダ坂です。
d0043390_22392670.jpg

和と洋をうまくmixしたような洋風住宅群にびっくり。
神戸あたりとはひと味違ういい雰囲気でした。
d0043390_2244393.jpg



グラバー園は修学旅行以来。
d0043390_2247543.jpg

そうそうこんな感じだったわ~
d0043390_22483184.jpg

幕末の志士たちが出入りしていたそうです。
d0043390_22503243.jpg

隠し部屋には龍馬がいたらしい?グラバー邸。
岩崎弥太郎もグラバーと深くかかわっていたそうです。
ここグラバー園は日本の夜明けを夢見る若者や貿易商たちの熱気あふれる場所だったのでしょうね。

***
ハート型の敷石見つけました~♪
d0043390_2375350.jpg

この石に触るといいことがあるそうです。いいことありますように~

グラバー園出口はやっぱり龍馬。
d0043390_23134087.jpg


隣は大浦天主堂。
d0043390_23152385.jpg

ここでいきなり大雨~!暴風雨になってしまい雨宿り。
平和公園へ行けなくなってしまい残念。
長崎はやっぱり雨だったのでした。

坂道の長崎、素敵な街でした。絵になります。
花好きばあばさんの故郷なんですよね(^^)
あーもう少し滞在したかったな~

***
体力に自信がなくて、しぶしぶ出掛けた旅行だったけれど行ってよかった♪
前日まで迷ってた私。眼科で目薬もらったらスッキリ頭痛解消。
何で早く病院へ行かなかったのかしら!!
by tumugihime | 2010-03-24 23:26 | 旅・おでかけ | Trackback | Comments(13)

ハウステンボス

ハウステンボスです。
d0043390_13154396.jpg

憧れのチューリップは満開でした~
d0043390_14233484.jpg

運河と風車とチューリップ畑。
d0043390_14104749.jpg

まさにオランダの田園風景ですね。
d0043390_1455682.jpg

こんなに見事なチューリップは初めて!これはすごいです!

ここはヨーロッパ?
d0043390_14192193.jpg

パスポートが切れる前にこれは行かなきゃ~
ウ~ンだんなさまの定年までは無理ですね。

快晴だけど場所によっては風がビュービューでした。
d0043390_13495650.jpg

朝早く出掛けたので観光客が少なくてラッキー!
でもちょっと心配になりました。三連休なのにね。
d0043390_14311528.jpg

花時計です。
d0043390_14542969.jpg

カッコイイ馬に遭遇。蹄の音がガッツ・ガッツ響き渡っていました。
d0043390_1342141.jpg

女王陛下の馬車を引く「ナイトの馬」とも呼ばれる貴重なフリーシアンホースというオランダ゙原産の馬だそうです。由緒正しい馬の風格が漂っていました。

***
絵画の中にいるみたいでしたよ、ハウステンボス!
夢のような世界を駆け足で楽しんだ中年夫婦でした。

観光丸「幕末帆船クルーズ」乗ってみたかったけど強風でしたからね~
d0043390_15125894.jpg

ハウステンボス龍馬館は2月にオープンしたばかり。
「海と龍馬」をテーマに国際交流のあけぼのをさまざまな観点で紹介しています。

***
長崎はどこもかしこも「龍馬」でした。
d0043390_15175925.jpg

商店街では扮装龍馬さんがいたり賑やかでした。
とっても元気な商店街で歩いてて楽しかったです。

珍しい食材を見つけたりお国ことばが飛び交ってたり。
地元の商店街を歩くことも旅の楽しみの一つです。

明日は曇りのち雨のグラバー園レポですよ~
by tumugihime | 2010-03-23 15:33 | 旅・おでかけ | Trackback | Comments(10)

織り・染め作品展

いよいよ作品展が始まりました。
入口あたりは藍染・草木染・藍研究コースです。
d0043390_2354029.jpg

素敵なタペストリー!
d0043390_22152340.jpg

アキヤマセイコ先生率いる染め軍団、素晴らしいです。
d0043390_22174425.jpg

こちらの藍染めコートはふんわり優しい肌触りでした。
d0043390_2219547.jpg

やっぱり徳島の自然の色いいですね。
先生の著書「阿波の草染め涙色」には「染め」がびっしり詰まってます。



織り上級者です。アンティーク笄(こうがい)を上手く飾り付けてる。
d0043390_22242895.jpg

なるほどね~これいいわ~~
コレクションをいつも身近にながめることができますね。

奥は基礎コースです。私の駄作も恥ずかしそうに展示されてます(汗)
d0043390_22382982.jpg

***
定年退職されて始められた方が多くて、平均年齢高かったです。
次男の小学校の先生にお目にかかったり・・・
思わぬ出会いもありました。

みなさんとってもおしゃれでいきいき輝いて見えました。
80歳になっても織り機担いで通ってこられますからね~
私はまだまだダメです。でも元気をいっぱいいただきました。

シビックセンターで19日までギャラリー展示してますよ。
by tumugihime | 2010-03-17 23:25 | 日常 | Trackback | Comments(2)

黒滝寺

黒滝寺・火渡り大護摩大祭です。
d0043390_2256076.jpg

標高700メートルの黒滝山の頂上にあり、四国霊場21番札所太竜寺の奥の院で新四国曼荼羅霊場88番札所、結願の寺でもある名寺。山岳仏教発祥の地としても知られています。

テレビで見たことあるけど本物の山伏さんたち。
d0043390_234917.jpg

パチパチもうもうと護摩が焚かれ読経が響く境内は別世界。
山伏の毛皮はホンモノなのです。タヌキのような尻尾が見えます。
d0043390_2395328.jpg

長老?が木のお札のようなものを投げ入れたり、扇子を広げたり、葉っぱや豆のようなものを投げ入れたり…意味わからないけれど気合入ってました。
d0043390_23121157.jpg

1時間くらい続いた後、いよいよクライマックス「火渡り」です。
その前にまたまた気合いを入れること30分くらい。
d0043390_23182331.jpg

空から元気玉?もらってザァーザァーと繰り返します。
d0043390_23215123.jpg

いよいよ火渡りです。煙出てるし炭は赤々と燃えてるし~~~
d0043390_23235392.jpg

↑ この方ズシズシと踏みつけながら火渡りされました。熱くないそうですよ。身体の中の悪いものが出て行くんですって。ほんまかいな~

↓ 女性は少し早足。後になるほど熱くないようでしたがお見事!
d0043390_2328751.jpg

火渡りを終えた方達なぜかすがすがしいお顔でした。
私も足跡をなぞって歩けば熱くないから・・・と強く何度も勧められたんだけど。必死で断り続けましたよ。
だって大勢のカメラマンが待ち構えてるのです。
ひゃぁ~なんて叫んで途中棄権なんて格好悪いですものね。
て言うか・・・一歩もダメだったでしょうね。

だんなさまに火渡りお願いしたんだけど全然無視。
般若湯をいただいて黒滝寺を後にしたのでした。
d0043390_2342289.jpg

たまたま立ち寄った奥深い山の中の黒滝寺。
霊気漂う杉林の中で古式作法で行う大護摩大祭は見応えありました。

いつか黒滝寺辺りをゆっくり散策してみたいものです。
珍しい植物もいっぱいありそう。軽い山歩きにちょうどいいかな。
6月には、ササユリを見ることができますよ。
***
ユキワリイチゲはそろそろ終わりです。
d0043390_23514941.jpg

開き過ぎてますね。後2週間早かったら群生が見られたのに・・・昨年の雪割一華はこちらです。
d0043390_23525878.jpg

昨年の土砂崩れで壊滅状態かな?と思ってたけれど・・・
d0043390_23543087.jpg

よかった~♪ ありがとう!
by tumugihime | 2010-03-14 23:55 | 徳島散歩(山・滝・海) | Trackback | Comments(2)

ストール完成~!

やっと仕上がりました♪ シルクストールです。
d0043390_21325762.jpg

思ったよりいい感じ!(自画自賛)
ざっくり織りました。
d0043390_21352338.jpg

微妙な色合いが上手く撮れませんが・・・
先生が染められた桑染めのいい色に助けられてます。

織ってはほどき、サイズ調整しながらトントン。
繰り返し続けるうちに、力加減がだんだんわかってきて・・・
細い1本のシルクから1枚のストールが出来上がったのです。

ニュージーランド製織り機、本当によくできてるわ~
使いこなせるようになるにはまだまだ修行が足りませんけど。。。

***
手仕事は苦手な私だけど、手を動かした分しあわせもいっぱい。
ぐるぐる巻きつけたり、広げて羽織ってみたり。
ふんわりストール巻いてどこへお出かけしようかな♪
その前に作品展を済ませなきゃね。
by tumugihime | 2010-03-12 22:02 | 日常 | Trackback | Comments(8)

織り物

このところ機織りの宿題がはかどらなくて・・・
寒~い本日は「機織り娘」いやいや「機織りおばさん」してました。
シルクストールです。やっと半分です。ふぅ~~
d0043390_2374028.jpg

先生が染められた草木染は「桑染め」。桑ってあの蚕が食べる桑かな?
抹茶色と鶯色をミックスしたような微妙ないい色。

先輩方は縦糸を色々変えて明るい色に仕上げてる方が多いのですが・・・私は一色でひたすらトントン。

この微妙な色は一目で気に入ったもの。
ふんわり仕上げたいんだけど現実はデコボコなのです。
まあそれが「手織りの良さ」ってことにしておきましょう。

もうすぐ展覧会。
6か月は本当にあっという間でした。4月からも頑張るーー!
訳わからない半年でしたが拙い作品でも仕上がるとうれしいものです。
***
昨日NHK「小さな旅」で茨城県結城紬のことが放映されていました。
機屋のご夫婦の、絣括りから織りあげるまでの大変な工程を見て結城紬の素晴らしさを実感したのでした。三代着ることができるといわれる結城紬、いいものは数百万もするんだけど・・・
このご夫妻はちゃんとした報酬もらってるのかしら?
呉服屋さん達の中間マージンで数倍に跳ね上がってるとしたら・・・
ちょっと考えてしまった私です。
by tumugihime | 2010-03-09 23:41 | 日常 | Trackback | Comments(5)

麺王

美味しいラーメン見つけたよ~とだんなさま。
今日さっそく行きました。
麺王川内店です。
d0043390_2350517.jpg

いつもはすごい行列らしいですが今日は空いてました。
11時過ぎだったのです(^^;)

入口で食券を買います。麺の固さもこの時点で選びます。
d0043390_2353256.jpg

席に着くと、辛もやしと高菜の瓶。
d0043390_23574058.jpg

徳島ラーメン!(480円)
d0043390_002051.jpg

見た目濃いスープのようだけど意外とあっさりです。
ブタバラもいい味。
とんこつと醤油味は徳島ラーメン独特のもの。鰹だし?も効いてる。

固めの細いストレート麺がいい!
辛もやしが美味しくておかわりしました。高菜も食べればよかったな。

テキパキ気持ちのいいサービスに大満足。
麺王は国道11号線を徳島に向かって左側にあります。
大きな徳島ラーメンの看板が目印ですよ。
(ラーメン東大のチェーン店のようですが私は断然麺王!)

***
あぁ~~高カロリーですね(--;)
でも大丈夫、晩ご飯は野菜たっぷりヘルシーメニューだったのです!
by tumugihime | 2010-03-07 23:58 | 徳島ラーメン | Trackback | Comments(6)