<   2009年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

着物で漫ろ歩き

昨日出かけた脇町「うだつの町並み」はとっても着物が似合います。
着物で「うだつの町並み」を歩くのは今回で二度目でした。
昨年の記事はこちら
072.gif みやちゃんの着物
d0043390_23121022.jpg
紫系ぼかし紬(初おろし)

西陣名古屋帯

石畳柄からし色羽織

帯留(ご主人作)




ご主人の「みちくさ」さんは奥様の帯留、ネックレスなど手作りされます。
d0043390_2331051.jpg

奥様のみやちゃん幸せですね~いつも素敵なんですよ!


072.gif 藍のこしらへ

d0043390_2395359.jpg
染め大島(横段模様がお気に入り)

椿柄絞り羽織

薔薇柄半巾帯

とび絞り帯揚げ




半巾帯と羽織は昨年と同じ。(すっかり忘れてました~)
d0043390_23195945.jpg

黄色四分紐

薔薇帯留(手作りいただき物)

市松半衿



二人で足元パチリ
d0043390_2324326.jpg


天気が良くてカメラマンのみちくささんも一緒に漫ろ歩き。
いつもは静かな町並みも人であふれていました。
あんなににぎわっているのを見たのはは初めて。

トラジャさんのお友達に招待していただいて本当によかった~
お土産までいただいていい一日をありがとう!
by tumugihime | 2009-01-29 23:33 | 着物 | Trackback | Comments(4)

うだつをいける

早起きして着物着て出かけましたよ。
高速走って30分で脇町へ~

今日から吉田家屋敷にて開催される假屋崎省吾「うだつをいける」華道展。
d0043390_21524038.jpg

9時のテープカットに来てね~
と地元ボランティアの方にお誘いいただき出かけました。
テレビカメラがズラリと並ぶ前に假屋崎さん笑顔で登場!
d0043390_21542231.jpg

ふと足元に目が行くと・・・つま先立ちされてます。
気になって挨拶されてる間ずっと見てたんだけど最後までつま先立ちでした。ストレッチのつもりかな~?
そういえば、すっきりスリムでしたよ假屋崎さん。
お話も上手いわ~
さて吉田家屋敷内です。大谷焼の色がきれい。
d0043390_22115914.jpg

剣山の山中から切り出した木・竹・蔓などを使って和と洋を融合させています。
d0043390_22183532.jpg

雑草いけばなの親分のようでした。ダイナミックです。

次は「トークといけばなショー」の会場「オデオン座」へ移動。
d0043390_22235326.jpg

こんぴら歌舞伎の金丸座を小さくしたようないい劇場でした。撮影自由です。
d0043390_22303611.jpg

ご自分のピアノ演奏が流れる中で(CDです)お花について熱く語りながらの生け花パフォーマンスはスゴイの一言でした。
衣装替えは3回でしたよ~

チューリップを生けながら・・・こんな私にも小学生の頃があったのですよ~。今年50歳ですって。
チューリップって温かい気持ちになりますねなんて言いながら・・・
d0043390_2255666.jpg

どんどん生け花が完成していきます。


明るい色にはパワーがあるのでいっぱい使いましょう。
暗い話題の多いこの頃だけど、花のある人生って素晴らしい。
たった一輪の花でもいいんです。などとお話は続きます。
d0043390_22513835.jpg

でもやっぱり薔薇が似合いますね~このお方。


最後はオデオン座前でサインと握手会。
大きくて仕事してる手でした。
d0043390_2314499.jpg


072.gif 小手毬を生けながら・・・白い花はウェディングドレスの色ですね~皆さん新婚時代を思い出して下さいね~とか。
花は心のビタミン。人生を豊かにしてくれる。
素敵な暮らしに彩りを加える花のある生活・・・などと美しい言葉が流れました。

假屋崎さんの言葉を思い返していて今、気が付きましたよ~
今日、30回目の結婚記念日でしたわー。
夫は飲み会だったし私は英会話。
いいのよ!普通に過ごせることに感謝しましょう!
by tumugihime | 2009-01-28 23:39 | 日常 | Trackback | Comments(10)

最近あせってるかも

ターシャがバーモント州に家を建てて住み始めたのは56歳。
ちょうど同い年なんです、ワタシ。

子育て(学費の仕送り)が終わりホッとして・・・
さて何しよう?と思ったらこれぞってモノが無くて・・・
ワタシ何が好きなのかな~
何がしたいのかな~

そんなこと考えたらちょっと焦ってしまいます。

長男に言ったら・・・
機嫌よく楽しんでいてくれたらそれでいいんじゃないの~

そうか~そうよね、偉大な人と比べて落ち込んでも仕方ないしね。
毎日の主婦業しっかりがんばりましょう!

お友達からのプレゼント、ふわふわネックレスです。
d0043390_22121613.jpg

素敵なお友達は大切な宝物ですね。ありがとう!
by tumugihime | 2009-01-26 22:21 | 日常 | Trackback | Comments(6)

鳴門の仙人さん

昨日の夕方、テレビに見覚えあるお顔の方が・・・
そうそう、あの方ですよ~
以前、産直のお店で声をかけてこられた仙人のようなお方。

カサブランカを抱えて歩いていた私に・・・
ご自分で作られた、ウバメガシの立派な炭焼きオブジェを見せて下さって「どうしてもあなたの家に飾ってほしい」とおっしゃるのです。

金額を見てびっくり、とても買えません~と私。
それじゃ~と破格値にしていただき、トラックで届けてくださったのでした。

床の間でドッシリいばってるウバメガシの黒炭です。
d0043390_22445520.jpg

強烈な個性の持ち主、おヒゲの仙人さん。
どんな方かしらと思っていました。

実は飛行機やヘリコプターの会社を経営されていたそうです。
引退後は鳴門に移住、広い土地に「炭焼き窯」を作り奥さまと二人で炭焼きしたり、ご近所さんと交流したりの・・・生活を楽しんでいらっしゃる様子でした。

70歳を過ぎて生き生き暮らしていらっしゃる姿は尊敬です。
奥さまもすごいな~私にはできないな、たぶん。

「いつでも遊びにおいで~」と言われていたのでいつか訪ねてみようかしら。果物とか色々な物も焼けるらしいので見てみたいな。
白犬にも会ってみたいしね~
人と人の偶然の出会いっておもしろいですね。
by tumugihime | 2009-01-23 23:10 | 日常 | Trackback | Comments(12)

着物クリーニング

着物をセルフクリーニングしました。
朝から一日中雨なのにね~

「雨の日は絶対着物箪笥を開けないこと」湿気が入るから・・・
だけど、雨の日って何故か着物を出してみたくなるのよね~

今日クリーニングしたのはアンティーク着物2枚。
近くのクリーニング店で2キロ以内だったので千円でした。
ちなみに3キロ以内なら1500円です。
所要時間35分くらいで完了!

縞のお召と蔦柄金紗小紋です。(縞がきれいに撮れてませんね)
d0043390_19591175.jpg

胴裏が紅絹なので、紅色が出てきたらどうしようと・・・
これまでクリーニングを躊躇していたけれど、全然大丈夫でした。

明治生まれの方からいただいたアンティーク着物はこれでスッキリ。
縞のお召はお友達に着ていただく予定。よかった~

普段に着物を着る私にとって、セルフクリーニングは強~い味方です。
by tumugihime | 2009-01-22 20:13 | 着物 | Trackback | Comments(12)

ターシャ・テューダー展(後期)

トラジャさんに誘われてターシャ・テューダー展後期に行きました。
3日前に行った前期では主に雑貨の展示でした。
後期は原画と写真展です。

それは緻密でやさしい原画の数々。
家族の日常や動物村の自然を描いた美しい絵本は、生きる喜びに満ち溢れていて私たちをしあわせ~な気分に導いてくれます。


徳島県立文学書道館は今日もすごい人でした。
いつもは地味~なんだけど・・・頑張ったな~文学書道館!

徳島城公園前でお茶してバイバイ。
帰り道、吉野川橋の夕日がきれいでした。
吉野川の夕日は私の大好きな徳島の風景の一つです。
d0043390_232832.jpg

by tumugihime | 2009-01-20 23:28 | 日常 | Trackback | Comments(4)

一人お茶会

山のような洗濯物が乾くまで、一日中主婦業に没頭してました。
掃除、水やり、花の植え付け、ごみ出しの仕分け・・・
家事ってやり始めたらきりがないんですよね。

午後はターシャを真似てゆっくりお茶したくて。
フリルのワンピースは持っていないのでワンピースもどきで。
着物がいいんだけど・・・着物で家事はゼッタイ無理。

鉄瓶をかけて・・・
お盆に棗と、茶巾、茶筅、茶杓を仕組んだ茶碗をのせて建水を準備。
お菓子は一口ようかん。不意のお客様に便利なので常備してます。

ちんちん鉄瓶から出る湯気がいいな~
シャカシャカ盆略点前。和室できちんと正座するのも久しぶり。
お抹茶おかわりしていただきました。
d0043390_23492312.jpg

初釜に行けなかったので一人お茶会。
今年はもう少し真面目におけいこしましょう。

※鉄瓶好きです・・・骨董市で素敵な鉄瓶を見つけても・・・
 錆びてて使う勇気がなくて。お湯を何度も沸かして使うそうだけど。
 皆さんは骨董市で買った鉄瓶、使っていらっしゃるのかしら?
 
by tumugihime | 2009-01-19 23:52 | 日常 | Trackback | Comments(6)

八重山日記ー⑦

さて最終日の八重山日記です。
天気が悪くても全然関係ない場所「石垣島鍾乳洞」探検です。
d0043390_222980.jpg


鍾乳洞の最大の特徴は鍾乳石の成長が日本一早い事です。
d0043390_2292624.jpg

鍾乳石は1センチ伸びるのに200~500年かかるそうですがここでは10倍の速さで成長しています。この滴が成長している証拠だとか。
d0043390_22122817.jpg

自然の彫刻のようです。
d0043390_22142869.jpg

約40分くらいの鍾乳洞探検は思った以上に楽しめました。
あまり乗り気じゃなかったけれど(閉所恐怖症なのです)オススメ。

奥の奥はまだ謎のスペースが無数にあるようでした。
神秘的でロマン溢れる太古の洞窟は見る価値大です。



ここで八重山日記も一段落。
まだまだ書きたいことがいっぱいだけど・・・ひとまず終了!
今度はいつ行けるのでしょう、沖縄。
昨年は一年間に3回も訪れることができた沖縄。

一番いい時期はいつでしょう?
7月は暑すぎて私には体力的にきつかったかな。でもよかったし~
いつ行ってもそれなりに楽しめるかな。

056.gif 出発直前やっと出合ったオキナワスズメウリ情報!

以前から沖縄に行くたび探し求めていたオキナワスズメウリ。カラスウリよりもっともっと小さくて、緑から赤に変わり、縞々が可愛いんです。
去年、座間味島の空き地でそれらしきものを見つけたんだけど・・・聞いてもわからず。
石垣島の園芸店で聞いたところ、なんと山に行けばいくらでも生い茂ってて。切ってもどんどん育つらしくて。園芸店の方が今度石垣島に来るときには取っておいてあげると約束。

地元の方はオキナワスズメウリって何なのか分からないようでした。
西瓜みたいな縞もようで指の先くらいの大きさで赤く色づくの・・・と一生懸命説明してやっとわかってもらったのでした。
念願のオキナワスズメウリ栽培も夢じゃないかも。
by tumugihime | 2009-01-18 23:14 | 沖縄 | Trackback | Comments(2)

初お稽古

今年最初の「雑草いけばな教室」のお稽古に行きました。
教室は初稽古とあってか皆さん勢揃いでにぎやか~
先生もトーク爆裂!いつもの楽しい教室でした。


みなさんベテランなのでとっても勉強になります。
トラジャさんの作品。さすがこの道20年。
d0043390_22564260.jpg


いいでしょ!すっきり日本水仙。
d0043390_22593110.jpg


キウイのツルを使って自由自在に。先が切れてますが。
d0043390_2323997.jpg


敷物を工夫して。
d0043390_2333879.jpg


私の作品は上手く撮れてなくて画像無しです。
決して作品がヘンなんじゃないんですよ~先生にお直ししてもらったので。。。↓まだ一年足らずの方の作品です。
d0043390_23282097.jpg


野山にある植物を使って自由に生ける雑草いけばな。
キウイのツルを花器にアレンジすることが斬新な発想でした。
d0043390_23315760.jpg

冬いちごやウラジロなど普段見落としてしまいそうな草花を生ける。
教室には蝋梅と水仙のいい香りが~
秋には発表会も開催予定。ワクワクしてます~
by tumugihime | 2009-01-17 23:31 | 日常 | Trackback | Comments(2)

ターシャ・テューダー展

アメリカの絵本作家ターシャ・テューダー展に行きました。
昨年6月18日に92歳で亡くなってしまったのですが・・・

言の葉ミュージアム「徳島県立文学書道館」の駐車場は満車状態。
いつもガラガラなのにね~
d0043390_23531499.jpg

ターシャをイメージしたコーナーがありました。
d0043390_23301135.jpg


「楽しみは創り出せるものよ」と語るターシャからのメッセージ。
人生は短いのよ。やりたいことをやればいいのよ。
文句ばかり言ってないで、目の前にある幸せを精一杯味わうのよ。
ターシャが教えてくれます。



長年大切に使っていた食器や園芸道具、調理器具。
写真集「ターシャ・テューダーの世界」で見覚えあるワンピースは見事。
縫い目やボタンなど細かい所まで手抜き無し。ためいき~
あやつり人形、手編みかご・・・あぁ~まさにターシャがそこにいるような。しあわせ100パーセント。

手書きメモも読んでみました。お買いものメモはちょっと意外な一面も。
究極の手作りは羊の毛を紡いで毛糸を作り、染めて編んだセーター。

憧れのターシャの生活は思っていた以上に感動的なものでした。
しっかりと目に心に焼き付けておこうと、ゆっくり時間をかけてまわりました。来場者の中にはメモを取りながら見ている人も。

亡くなってしまって残念だけれど、世界中の人々の心の中に生き続けているターシャ。幸せとは心の持ちかたと教えられました。

今年初顔合わせの仲良し三人組で行きました。
結婚して知り合って30年。なかなか三人揃わないけれど、ターシャ展を見た後はランチしておしゃべり。
いい新年会でした。
by tumugihime | 2009-01-17 00:54 | 日常 | Trackback | Comments(6)