カテゴリ:徳島散歩(山・滝・海)( 146 )

箸蔵寺の紅葉 ①

こんなの見たことない!
人生で一番美しい紅葉だったかも。
d0043390_21364513.jpg

有形文化財 仁王門横の紅葉です。
d0043390_21374185.jpg

言葉がありません。
d0043390_21411884.jpg

石段を登ると、やっぱり紅葉。
d0043390_21431625.jpg

まっ赤だな~まっ赤だな~~♪
d0043390_21452199.jpg

まっ赤な秋に包まれている~♪

ゆっくり冬の準備しているのかな。
d0043390_2153561.jpg

by tumugihime | 2013-11-23 21:57 | 徳島散歩(山・滝・海) | Trackback | Comments(4)

あすたむらんど

いい天気でした!
あすたむらんどは紅葉が始まっています。
d0043390_2084730.jpg

d0043390_21201861.jpg

タイワンフウの実はまだ落ちてこないね。
でもすぐ近くで大きなどんぐりを見つけました♪
d0043390_20163931.jpg

タイワンフウの実はリースなどに使うと可愛いですね。

孫のひな〇は裸足で走りまわっていました。
d0043390_2055248.jpg

それにしても人が少ないでしょ。連休なのにね。

きょうの徳島は暑いくらいでした。
ブーツを脱ぎすて、水遊びしましたもの^^
d0043390_21111648.jpg

楽しい遊具や施設の数々にお嫁ちゃんもテンションアップ♪
d0043390_21164310.jpg

ほとんどの施設は無料なのです。
d0043390_21161888.jpg


吉野川めぐりでザッブーーンと水をかぶったり・・・
d0043390_20242196.jpg

このボート、たった数分間だけど意外とハードなのです。
驚きの大人300円は安い!

206匹のたぬきが迎えてくれる楽しい川の旅です。
徳島の自然風景などをイメージした空間を、小舟に乗って楽しみながら移動するウォーターライドです。途中いろいろなタヌキと出会ったり、渓流下り、鳴門の渦潮をイメージした渦巻きなど、様々な演出があります。
 HPより

最後はたぬきさん親子が見送ってくれました^^
d0043390_20273932.jpg


メタセコイアの紅葉も始まっています。
d0043390_2042448.jpg

「帰らない~」とゴネてた孫でしたが、最後は「あすたむらんどバイバイ~」と言ってお別れ。楽しんでくれてうれしかったばあばでした。
***
秋空が広がる「あすたむらんど」でしたが、駐車場はガラガラでした。
こんなにいい気候なのに、みなさんどこに行ってるのかしら?
恵まれた自然の中で、伸び伸びと子供たちを育ててあげればいいのにね。
ああーー!もったいないな~

無料駐車場完備の広大な「明日多夢らんど」。
明日(あす)に多くの夢(たむ)がある場所(らんど)を意味します。
遊びや体験を通して科学する心を育てる「子ども科学館」を中核施設とした、科学と自然にふれる大型公園です。
これからの季節、是非お弁当持って出かけてくださいね。
うれしいことに、素敵な休憩スペースがいたるところに整備されいますよ。

***
今日近畿では木枯らし1号が吹いたそうです。
暑い暑いと言っていたお嫁ちゃん、関西に帰ったら寒かったそうです。
そうですよね、例年なら暖房器具を出す頃ですものね。
さて来週は私も何かと忙しくなりそうです。
風邪引かないで頑張りましょう!
by tumugihime | 2013-11-04 21:46 | 徳島散歩(山・滝・海) | Trackback | Comments(4)

雨乞の滝

このところの土日は雨続きで、山歩きができませんでした。
来週から10月いっぱい予定が詰まってるし。

山へいつ行くの?
今日しかないでしょ!
怪しい天気だったけれど、神山へGO!

大雨後の「雨乞の滝」か~これは楽しみだ!
ルンルン出かけたけれど、神山道の駅に着いたら・・・

雨です!しかも大雨に近い(><)
せっかくだから、せめて雨乞の滝駐車場まででも行きましょう。

駐車場に着くと小降りになったので、カッパ着てとりあえず出発しました。
ここまできたら行くしかないでしょ^^



杉木立の中を歩くので雨は気になりません。
凄い水量です。こんなの見たことないね~
最初の滝、「うぐいす滝」が見えてきました。
d0043390_20382559.jpg

d0043390_20443523.jpg

いつもなら斜面を下りて正面から撮るんだけど足もとが悪いのであきらめました。無理はしません。

次に見える「不動滝」も水量凄い。水の濁りは少しだけ。
d0043390_20453072.jpg

うまく撮れたと思っていたのにボケボケ画像ばかりでした。
雨をかばいながらのデジカメ撮影でしたから・・・言い訳です。

橋を渡って右手に地獄淵。おそるおそる覗いて・・・
d0043390_2051435.jpg

また橋を越えたら急な石段を登ります。
d0043390_20542025.jpg

石段を登り切る手前、左手に見える「もみじ滝」。
d0043390_20563726.jpg

ボケてるな~

雨が降っているのに空が明るくなったり、変な天気でした。
d0043390_2102160.jpg

名前が付いていないけれどいい滝がいっぱい。
d0043390_211451.jpg

すごいねーー!
あっという間に「観音滝」
d0043390_2121386.jpg

ここまでくれば・・・もうすぐです。
右手に雨乞の滝前の東屋が見えてきました。
d0043390_2142365.jpg

この崖の向こうから地響きのような瀑音が聞こえます。

先に進んだだんなさまがジェスチャーで何やら叫んでいました。
雄滝~!すごい!
d0043390_218544.jpg

はやる気持ちを抑えて・・・
雌滝だ~~!
d0043390_2121113.jpg

なにこれーーー!
d0043390_21231633.jpg

飛沫と言うより滝そのものがこちらまでドドドーッと押し寄せてくる!
とても近づけません。
それでも、ずぶ濡れになりながらの記念のパチリ。
d0043390_21233663.jpg

今まで見たことないな、こんな迫力ある雨乞の滝。

雨乞の滝に別れを告げて、東屋前。
この険しい坂道を1時間ほど登りつめた山頂にある悲願寺が気になるな。
d0043390_212765.jpg

このミステリアスな悲願寺はいつか行かなければ・・・と何度も思うんだけど、なかなか行く決心がつかないのです。最近足腰強くなったので何だかいけそうな気がします。

***
悲願寺は千手観音や天照大神などが古代よりまつられていたと伝えられています。寺の開基は、源万中の子息美女丸とされており、緑深い寺の南方には、卑弥呼伝説を今に伝える史跡がひそやかに残されています。
 その居城跡から明治時代に移されたと伝えられているのが、境内にそびえる常夜塔。常夜塔とは燈台の意味で、その正面上部には古代中国の文字も記されています。今となっては真相解明は難しいけれど、この静かな山中を訪れて、あれこれ推測してみるもの面白いはずです。
<HPより>

***
今日のような迫力ある滝、苔と滝、夏の新緑の滝、紅葉の滝、氷瀑・・・
四季の移ろいを感じながらの滝巡りは私の元気の源です。
by tumugihime | 2013-09-07 21:51 | 徳島散歩(山・滝・海) | Trackback | Comments(2)

海岸通り

夏空があまりに青くて・・・
遠くの山は緑がキラキラ。入道雲がモクモク。

フィットネスに行く途中、国道11号線鳴門北灘を讃岐に向かって車を走らせました。
全然逆方向だわ(^^;)

いいね~海だ~ヨットだ~!絵になるね。
d0043390_2222574.jpg

CDは大滝詠一のロングバケーション。

しばらく走ると左手に「風待ちの丘・ルン」が見えます。
d0043390_2242949.jpg

久しぶりのルンは・・・
なぜか閉まってる(><) 火曜定休日のはずなんだけど。
d0043390_22103882.jpg

お盆の代休のようです。お盆期間は忙しかった事でしょう。
最近の土日、1時間待ちは普通ですからね。
それでも待てる素敵なカフェなのです。

閉まっててもいいの。素敵なビオトープがあるんですもの。
d0043390_221251.jpg

たっくさんのめだかちゃん。

お花もきれい。
ポンテデリア(22日追記、花好きさんいつもありがとうございます)
d0043390_22143826.jpg

センニンソウかな?
d0043390_22163384.jpg

カンカン照りだけど風がススーーっと涼しい。

山と・・・
d0043390_22243478.jpg

海と・・・
d0043390_22251523.jpg

気分いいね♪




海を見ながら一人ドライブ約2時間。

突然思い出した資生堂のCM「海岸通りの葡萄いろ」。
衝撃的なCMでした。
一体何年前のCM?30年以上前であることは確かだけど。
秋はまだ遠いな。

2時間遅れのフィットネスでした。
最近ちょっと楽しいなフィットネス。
目標は筋肉を付けること。
頑張ろう!
by tumugihime | 2013-08-21 22:41 | 徳島散歩(山・滝・海) | Trackback | Comments(4)

キレンゲショウマが見頃です

剣山中腹の険しい場所にひっそり可憐な姿で咲くキレンゲショウマ。
d0043390_20433456.jpg


環境省のレッドデータブックで絶滅危惧Ⅱ類に指定されている高山植物です。
ユキノシタ科の多年草で、標高や湿度が高い場所に生育し、県内では剣山にのみ自生しています。

鎖の行場です。ほぼ垂直ですね。
d0043390_20555774.jpg

群生地の一つだけど、ほんの少しだけ咲いていました。
d0043390_20591031.jpg

葉っぱの緑と小さな釣鐘状の花の黄色がきれい。

防鹿対策のテキサスゲートが数カ所ありました。
d0043390_2152769.jpg

鹿はこの丸太を渡ることができないようです。
以前、鉄製のテキサスゲートを、石垣島で見ました。牛の放牧場近くの道路に、溝を作ってできたテキサスゲートは、牛が逃げないためのものでした。

防鹿ネットも沢山ありました。
こうしてキレンゲショウマを大切に守っているのですね。

急斜面を下ります。(滑るとかなり危険です)
d0043390_2184787.jpg

中高年が8割くらいかな。中には80代らしき方も。お元気です^^
神社で休憩して、キレンゲショウマ群生地の案内に従って進みます。

急勾配を下ったり登ったり。
途中、足もとに目をやると可愛いお花たちが沢山。
d0043390_21112826.jpg


しばらく進むと・・・

すごーーい!
d0043390_21182714.jpg

キレンゲショウマ群生地です。
斜面にびっしりと咲くキレンゲショウマ。
d0043390_21222460.jpg

宮尾登美子さんの小説「天涯の花」で有名になりましたね。
d0043390_21255299.jpg

釣鐘状の小さな花は訪れる人たちを魅了します。

今年は例年に比べて、開花が1週間ほど遅いそうです。
本日のキレンゲショウマは五分咲きくらいで最高でした。

満開より咲き始めがいいですね。
これから1週間はお花を楽しめると思います。



6時に自宅を出発~途中朝食や休憩して~9時過ぎリフトを使わず登山口から出発しました。もの凄い人でした。さすが連休ですね。

いつもの駐車場は満車だと予想して、第2駐車場へ。
ほとんどの人たちはリフトで西島駅から出発です。

登山口からリフト西島駅までは50分くらいで到着。
帰りは次郎笈まわりで3時過ぎに登山口着。

思ったほど疲れなくて、少し自信が付きました。



剣山頂(1955メートル)から見える次郎笈。雄大です。
風がひんやり、寒いくらいでした。
d0043390_21564771.jpg

頂上に着いたら急に雲が広がって来て、緑の次郎笈が見えなくて残念。
それでも稜線を歩いていると少し明るくなってきました。
d0043390_2204653.jpg

これに助けられました。
d0043390_22111236.jpg

貞光のコンビニで買ったカチンカチンに凍ったかち割りレモン。
少しづつ解けるので最後まで冷たくて美味しいです。

その他、お茶、ポカリ、水、水分補給は大切です。
だんなさま、全部持ってくれました。ありがとう!

***
剣山から国道192号に入り、いつもの貞光道の駅でトイレ休憩。
車を降りると熱風が襲ってきました。
なんと気温39度でした(><)
みなさま熱中症には気をつけてくださいね。
by tumugihime | 2013-08-11 22:22 | 徳島散歩(山・滝・海) | Trackback | Comments(4)

剣山は雨でした

今日も暑かったですね。
体にまとわりつくような蒸し暑さでした。
午後はたまらずエアコンスイッチ入れました。
熱中症になったらたまりませんものね。


先週土曜日に出かけた剣山は寒かったです。
リフトチケット売り場です。
d0043390_21482063.jpg

昼頃の頂上は14度まで下がったようでした。

10時半から動き出したリフト乗り場。
d0043390_2150868.jpg

東京から来られたとおっしゃる60代のご夫妻は、リフトを往復して帰って行かれました。せっかくいらしたのに残念でしたね。
雨だけならいいんだけど、リフトの西島駅は風が強くて雨具も吹き飛びそうな勢いだったのだとか。無理しない方がいいですね。

私たちは、リフトを使わず剣神社登山口から少しだけ歩いてみることにしました。
d0043390_2158810.jpg

樹林帯なので風や雨の影響はあまり受けません。
しかもゆるい傾斜なので思ったより楽に登れそうです。
d0043390_22291.jpg

剣山登山を終えた方達が、次々とずぶ濡れで下山されてきました。
d0043390_2223328.jpg

たぶん、剣山頂上からジロウギュウや三嶺などを目指していた方たちなのでしょうが、本当に残念です。

駐車場には沢山の車が止まっていました。みなさん雨にも負けず登山されたのですね。
車のナンバーを見るとほとんどが県外車でした。
せっかく遠くからいらしたのに気の毒でした。
天気予報は晴れマークだったのでまさかこんな天気になるとは・・・山の天気はわからないものです。

登山道をしばらく歩いて引き返しました。
いつもリフトを利用して山頂を目指していた私たちだけど、剣神社からでもいけそうな気がしました。
それにしても、寒かったです。やはり寒さ対策は絶対必要ですね。

レンゲショウマが咲いていました。(リフト下のお店前)
d0043390_2234232.jpg

キレンゲショウマは葉っぱのみ。大切に柵で囲まれていました。
次回はキレンゲショウマが咲く8月にリベンジしなきゃ。
by tumugihime | 2013-07-10 22:38 | 徳島散歩(山・滝・海) | Trackback | Comments(4)

鳴滝(なるたき)

夕方激しい雨になり、お星さま見えるのかしら?と心配していたけれど・・・大丈夫、きれいな星空でした。
特別何もしない七夕だけど、星空だけは気になりますね。

昨日の疲れがとれなくて家から一歩も出る気がしなかった私。
今週からフィットネス通いが始まるから体力温存です。

この暑さの中、ツーリングに出かけて行っただんなさま。
まっ黒に日焼けして帰ってきました。
ほんま、ようやるわ~


昨日の土釜の続き、鳴滝です。
d0043390_21584356.jpg

落差85m 3段瀑の鳴滝はいつもより水量多し。
d0043390_22115151.jpg

ビョウヤナギが沢山咲いていました。
d0043390_22133191.jpg

紫陽花はやっぱりブルー系が好き。
d0043390_2228251.jpg

赤いプロペラもみじと滝。マクロレンズ欲しいな。
d0043390_22183914.jpg

いつもながら誰もいない鳴滝でした。
いい滝なのにね。
d0043390_2312549.jpg

駐車場やトイレも完備されてて、滝を眺めながらお弁当もいいですよ。
剣山へ行く途中、ちょっと寄ってみてほしい滝です。


貞光から剣山までの438号線沿いの紫陽花が見事でした。
あんなに沢山の紫陽花が植えられていたなんて知らなかったです。
梅雨時期に剣山に行ったことなかったしね。
素晴らしい紫陽花ロードに感激でした。
写真撮りたかったけれど、駐車スペースが無くて残念。

***
剣山の帰り道、夢市場で赤紫蘇買いました。
300グラム入り4袋。
これで8キロの梅干し用です。
まっ赤な梅干し好きなので多めに入れます。

今日、アク抜きして漬けこみました。ヤレヤレ
これで土用干しを待ちます♪
by tumugihime | 2013-07-07 23:09 | 徳島散歩(山・滝・海) | Trackback | Comments(0)

土釜

早起きして剣山を目指しました。
貞光まわりで行くと必ず通る土釜と鳴滝(なるたき)です。
d0043390_2293969.jpg

土釜
d0043390_228419.jpg

おそるおそる覗きこみます。美しい!
d0043390_22131873.jpg

d0043390_2261944.jpg

d0043390_2285938.jpg

水量多くてちょっとコワイ。こんなの初めてでした。
西表島のカンピレーの滝とダブりました。全然スケールが違うけどね。
d0043390_22194812.jpg

まむし注意の看板があちこちにあります。本当にいるの?まむし。
d0043390_22294228.jpg

紅葉の土釜、きれいなのでしょうね。
冬は無理だわ。冬の剣山なんて考えられませんもの。
水着で水遊びしてた若いグループがいた夏の土釜。
d0043390_22152117.jpg

梅雨の土釜は豪快でした。
相当雨が降ったのですね。

梅雨明けかもなんて言ってたけれど、甘かったかな(^^;)

***
家を出るときはカンカン照りでした。
UVケアしっかりして出かけたのに、雨がパラパラしたりお日さまが顔をのぞかせたり・・・私最近雨女になったのかしら?
by tumugihime | 2013-07-06 22:59 | 徳島散歩(山・滝・海) | Trackback | Comments(0)

不思議神社・立岩神社

土曜日に出かけた天岩戸・立岩神社です。
d0043390_18414298.jpg

名前に惹かれ、ずっと行ってみたいと思っていました。

神山道の駅から、徳島方面に向かい、右側「立岩神社」の案内板通り山の中へ約6.5キロ。一本道なので迷いようがありませんが、途中少しだけ細い道があります。集落もあり、郵便配達のバイクが走っていました。こんな山の中にも、自然と暮らす人の営みがあるのですね~
思った以上にいい道でした。

右手に案内板を見つけたら、駐車スペースはゆったりです。
d0043390_9142367.jpg

d0043390_923216.jpg

鳥居をくぐるとそこは・・・言葉で言い表せない不思議な世界。
d0043390_18443513.jpg

爽やかな新緑の山とはとても言えません。
緑はきれいなんだけど、雰囲気がねぇ。
d0043390_2111574.jpg

ちょっと気持ち悪いね~と私たち。地名は神山町鬼籠野。
(おろの)と読みます。怖そうな地名でしょ。

しばらく歩くと20名ほどの団体さんとすれ違いました。男性は3,4人いたかな?
d0043390_18565476.jpg

古代史研究グループ?それともパワースポット巡りグループ?
何だかよく似た雰囲気の方たちでした。(30代かな?)
県外から来られた人たちなのだと、観光バスの運転手さんから聞いていたので、「こんにちは~」気持ちのいい挨拶を交わしました。

さて左山側を見上げると、いくつもの巨石が山肌に突き出ています。
地震がきたら落ちてくるね(><)
d0043390_19155551.jpg

そんな話をしているうちに到着。入口鳥居から近いです。
ここをくぐると岩屋をバックに本殿があります。
d0043390_19251634.jpg


狛犬さん^^
d0043390_19333414.jpg

小さな小さな本殿にお参りして。
d0043390_2012399.jpg

いよいよ御神体まで行ってみました。
二つの巨岩が天に向ってそそり立っています。
これが天岩戸?
d0043390_2024028.jpg

沖縄の斎場御嶽(せーふぁうたき)に似てませんか?

パワースポットらしいですけど、何も感じません。霊感無しです(^^;)
d0043390_19481290.jpg

緑が美しいのだけれど、ちょっと不気味なのです。
見たことのないようなもみじの大木をみることができます。
紅葉の時期に再訪は・・・かなり恐いかな。でも紅葉も見てみたいかも。
d0043390_19555179.jpg

葉っぱの小さなもみじばかりでした。(種類はわかりません)

卑弥呼伝説や古事記や日本書紀の舞台となったらしい、と言われる神山町。
阿波古事記研究会などの活動も活発なようです。
古代史好きさんにとってはかなり魅力的な場所なのでしょう。
私は・・・一番好きな雨乞いの滝やしだれ桜の神山町が大好きなのです。
古事記?よくわかりませんが、少し興味が湧いてきたな。

***
私の知る限りですが、徳島にはもう一カ所、天の岩戸があります。
貞光から剣山へ行く途中、438号線沿い右側に案内板があり、ここを通るたびに行ってみたいと思っていました。駐車スペースがないのでいつも素通りしていたけれど、ウォーキングを兼ねて行ってみましょう!

徳島の山は面白い!ますます好きになってきました。
そして、徳島の山はやっぱり奥が深いね~♪
by tumugihime | 2013-06-09 20:27 | 徳島散歩(山・滝・海) | Trackback | Comments(2)

デ・レイケ公園チューリップ祭り

美馬市脇町のデ・レイケ公園でチューリップが見頃と聞き出かけました。
チューリップ祭りが開催されていました。
d0043390_1956395.jpg

日本とオランダの友好を願って15000本のチューリップが植えられています。
オランダの風車が見えますね。
d0043390_19492235.jpg

デ・レイケ公園はオランダ人技術者「ヨハニス・デ・レイケ」の指導により、明治時代に造られた砂防ダムの隣にある風車のある公園です。


公園の横には、国の登録有形文化財に指定されている『デ・レイケの堰堤』があります。
d0043390_2014916.jpg

シートを広げてお弁当を食べてるグループがいたり、オカリナ演奏などで賑わっていました。

お目当てのチューリップは満開を過ぎていてちょっと期待外れ(><)
駐車場から公園までの道路沿いに咲く八重桜がきれいでした。
d0043390_2017121.jpg

脇町までの道中、道端の八重桜は今が見頃でした。
徳島の桜はこの八重桜でおしまいですね。また来年会いましょう!

八重桜が終われば、新緑と山藤が美しい季節がやってきますね。
今日の山はフワフワもこもこ。薄緑が美しかったです。

***

脇町着物グループのMちゃんやみつきさんを探してしまいました^^
いつかお弁当持参で、のんびりと堤を散策してみたいな。

デ・レイケ公園のチューリップ 所在地 ・・・徳島県美馬市脇町大字脇町
by tumugihime | 2013-04-14 20:41 | 徳島散歩(山・滝・海) | Trackback | Comments(2)