カテゴリ:関西(生活・美味しい・京都他)( 120 )

憧れのミナペルホネン京都店へ行った


minä perhonen(ミナペルホネン)京都店です。
うわさ通りの素敵な建物でした。

d0043390_19572455.jpg

「寿ビルディング」は1927年の建築で石造りのレトロな建物です。

さてドキドキのminä perhonen(ミナペルホネン)店内へ。

d0043390_21062661.jpg


四つ葉のクローバーのドアを開けて一歩足を踏み入れると・・・

d0043390_20040071.jpg


わぁ~~ 皆川明ワールドが!!

たぶんパリコレにも参加しているのだったかな?

日本伝統の織物、刺繍やプリントの技術を活かしたテキスタイル(布)と、物語性のあるデザインとの調和が、独特の世界を築いている。肌に優しい素材、リラックス感のあるシルエット、クラフト感のある刺繍やオリジナルのレース、テキスタイルが特徴で、特にオリジナルの図案によるテキスタイルが人気を得ている。これらの生地は当初より自ら生地産地に赴き、独自に作られたものであり、色や絵柄、素材の違いを含めた展開は600種を超える。国内外の生地産地と連携し、素材や技術の開発にも注力する。(ウィキペディアより)

1F・3F・4Fが店舗になっています。
グルグル階段を上がっていくと、何階なのかわからなくなってしまった。
アーカイブの部屋では見たことある洋服やバッグが。

d0043390_22230048.jpg


試着室のカーテンも素敵!さすがだわ。

子供服の蝶柄ワンピースが可愛いかったな~
よだれかけやファーストシューズも♥♥♥

こちらは椅子、クッション、食器などの雑貨がずらりと並んでいます。

d0043390_21041490.jpg
d0043390_21045339.jpg

残り布を利用したバッジやパッチワークバッグなどが並び、それぞれ存在感あり。
残った小さな布も大切に使い、新しい形のものになっているのです。
これがミナペルホネンなんだな。

ミナは私、ペルホネンとは蝶を意味するフィンランドの言葉。
フィンランドのライフスタイルやカルチャーに共鳴して付けられたそうです。

流行にとらわれない、色褪せないモノ作りを目指しているのですね。
何年でも使うことができる洋服や雑貨たち。
古くなったら修理していただけるそうですよ。


by tumugihime | 2017-10-19 22:17 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(0)

北斎ー富士を越えてー

あべのハルカス美術館へ行きました。

d0043390_21310515.jpg


d0043390_21270158.jpg

北斎の晩年30年に焦点を当て、肉筆画66点を中心に版画91点など、世界中から集めた200点の作品が一挙公開されています。
夕方5時頃のハルカス美術館は、20人くらいの行列でした。
この時間が一番空いているらしいですよ。
でも館内は、じっくり見る人が多くて、進みません。

北斎の生涯最後の年に描いた作品に、目が釘付けになりました。
富士山の上を天に向かって昇る龍の姿に強く引き付けられたのでした。

あっ❗そうか。
それで北斎ー富士を越えてーなのか。

また新しい北斎に出会えたな。

大英博物館 国際共同プロジェクト 北斎展。
11月19日まで開催されます。

by tumugihime | 2017-10-17 22:55 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(0)

フランソワ喫茶室

20年ぶりくらいかな~
久しぶりの京都フランソワ喫茶室でした。

昔と少しも変わらない、クラシックが流れる店内。
喫茶室って感じでしょ。カフェじゃありません。
d0043390_21145117.jpg

ステンドグラス、椅子もレトロ。隣の席が空いてたので急いでパチリ。
すぐにお一人さま女子が入ってきました。

夜の9時半くらいだったけど、ほぼ満席の店内でした。
入り口横の席につき、ほっと一息。
いいな~落ち着くな。スタバにしなくてよかった^^

レースの花瓶敷きもレトロだな。
d0043390_2228027.jpg

見たことあるお花だけど名前がわからない(><)

私はブラックをオーダー。姉はクリーム入りにしました。(600円くらいだったかな?)
d0043390_21102661.jpg

断然クリーム入りが美味しいです(><)
わたし、ガツンとブラックコーヒーが飲みたい気分だったの。

お隣の方のケーキセット、おいしそうだったな。
次回は絶対ケーキセットにしなきゃ。
夜の9時半にケーキなんてありえないしね。

昔々よく通ったフランソワ喫茶室。
昔とちっとも変っていなくて、若き日にタイムスリップしたような・・・
懐かしくて不思議な感覚でした。


私たちくらいのシニアから若い男女まで、年齢は様々でした。
この様子だと、昼間はもっと混んでるのでしょうね。
順番待ちのフランソワ喫茶室?ありえないわ。



なんでこんなに遅い時間に京都へ?

最終日の、錦市場のライトアップ若冲を楽しんだのでした。
何とか間に合いました♪

スマホでは上手く撮れません。
d0043390_21535130.jpg

大勢の観光客と一緒にライトアップされた若冲の世界を堪能しました。
d0043390_21562919.jpg

気に入った作品前で記念撮影されてる方多数。
d0043390_1331415.jpg

私たちはブラブラお散歩気分♪

50点くらいある若冲作品が夜の錦市場を彩っていました。
錦市場のナイトミュージアム、行ってよかったな。
by tumugihime | 2016-11-05 22:26 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(2)

第68回・正倉院展

今年も行ってまいりました、正倉院展!
奈良県庁駐車場に車を止めて、5,6分歩きます。
駐車料金が2時間無料なのです。
駐車場を探していたら、親切なガードマンさんに教えていただきました。
d0043390_21152280.jpg

31日(月)9時頃の正倉院展は待ち時間なし^^v
ロビーも階段もスイスイ。

***
今年の正倉院展には、北倉(ほくそう)10件、中倉(ちゅうそう)29件、南倉(なんそう)22件、聖語蔵(しょうごぞう)3件の、合わせて64件の宝物が出陳されてます。そのうち初出陳は9件です。HPより
***

いつも人が多すぎて、近づくことができない中央のガラスケース前も、細部までしっかり観ることができました。

ペルシャ風の優美な水差し「漆胡瓶(しっこへい)」や柳小物入れ、鏡、ガラス飾りの鈴・・・

聖武天皇一周忌斎会(さいえ)で懸吊された大幡(だいばん)残欠はパッチワークのように見えました。きれいに残っているものです。
装飾性豊かな器物類など・・・驚きの連続でした。

ゆっくりじっくりと見る事ができ大満足!
来てよかったね~と何度も繰り返した姉妹でした。

帰りの入場口やチケット売り場は・・・並んでましたわ~

<並びたくない方は>

☆開館前に行く(私は9時頃に行きましたが、土日はもう少し早く行く方がいいかも)

☆閉館1時間半前から入ることができるレイトチケットが使える少し前に入る。

夕方、団体客が帰った頃、レイトチケット待ちの行列を横目に入る。
チケットは普通料金だけど、ゆっくり鑑賞できますよ。

紅葉はまだまだでした。
d0043390_2118953.jpg

第66回・正倉院展の記事はこちら




車をならまちに走らせて・・・コインパーキングに駐車。

ならまち 風の栖(かぜのすみか)へ♥

大人の洋服、”風のよそおい展”開催中です。
毎日が少しワクワクするような、そんな気持ちになれる
新しいオリジナルのお洋服が出来ました。
女性らしく柔らかいシルエットのブラウス、
ついつい動き出したくなる心地よいパンツやスカート、
着回しが楽しい薄手のコート…

素敵な洋服に出合うことができますよ。


NAOTOの靴は、すぐ近くの新店舗で見ることができます。
ピッタリの靴が見つからない靴難民の方、お助け靴がずらりと揃っていますよ。

因みに、外反母趾の姉はNAOTOの靴でヨーロッパ旅行に行きました。10年くらい前かな。
10日間、心地いい靴のおかげで、ヨーロッパを楽しむことができた姉でした。

奈良に行ったのは紫陽花の6月以来でした。
紅葉の奈良も素敵ですよね。
見どころ満載な奈良です。


***
だんなさま、ドイツとイタリア出張から無事に帰ってきました。
私の関西出張も終了!
たくさん歩きましたよ。(平均15000歩以上)
今日からいつもの暮らしが始まりました。
歩かなきゃ~!
by tumugihime | 2016-11-02 22:08 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(2)

てるてる家族が面白い

毎朝楽しみのしている、連続テレビ小説「てるてる家族」。
初回放送が2003年だから13年も前だったのですね。
13年前ね~私何してたのかな?

毎回の昭和歌謡もつい一緒に歌ってしまう。

これが楽しいの!

今朝は・・・明日がある~あしたがある~明日があるさ~~♪

最近の歌は全然覚えられないけど、昔の歌は何故か歌えます。
いいねぇ、昭和の歌。
ドラマは戦後から昭和40年頃の池田市を舞台にしているそうですね。



4月に行った池田市の”パティスリーハレ”のケーキ美味しかったな。
d0043390_8235291.jpg

小さなお店だけど、ひっきりなしに客が入ってきます。
孫リクエストの、くまさんケーキが残り2つになってしまい、急いでオーダーしました^^
d0043390_826405.jpg

狭い店内です。譲り合いながらあれこれチョイス。
d0043390_8303788.jpg

クッキーも美味しかった!
d0043390_8315189.jpg

パティスリーハレは決して華やかさはない外観です。
ていうか、ケーキやさんとは思えない入り口です。
しかし~店内に一歩足を踏み入れると、幸せな気分になるお店です。


***
この日曜日、初めてCDレンタルに挑戦しました。
ドキドキ店内は、DVDが主流なのかな?
DVDの使い方がわからない私なのです。

初CDレンタルは、やっぱりわからなくてお店の方に教えていただきました。
ポンタカードで簡単に借りることができます。
二泊三日と一週間レンタル合計6枚も借りてしまった(^^♪
セカオワずっと聞いてます。優しくていいですよ。
by tumugihime | 2016-06-29 16:24 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(0)

法隆寺 大宝蔵院~東院伽藍

奈良へ行ったのは、10日も前のことだけど・・・
備忘録で残しておかなきゃ。もうすでに感動が薄れてるわ^^;

西院伽藍から大宝蔵院へ行きました。
途中、聖霊院(しょうりょういん)・鎌倉時代の前を通ります。
d0043390_2130079.jpg

聖徳太子の尊像を安置するための建物です。

隣の僧侶の住居、僧房を見て。
大宝蔵院へ向かいます。
手前に食堂(じきどう)・奈良時代や細殿(ほそどの)平安時代があります。
d0043390_21523166.jpg

大宝蔵院で三枚つづりの拝観券の2枚目を使います。
d0043390_21494847.jpg

平成10年に落成した、百済観音堂を中心とする大宝蔵院です。
d0043390_215839.jpg

建物内は、白鳳時代、飛鳥時代などの、我が国を代表する宝物類が多数展示されています。
法隆寺の貴重な宝物に、ため息、感嘆・・・これは見ごたえありました。

カンカン照りの境内を、歩いて東院伽藍へ。遠かった~(><)
ここで三枚目の拝観券を使います。

聖徳太子を供養するために建てられた「夢殿」です。
d0043390_22221486.jpg

神秘溢れる法隆寺でした。
法隆寺がこんなに広大だったとは!

案内図の矢印通りに歩きましたが、ゆっくり回ると丸一日かかりそうです。



西院伽藍の休憩所で一休みした私たち。
休憩所で修学旅行の男子高校生が横になっていました。
熱中症だったのかな。先生たちが心配そうに付き添っていました。
ちょっと起き上がれない様子。

当日の奈良は30度くらいあったと思います。
とにかく暑くて暑くて(><)
水分補給しながら歩きましたよ。

矢田寺の帰りに、何となく懐かしくて行ってみた法隆寺でした。
あまり感動しない?だんなさまも「スゴイ!」を連発していました^^
ますます奈良に魅せられた私です。

いつかもう一度行く機会があれば、ボランティアガイドさんと一緒に歩いてみたいと思いました。
今回はさらっと流す程度だったので、ちょっと残念でした。
気候のいい紅葉の時期がいいかな。
by tumugihime | 2016-06-28 23:07 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(0)

法隆寺

たぶん50年ぶりかな?
中学校の社会科の校外学習で行ったような気がします。
法隆寺の玄関、南大門の向こうに五重塔が見えますね。
d0043390_2104527.jpg

中門は現在修復工事中です。テントですっぽりと覆われていました。
法隆寺は日本で初めて世界文化遺産に登録されたのだそうです。
d0043390_2161790.jpg


五重塔だ~!! (西院伽藍)
d0043390_2111086.jpg
威風堂々!!
日本最古の五重塔です。圧倒されました。
重厚な雰囲気に包まれ、1400年の歴史を感じます。

廻廊では、大勢の修学旅行生が熱心に説明を聞いていました。
d0043390_21145253.jpg

修学旅行生と一緒に隣にある大講堂へ入ります。

大講堂から見た五重塔。
左に金堂(こんどう)が見えます。
d0043390_21202782.jpg

存在感ありますね、金堂(飛鳥時代)。法隆寺のご本尊を安置する聖なる殿堂です。
d0043390_21314652.jpg

廻廊から金堂に向かって左側に上り龍。
d0043390_21354287.jpg

右側に下り龍が見えました。ガイドさんの話を盗み見聞き^^
d0043390_21363074.jpg

金堂の中に入ることはできません。
外から覗くだけです。
d0043390_2212117.jpg

境内は言葉では表現できない飛鳥時代の神秘が漂っています。
d0043390_2146162.jpg


現存する世界最古の木造建築群、西院伽藍を出て大宝蔵院へ向かいました。
by tumugihime | 2016-06-20 22:13 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(2)

矢田寺のあじさい

奈良のあじさい寺”矢田寺”へ行きました。
関西あじさいランキングは、ずっと一位だったんだけど、今もそうなのかな?

「矢田のお地蔵さん」で親しまれている矢田寺(矢田山・金剛山寺)です。
d0043390_20435474.jpg


あじさい広場からGO!
d0043390_2050321.jpg

d0043390_20542198.jpg

両側からドサ~ッと迫るあじさいの小径が続きます。一万本もあるそうですよ。
d0043390_2056148.jpg

ピーク時、この小道はズラッと渋滞するようです。
d0043390_20594432.jpg

開園直後だったので、ゆっくり散策する事ができました。

谷川のような場所もあり、滑りやすいので注意!
d0043390_21105982.jpg

Monetのウォーキングシューズにヨーガンレールのダボダボ麻綿パンツで快適コーデ♪
芥子色カットソーと白のはおりもヨーガンレールでした。
斜面を上ったり下ったり・・・いい運動になりますよ^^
d0043390_2145021.jpg

やっぱりブルーが好き♥
d0043390_20583939.jpg

1時間以上いたかな。
特別珍しいあじさいは無いけれど、手入れが行き届いています。

あじさい園を出てお参りしました。
d0043390_21263310.jpg

矢田寺はお地蔵さま発祥の地なのですって。

押し寄せて来る大勢のツアー客などに圧倒された帰り道。(11時頃)
d0043390_21393238.jpg


60種1万株、今が見頃のきれいなあじさいを堪能しました。
猛暑の中のあじさい園散策でしたが、しおれることもなく、いい状態で観る事ができました。
これからお出掛けになる方は、午前中がお勧めです。
曇りの日なら最高だと思いますよ。

沙羅の花が咲き、沢山の蕾を付けていました。
d0043390_224269.jpg

by tumugihime | 2016-06-19 22:10 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(5)

ぶらぶら京都

京都、伊藤久右衛門の宇治抹茶あんみつです。
d0043390_2037172.jpg

無性に食べたくなり、お取り寄せしました。
伊藤久右衛門宇治本店にはなかなか行けません。
茶房でいただく抹茶スイーツ・・・ああぁーー食べたい!!

お友達ご夫妻と三人で、三室戸寺の帰りに立ち寄ったのは何年前かな?
見事な紫陽花でした。三室戸寺ねぇ~しばらく行ってないな。
紫陽花はこれからですね。



京都から帰って、もう1週間になるのですね。
残しておきたい画像を少しだけ。

平安神宮から細見美術館へ。
d0043390_20553193.jpg

どこを歩いても絵になります。

烏丸御池で見つけました。
d0043390_21213988.jpg

京都は歩けば何かに出合いますね。

同じく烏丸御池の「しまだいギャラリー」


d0043390_21295158.jpg


ギャラリーの中でこんな方にお会いしました。
d0043390_2134040.jpg

燐ショップ、デザイナーさんです。いつもカッコイイです♥
昨年の記事はこちら


しまだいギャラリーの中は・・・やっぱりコンコンと井戸水が湧き出ていました。

烏丸御池から錦市場~寺町~河原町とあてもなくブラブラお散歩。
疲れたらちょっと休憩。
そしてまたブラブラ。
当日の京都は観光客が少なくて・・・どうなってたのかしら。

私、家の近くでのウォーキングは好きじゃないです。
ただ歩くだけっていうのが嫌なのです。

京都はどこを歩いても楽しいな。
次は細見美術館「若冲展」にでも行きましょうか!
by tumugihime | 2016-06-08 23:13 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(4)

大極殿栖園の琥珀流しでホッと一息

京都散歩の途中、大極殿栖園(だいごくでん・せいえん)で一休み。
京都文化博物館近くにあり、以前から入ってみたかったお店でした。

琥珀流しとミニわらびもちセット(1050円)
d0043390_10534653.jpg

”琥珀流し”と決めていたけれど、両隣を見回してセットにしました。
「美味しいおいしい」って声が聞こえてきたのですもの(*^-^*)
多いかなと思ったけれど、ペロリといただきました♪

月替わりの琥珀流し、6月は梅でした。
とろとろぷるんぷるん寒天に、梅酒入りオリジナル蜜をかけていただきます。

子供の頃によく食べた寒天は、硬いイメージでしたが・・・
琥珀流しは、口の中で寒天がとろ~りくずれて、冷たくて。
その味と食感は秀逸なのです。

全種類制覇してみたいな、琥珀流し。ネーミングもいいね。

明治18年創業の店舗は、六角通沿いにあり、大きな暖簾が目を引きます。
d0043390_1140333.jpg


築140年の町家には、季節の京菓子が並んでいます。
有名な春庭良(カステラ)もありました。この漢字、カステラとは読めませんね。
d0043390_1143622.jpg

店舗奥に甘味処”栖園”があります。
私が入った3時頃は、5、6組ほどの人たちが待っていました。
2,30分待ちでした。一人だから気ままに待てます。美味しそうでしょ♪
d0043390_113617100.jpg

坪庭を見ながら一人スイーツタイム。
d0043390_11462853.jpg

至福のひと時でした。

だんなさまが出張だったので自由時間ができました。
いつも自由時間って?
いえいえ普段はちゃんと主婦してますから^^

***

住所:京都市中京区六角通高倉東入ル南側
TEL:075-221-3311
営業時間:10時〜17時 ( 和菓子販売は9時〜19時 )
定休日:水曜
by tumugihime | 2016-06-04 09:17 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(4)