2017年 07月 31日 ( 1 )

アルチンボルド展(国立西洋美術館)

お友達と上野、国立西洋美術館で待ち合わせ。
アルチンボルド展に誘ってもらったのでした。
d0043390_00262180.jpg
アルチンボルド?へぇ~どんなん??
私知らなかったのです。

そして、上野公園内の国立西洋美術館も初めてでした。
ル・コルビュジエ設計ってことくらいは知っていましたが、世界遺産なんですね。
d0043390_01345599.jpg
”さぁ、謎解きの世界へ”チケットにかかれています。
謎解き?


さて、音声ガイドを付けてもらってアルチンボルド展へ。

代表作、四季は・・・驚きの連続でしたよ。

お花で飾られた春の顔は、80種ものお花が使われています。
小田巻のピアスが印象的。若さあふれる春の横顔でした。

夏の顔はみずみずしいズッキーニなどの野菜や果物。

秋は葡萄や酒樽。

冬は枯木で描かれた老人の顔です。
どんどん引き込まれていきました。衝撃でした。
イニシャルが隠されていますが、深い意味があるらしい。

「水」は顔全部が水に関する生き物で描かれています。
魚がほとんどだけど珍獣やサンゴや真珠も。
水と冬はペアになるようでした。

絵をさかさまにすると、全く違う完璧な絵になったり・・・天才的です。
不気味で変な絵だったり・・・
驚きの連続でした。これが謎解きか~
何だか唖然として観終わった感ありでしたわ。

美術館前には本物のロダン!

d0043390_01333151.jpg

お友達が撮ってくれた記念のパチリ♪
d0043390_10091697.jpg

都会の美術館って凄く混んでるイメージだったんだけど、空いてました。
平日だったからかな。
音声ガイドに助けられゆっくり鑑賞することができました。
9月24日(日)まで開催なのでもう一度行ってみたいと思っています。
アルチンボルド展はおすすめです!

アートに詳しいお友達に感謝です。
誘ってくれてありがとう♥


by tumugihime | 2017-07-31 22:53 | 東京転勤(7月から時々東京生活) | Trackback | Comments(0)