八重山日記ー②

二日目は6時半起床、コーヒーだけ飲んで西表島に向かいました。
テラスでいただいたコーヒー、おいしかった~ごちそうさま!

港の駐車場にレンタカーを乗り捨てて・・・
レンタカーは駐車料金100円とキーをダッシュボードに入れてOK!
驚きでしょう~大丈夫なんですよ~平和な島なんですね。

港のチケット売り場は長蛇の列でした。さすが年末ですね。
d0043390_19503724.jpg

石垣港を出港して30分くらいで左手に小浜島が見えます。
夫がマンタもいるよ~と得意げに教えてくれました。
港で買った夫の朝ごはんです。私は軽~いものですませました。
d0043390_19573655.jpg


お弁当を食べ終わると、いよいよ西表島大原港上陸。案外近いです。
予約していたレンタカーに乗って出発!
仲間川を渡って、マングローブの森が続きます。
d0043390_2025075.jpg


窓全開で右に海を見ながらのゆっくりドライブ。
d0043390_22134251.jpg

鏡のような海がキラキラ、どこまでも続きます。対向車ほとんどナシです。

海中道路に入ると「ピナイサーラの滝」が見えます。
しか~~し残念!水量が少なくてはるか彼方にほそーく見えるのみ。
カヌーで行くツアーも予約がいっぱいでダメだったのでした。
d0043390_2012473.jpg


気を取り直して次に目指すは「マリウドゥ」の滝です。

11時半出発の浦内川ジャングルクルーズ遊覧船に乗りました。
d0043390_21152886.jpg


東洋のガラパゴスと称されるほど自然豊かな西表島。
浦内川には、途中たくさんの支流があり、カヌーで探検できるようでした。
マングローブの森の間をクニャクニャ進むと軍艦島到着。
そのまま引き返す人と、上陸する人に分かれます。

迎えの船の時間をしっかり頭にたたきこんで・・・
いよいよ往復2時間弱のトレッキング開始です。

d0043390_20493325.jpg
サキシマスオウの根っこ。

木造船の舵やまな板に使われたそうです。


ジャングル~
d0043390_2051657.jpg


小さな滝?もいくつか。
d0043390_2052426.jpg


日本の滝100選「マリウドゥの滝」到着。
d0043390_2055933.jpg

あまりに遠すぎて・・・迫力感じません。
35年前、夫はここで水遊びしたそうですが・・・
d0043390_20555840.jpg

滑落事故が多いので立入禁止に。残念!本当にザンネンでした!!
d0043390_20592824.jpg


でもジャングルトレッキングは感動ですよ。
d0043390_2111577.jpg

当然だけど徳島の山とはまるで違います。滑るので注意!
d0043390_2131631.jpg


この先10分ほどで「カンピレーの滝」にあえます。こちら→
今日はここまで。
by tumugihime | 2009-01-06 21:17 | 沖縄 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://chamie.exblog.jp/tb/9165301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kurashiki-keiko at 2009-01-08 01:10
まったく、日本は広い! と実感します。
寒いこちらを離れて、亜熱帯ですもんね。
Commented by tumugihime at 2009-01-08 21:24
kurashiki-keiko さん!
これほどまでとは思わなくて半袖2枚しか持って行かなかったのですよ。ウエットスーツ着けないで泳げましたしね。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-03-02 13:52
私、これを見て行きたくなりまして。
3月29日から西表島と小浜島にこのようなオプショナルツアーを含めて3泊で行く事にしました。夫が「どこか行きたいところはないか」と聞いてくれたものですから。ここを見て楽しみにしています。
過去記事の書き込みなので気付いてくれるかな?
Commented by tumugihime at 2009-03-02 22:58
kurashiki-keikoさん!
わ~い!keikoさん、西表島へいかれるんですか~~♪
暑すぎずお花もいっぱいで一番いい時期ですよ。
日焼け止めと長そでシャツ、日よけスカーフ(タオル地などがベスト)は必須ですよ。
それから、西表はエコの島です。ゴミを出さないために、歯ブラシなど持参した方がいいと思います。
いいな~楽しみですね。
ジャングルトレッキングは滑るので気をつけて下さいね~

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 英会話始め 八重山日記ー① >>