今週観た映画2本

火曜日、トラジャさんに誘っていただいて「茶々天涯の貴妃」を観ました。
茶々役は元宝塚男役トップスター「和央(わお)ようか」です。知らなかったです。
でもタカラヅカ~って感じがにじみ出てました。

茶々はほとんど睨みつけてるシーンばかり印象に残ってます。
茶々の一番下の妹小督役の寺島しのぶは、お姉さんか母親役くらい老けて・・・
戦いシーンは怖すぎてほとんど目を瞑ってて・・・
隣の老夫婦は「これは違うよ」とか最後まで大声で話してて・・・歴史の時間じゃないよ~

醍醐の花見シーンは豪華絢爛、それはすごかった!!
茶々が鎧を着けて馬に乗って走る姿はカッコイイけどちょっと違うな~

トラジャさんからいただいた、きんこさんカレンダー。
d0043390_23183557.jpg

素敵なことばとイラストが優しいんです。

そして今日観たのは「不都合な真実」。

主催は地球温暖化を考えるー市民アクション2008-徳島
郷土文化会館は立見が出るくらい大盛況でした。
2007年ノーベル平和賞を与えられたアル・ゴア氏が地球温暖化の危機を訴える活動を描いた映画です。地球の未来はどうなっていくのでしょう。
地球温暖化は人類が共通の目標に向かって共に立ち上がるチャンスでもあると呼びかけています。

入場無料でしたemoticon-0100-smile.gif
でもロビーで募金したので結局、レディースデー2回行けたな~
生協、NPO法人など30以上もの団体の方たちが活動されているようでした。

わたしも普段の生活スタイルをもう一度見直してみましょうemoticon-0148-yes.gif

クリスマスローズ(寒さに負けず次々咲きます)
d0043390_23424277.jpg

by tumugihime | 2008-01-25 23:32 | 日常 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://chamie.exblog.jp/tb/7079370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by neko_pen at 2008-01-26 11:26
映画や舞台などを作る人は、歴史などの考え方や、見る角度の
違いで、異なってしまいますね。そう思うと、原作に忠実に作る
こともまた難しいかもしれません。
そんなとき、私は、人間は千差万別、と思うことにしないと
仕方ないなあ・・・と感じます^^
「不都合な真実」は、TVで見ましたが、「何とかしなくちゃ!
私に出来ることは?」と、もともと単純な私ですから、真剣に
思いました。人間だけでなく、動植物や、地形に異変が
起きているのですから、このままだと人類が滅びるのも
そう遠くない、という気さえします。
それを止めるのは、決して難しいことではなく、一人ひとりの
意識だということも・・・
お花は、そんな危機感も知らず、けなげに寒い中でも咲いて
くれますね。クリスマスローズも。救われる気がします。
Commented by フワフワ at 2008-01-27 11:09 x
寒いときに映画もいいですね!友人に和央ようかのファンで追っかけをしている子がいます。どんな人か興味ありますが 前に見た宝塚の人が主人公で源氏物語を見たとき、やはりタカラズカのイメージが抜けていなくてがっかりしたことがあるので・・・
クリスマスローズ ステキですね私も庭に植えたいと思います!(^^)!
Commented by tumugihime at 2008-01-27 19:18
neko_pen さん!
人間は千差万別・・・本当にその通りですね。

大変なことになっている地球、やはり一人ひとりが真剣に考えなきゃと思います。たくさんの方たちがボランティアで活動なさってて、考えさせられる出来事もありました。
Commented by tumugihime at 2008-01-27 19:30
フワフワさん!
お友達が和央ようかファンですか・・・タカラヅカのことは詳しくないけど、私の知り合いにもヅカファンいますよ。かなりスゴイですよ。
クリスマスローズは心打たれるんです。けなげです・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< あーさんと動物の話 生紬の訪問着 >>