金毘羅歌舞伎

こんぴらさんに行きました。楽しかった~夢のようでした!
金毘羅歌舞伎は明日12日から25日まで開催されますが・・・
今日はお練りがあったのです。
お練りは午後2時、こんぴらさんの参道口「金陵の郷」の「くすのき広場」を出発しました。

d0043390_212548.jpgd0043390_2145992.jpg










参道口は報道陣や観光客でものすごい人でした。ハッピ姿のボランティアも頑張ってました。
人力車に乗り込んだ坂田藤十郎さん登場です。歓声があがりました。
座頭の藤十郎さんは上方歌舞伎の創始者であり祖と言われる坂田藤十郎の大名跡を231年ぶりに襲名されました。
d0043390_2112495.jpg

品良くほれぼれ~~見とれてしまいました。さすがの貫禄です。

私達の目の前を中村かん雀、扇雀さん、片岡孝太郎さん、愛之助さん、中村亀鶴さんが。
それから・・・握手しましたよ~坂東薪車(しんしゃ)さま。
素敵でした~めちゃくちゃハンサムです。

左手で紙吹雪をまきながら右手にデジカメ、握手・・・もう興奮状態です(^0^)
d0043390_21235865.jpg
d0043390_21275884.jpg









お練りが過ぎ去った後の足元は紙吹雪がいっぱい・・・
商店街の人たちはイヤな顔しないでニコニコお掃除されてました(^^)
皆さんで金毘羅歌舞伎を盛り上げていらっしゃいます。紙吹雪も配っていただきました。

お練りの人力車は金陵の郷へ1時間足らずで帰ってきて、みなさんの挨拶がありました。
d0043390_2137545.jpg


セレモニー後は金丸座へ・・・坂道を歩く事20分くらい。ありましたよ、日本最古の芝居小屋。
d0043390_2251537.jpg
d0043390_21472373.jpg









さあ、春爛漫のこんぴらさん、日常を離れ心豊かに金毘羅歌舞伎。
私たちも行きますよ♪ 第23回四国金毘羅歌舞伎大芝居

今日は着物ででかけました。着物友達三人組。

☆藍のこしらへ
  
  珍しい明るめ紬(今年初めて着ました)

  明るい藍色綴れ帯(くすんだ藍色八掛に合わせてみました)

  紺色冠組の帯締め

  浅草みやげ水玉てぬぐいの半衿

d0043390_2283513.jpg

by tumugihime | 2007-04-11 22:17 | 着物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://chamie.exblog.jp/tb/5138266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2007-04-11 23:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by トラジャ at 2007-04-11 23:02 x
そうでした。今日から金毘羅歌舞伎でしたね。さすがお着物で行かれたのですね。藍いろの帯すてきです~私も着物好きのお友達と一度は金毘羅歌舞伎に行ってみたいねと話していますが、いまだ実現できていません来年ぐらいは早くから予定をいれたいものです。
Commented by tumugihime at 2007-04-12 09:08
鍵コメ さま!
でしょう!! 行ってよかったです(^^)
次回はぜひご一緒しましょう。

Commented by tumugihime at 2007-04-12 09:18
トラジャ さま!
天気もよくて最高の一日でしたよ♪
着物の方は私たちを含めて6人見ました。以外と少なかったです。
着物好きには一度は訪れたい場所ですよね~(^^)
藍色帯はあまり出番がありません。紺系帯って意外とむずかしいです。
Commented by CORO助 at 2007-04-12 20:06 x
う~ん、一度は行ってみたいです。
お近くでいいですね。
藤十郎さん扇雀さん、やはり親子(笑)
Commented by tumugihime at 2007-04-13 16:09
CORO助 さま!
お練りを見たのは初めてでした。クセになりそうです(^^)
車で1時間ですからね♪
私たちも同じこと話しながら帰りました。よく似ていらっしゃいました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 神山森林公園 京都の美味しいもの >>