紬好き

着物好きならみなさん憧れる大島紬と結城紬。
大島派と結城派に分かれるようです。

藍は断然大島派です。
軽くてツヤツヤ、サラサラ絹擦れ・・・
ひんやり冷たい感触だから真冬には向かないとおっしゃる方が多いけれど。

袷の時期にかなりの割合で大島に袖を通す私です。
白大島が3枚、泥大島4枚、染め大島2枚持ってるんです。決して自慢じゃありません(笑)

例のごとくいただきものが多いのです。

最近出てきた昔々の大島です。たぶん5マルキでしょう。綴れ帯に、帯揚げは縮緬貝紫染め。
d0043390_23361754.jpg

珍しい色でしょ。絣もT字じゃなくて十字です。証紙がないので産地は判りません。

最近思うのですが、昔の着物や帯などを身に着けるとすごくいい仕事してるな~と思います。
(大量生産されたどうでもいいものも沢山ありますが・・・)それはそれで楽しみますよ。
特に綴れの帯と博多半巾帯は締め心地がまるで違うのです。
呉服屋さん曰く絹が違うらしいとか。
100年たっても着ることができるらしいキモノ。大切にしっかり着てあげましょう!
by tumugihime | 2007-02-16 23:57 | 着物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://chamie.exblog.jp/tb/4758860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by neko_pen at 2007-02-18 23:01
そういえば、息子が生まれてお祝い?ご褒美?に泥大島を
買って貰ったのは25年以上も前でした。
織った方のお名前も入っていて、今思うととてもいいもの
だったのに、自分ではちっとも着ないから、踊りの先生を
なさってる方に差し上げちゃいました・・・
洋服に作り直そうかとさんざん迷った挙句。
Commented by tumugihime at 2007-02-19 19:19
ご褒美に泥大島ですか、すてきですね~(^・^)
最近と違って昔の大島はすごく高額だったようですよ。
作家名入りなら・・・考えただけですごいです!でも踊りの先生なら値打ちもおわかりでしょうし、きっと大切に着ていらっしゃいますよ。
洗い張りすれば三代は着ることができるそうですからキモノで正解だと思いますよ。私も頂き物のキモノはすごく大切に着ますよ。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 花がいっぱい四国村 楽しい一日でした >>