着物の仕立て直し

仕立て直しに出していた着物が出来てきました。み○子さんの着物です。
お母様がよく参観日に着ていらしたものだから残しておきたかったそうです。

かなり古くて汚れててくたびれていた着物がこの通りよみがえりました。
d0043390_19594797.jpg

まず着物を洗い張りに出しました。八掛と胴裏は古くて使えません。
八掛をからし色に変えて胴裏は手持ちの洗い張りしたものを使いました。

み○ちゃんの思い出の着物、来週お披露目予定です。楽しみだ~♪

私は金紗縮緬のアンティーク羽織の袖を取りはずして、そでの裏地を解き洗ってみました。
d0043390_20193946.jpg
ドライ洗剤で洗いましたがアイロンしなくても大丈夫でした。
これでうそつき袖を作るつもりです。

このアンティーク羽織は羽裏が欲しくて神戸の骨董屋さんで買いました。




そうそう・・・袖を取ってしまった羽織は、もちろん着ますよ。
神戸の着物コーディネート教室の遠藤瓔子先生から伝授されましたから。
先生は黒の袖なし羽織をカッコよく着ていらっしゃいました。


着物を取りに行く途中の阿波神社近くで見つけました。満開でいい匂いでした。
d0043390_2046508.jpgd0043390_20474135.jpg










今日から2月が始まりました。
今年もあっという間に過ぎてしまうんでしょうね。
単調な毎日でも深く、丁寧に生活を紡いでいきましょう!
by tumugihime | 2007-02-01 21:00 | 着物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://chamie.exblog.jp/tb/4661663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 家中片付け 淡路夢舞台 >>