三丁目の夕日

以前から見たかった映画。
めちゃくちゃ寒い日だったけれど、思い切って行って来た。

昭和の懐かしい風景や人々の生活に、懐かしさがこみあげてきた。
美しい昭和の美しいお話。
あたたかい暮らしぶり。
今の日本人が忘れてしまっているものがこの映画にはあった。
今もてはやされているセレブなんてどこにもないよ。

特にお母さんたちの着物姿はうれしかったな。
着物に羽織り姿、割烹着姿などなど・・・・
わたしの母も昔はあんな格好でいたよな~
今ではお正月くらいしか、母の着物姿を見ることがない。
寂しいけれど洋服の方が楽だしね・・・・

12月にエキストラで出演した、「バルトの楽園」は、大正時代の話なので、派手な銘仙とか、
刺繍たっぷりの豪華な襟などだったので、今日の着物とは全然違っていた。

それにしても高島礼子さんは素敵だったな。阿部寛さんもかっこよかったけれど・・・
光り輝いてたよ。だからスターなんでしょうけど。
6月公開が楽しみ楽しみ(^^)v
by tumugihime | 2006-02-06 18:14 | 着物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://chamie.exblog.jp/tb/2648029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 空堀 (練)で買い物 雪の京都大原三千院 >>