哲学の道~法然院

哲学の道から少し離れただけなのに、こんな静寂が。

d0043390_18013516.jpg
茅葺き屋根の山門をくぐると・・・

d0043390_18020413.jpg
盛り砂、白砂壇(びゃくさだん)で心身を清めて進みます。

モミジとイチョウが描かれています。

d0043390_18021723.jpg

晩秋の静謐。

銀閣寺をやめて、こちらにしてよかった。
d0043390_18290375.jpg


苔むした茅葺屋根の山門が額縁の絵のようででした。

駆け足で立ち寄ったので、本堂には入れず。

40年ぶりの法然院は、境内を一回りしただけでした。
哲学の道は何度も歩いていたんだけど・・・

新緑の頃もう一度訪れたいな。

緩やかな静かな時間が流れていますよ。



by tumugihime | 2017-12-05 22:00 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://chamie.exblog.jp/tb/26202948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 山科 毘沙門堂~双林院(山科聖天) 喧騒の永観堂 >>