正絹の半衿を洗ってみた

今週の着物会の帯は先月のリベンジです。
それに合わせて着物を選んで、帯揚げ帯締めをササッと決めて・・・

半衿どうしようかな~?
梅の刺繍を出してみました。
そうだ、お友達が梅の刺繍半衿と言ってたな。

それじゃ私は、桜と牡丹だ^^
d0043390_2153859.jpg

半衿を出してみたら、うっすらと衿汚れがあります。
そのままでは気持ち悪いので、自分で洗ってみることにしました。

洗面器に水を張り(お湯はダメです)アクロンを入れ溶かします。
半衿を5,6分浸しておき、汚れ部分を軽くつまみ洗いします。
次に全体を押し洗い。(ゴシゴシこすらないこと)
2,3回すすいだら洗濯完了!

半衿をたたみ、乾いたタオルで挟んで水けを取り、少しだけ陰干し。
(絶対に絞らない事)

半乾きの状態で、中温で当て布してアイロンをかけます。
一年前の汚れがきれいに落ちました。

八幡浜呉服屋さんKさんから、自分で洗えますよと聞き、それ以来洗っています。
高額な刺繍半衿は、どうなのかな?専門店に出した方が安心かな?。
私はお手頃半衿しか持っていませんので^^
お手頃と言っても、正絹ですからね、肌になじみますよ。
d0043390_21522033.jpg

長襦袢はお嫁入りに持ってきたものです。
しなやかで着やすくて、最近の物とは絹が違う気がします。
この長襦袢を付けると、やさしく包まれている感じなのです。

さて、これで着物会の準備は完璧!
いつもバタバタと前日に決めるんだけど、前回の着物会のような失敗はしません。
慌てずゆったり準備します^^v

***
今日、よしみちゃんが着物のお稽古にやってきました。
よしみちゃんの長襦袢もお嫁入りの物でした。
「古いけど手触りがよくて着やすくて強いの」と言います。
最近、呉服屋さんで誂えた長襦袢が、すぐに破れそうになったのだとか。

やっぱりねぇ~私も経験ありです。
昔の絹はぽってりしなやかで強いです。純国産だからかな?
40年以上も前の長襦袢だけど、まだまだ現役でいけそうです。
大切にしなきゃね。
by tumugihime | 2017-02-22 22:40 | 着物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://chamie.exblog.jp/tb/23875640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kurashiki-keiko at 2017-02-24 00:24
長じゅばんの布が、そうですか。
恥をさらしますが、結婚式に持参した私の長じゅばん、ぽつぽつと黒いしみがありまして。
虫干ししなかったのでカビがきていたみたいでした。
着付けをしてもらったのでとても恥ずかしかったです。
やはり日頃から丁寧に着て、管理もきちんとしている藍さんには着物への愛を感じます。
Commented by tumugihime at 2017-02-26 20:21
keikoさん!
長襦袢にカビが?そうですね、そんな方が多いのではないでしょうか。
昔の長襦袢は、しなやかでいいものなので、これからでもお手入れできると思いますよ。
信頼できるお店に、染み抜きに出してみませんか?そのままではもったいないです。
私、大昔の白い帯の染み抜きをお願いしたのですが、きれいに落ちたようなのですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 第8回・着物でランチ① 上勝町に現れたおしゃれな空間で... >>