下駄は浴衣の時だけの履物じゃないよ

今年、下駄を新調したので履きたいのだけれど、下駄は夏の物なの?
来年夏まで履くことができないの?とおっしゃる方がいました。

いえいえ、足袋を履けば、紬などのおしゃれ着にカッコいいですよ。
私は真冬でも紬着て、別珍の色足袋に下駄でよく出かけました。

随分前の事ですけどね。
あの頃は柄襟に紬で気楽~なお出かけをしたものです。

着物会に出席するようになって、気楽なお出掛けは、めっきり少なくなってしまいました。
寒い季節のお出掛けに、着物は温かくて最高なのですけどねぇ~
今年の冬はもう少し着物着ようかな。



下駄好きさんと言えば、故シューズデザイナー高田喜佐さんを思い出します。
草履よりはるかに多くて、50足以上も下駄をお持ちでした。
d0043390_20482613.jpg

飛騨高山、春慶塗りの駒下駄の鼻緒は白い革です。
憧れの喜佐さんの真似っこして、私の鼻緒も白が多いのです。

大きな格子の単衣紬に唐草模様の帯は、柄×柄です。
d0043390_21563286.jpg

柄の着物に無地の帯、無地の着物に柄の帯はスッキリ無難ですね。
失敗してもいいから、あえて柄×柄をコーディネートするのが喜佐さん流。
だから私も、真似っこして柄×柄を楽しんでいます。

2006年2月に64歳で亡くなった高田喜佐さん。
私がブログを始めた頃でした。たぶんこのブログにもこの事を書いた気がします。

上の写真は、2006年1月発行のNHKおしゃれ工房からのものです。
発行後、そしてテレビ出演直後に亡くなられたのでした。
随分お痩せになったなと思ったのだけれど、まさかまさかの出来事でした。

私も来年は64歳。
毎日ボンヤリ生きてるわ(><)
着物と洋服が共存する暮らし・・・実現するのは夫の定年後だな。
by tumugihime | 2015-09-07 22:30 | 着物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://chamie.exblog.jp/tb/22124905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sorutan at 2015-09-08 20:44 x
白い革の鼻緒、素敵ですね~。
そして柄on柄、初心者にはまだまだ難しいですが少しづつ挑戦してみようと思います。
ずいぶんと涼しくなってきましたね。今月の着物会楽しみです。
Commented by tumugihime at 2015-09-08 22:31
sorutan さん!
素敵でしょ、同じ革の鼻緒を京都で見つけた時はうれしかったですよ。
sorutan さんらしい、粋な柄on柄コーデ、楽しみです(*^。^*)
涼しくなりましたね。着物会楽しみましょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 美味しいね、秋の食卓 レース足袋を履く時期は? >>