木賊色の大島着ました

今回の着物会はテーマ無しでした。
4年目に入る着物会です。
着物初心者だった皆さんも、なかなかデキル人になってきましたよね。
そして私も沢山の情報をいただきました。

これからはテーマを決めなくて「自由に楽しむ着物」で遊んでみませんか?
季節を取り入れることは当然だけど、今の気分を着物で表現できたら面白いのでは?
難しく考えないで、着たいものを着る・・・それでハッピーになれたらいいですね。



最近、江戸風俗研究家の故杉浦日向子さんの着物姿をよく思い出します。
NHKの「コメディお江戸でござる」にレギュラー出演して、江戸の生活や文化をわかりやすく語る姿が大好きでした。
大島をサラッと着て、可愛らしい語り口・・・今でも強烈に残っています。

よそ行きキメキメ着物じゃなく、着物でちょっとそこまで・・・みたいな杉浦日向子さんのような着方が気になります。



本日の着物は、最初に梅刺繍の半襟を決めました。
薄緑系半襟に迷わず合わせたのは木賊色大島。
d0043390_22372883.jpg

この古い大島、松竹梅模様が織り込まれた凝ったものです。
しなやかでコシがあり、着やすくて大好きな大島です。

帯まわり・・・椿型染塩瀬名古屋帯に梅柄飛び絞り帯揚げ。
d0043390_22453564.jpg

帯留めは、椿の枝に遊ぶ雀。根付も雀。福良すずめ大好き!
真田紐の帯締めは、抹茶茶碗が入っていた桐箱を結んでいたもの。色合いがちょうどいいので使ってみたら、しっかりいい感じに結べました^^

<木賊色の着物を選んだもう一つの理由>

先日のテーブルコーディネートフェスティバルで、木賊を使っているシーンをたくさん見ました。
和のイメージだけど洋にも合うのですね。
d0043390_2342817.jpg

なるほどね。
d0043390_237385.jpg

まだまだあったんだけど、画像が見つかりません。

我が家の木賊も工夫して飾ってあげましょう!

木賊色?のおやつ。
d0043390_23153331.jpg

京都、伊藤久右衛門の宇治抹茶あんみつです。
年に数回、無性に食べたくなる抹茶あんみつ。
二日連続食べちゃった。今日が賞味期限だからね( ^)o(^ )
by tumugihime | 2015-02-13 23:24 | 着物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://chamie.exblog.jp/tb/21555478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by グリーン at 2015-02-14 12:40 x
真田紐の帯締めには、びっくりしました。また色もぴったりで素晴らしいです。
ひよっとしたら、我が家にも真田紐がどこかに眠っているかも。
英ネル、みの虫のバック等、昔懐かしい物を見せて頂いて
楽しかったです。


Commented by tumugihime at 2015-02-14 21:40
グリーンさん!
真田紐、きっとどこかにありますよ。
帯締めが決まらなくて何となく手に取った真田紐がいい感じだったので使ってみました。
しっかりして手使いやすかったですよ。
こんな遊びができるのも普段着着物ならではですね。
Commented by Mirute at 2015-02-15 21:05 x
トクサは子供のころ住んでいた金沢の家の庭にあり、懐かしく思い出しました!
木賊と書くんですね。色の名前の本を買ったばかりで見つけて嬉しくなりました。
Commented by tumugihime at 2015-02-15 21:45
Miruteさん!
金沢のお家にありましたか、木賊!懐かしいですよね。
我が家に沢山ありますが、テーブルコーディネートであんなに素敵になるとは・・・ちょっと木賊を見直しました。
木賊は着物や帯の柄に昔から使われていますね。強い植物だからかな?色の名前の本、私も何冊か持ってますよ。日本の伝統色の名前、素敵ですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 織りの着物に染めの帯 第36回・着物会 >>