迷い迷いやっと辿りついたのは・・・

着物好きなら一本は持っているでしょう。

道明の帯締め!!

東京オフ会解散後、思い切って上野まで行ってみることにしました。
プリントアウトした道明の地図を片手にJR上野駅に着いたものの・・・
一体どちらへ進んでいいのやら???

交番や呉服屋さんで教えてもらいやっと見つけた道明ののれん。
思っていたような静かな場所ではなくて、飲み屋街の一角にありました。

さて上野池之端仲町、有職組紐司「道明」店内です。
d0043390_2224166.jpg

ずらりと並んだ見事な帯締めの数々(^^♪
冠組の見事なグラデーション。

一月に届いた、笹浪組の帯締め見本を持って行きました。
薄緑系と薄紫ねず系のどちらにしようか迷っていたのです。
d0043390_2255816.jpg


優柔不断な私、お店の方から気長にアドバイスしていただきました。
お茶とお菓子をいただきながら、藍染めの話をしたり・・・
d0043390_22243846.jpg

後から入っていらした、若い美しい方とお話ししたり・・・
敷居が高そうと思っていたけれど、居心地よかったですよ^^

↓水色に銀の縁取りの「水鏡」に魅かれたんだけど、よそ行き感が強いので却下。
d0043390_22162057.jpg

毎月届く写真で見るものと違い、それは美しい帯締めの数々。
来てよかった~としみじみ思った私。
すべて手染め手組みで、職人さんの技をじわじわ感じます。

やっと選んだ笹浪組です。(21000円)
d0043390_22411345.jpg

はっきりした色じゃないけれど、夏の紅型帯にきっと合うはず。
一度締めたら決して緩まない道明の帯締め。
東京オフ会記念の笹浪組、特別な日におろしましょう♪

***
道明では自分色に染めていただけるそうですよ。
冠組や笹浪組など単色であれば、同じ値段でお誂えできるなんて素敵でしょ。
いつか挑戦してみたいですね、自分色の帯締め。
後からいらした美人さん、素敵な色に染まった笹浪組に大満足の様子でした。

歌舞伎座で買い求めた、絵てぬぐいです。
d0043390_233886.jpg

by tumugihime | 2015-02-03 23:05 | 着物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://chamie.exblog.jp/tb/21529318
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by larosebleue at 2015-02-04 08:47
一人で東京ぶらり散策。。
楽しそうで、いろいろ発見できて良かったですね。
大人一人歩きっていう感じで、好きなお店に好きなだけ、
自由行動~いいですね~
お目当てのもの(まあ上等のお品ですね!)も見つかり、
充実していましたね。
(時々、下の画像の方に出ている薔薇の帯が気になって
 仕方ない私でした…笑)素敵です❤
Commented by syuwacchi-tonton at 2015-02-04 09:54
おぉ~~!素晴らしい眺めですね~~♥
ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゚☆。.::・'゚★。.::・'゚☆。ワーイ!!

道明さんのお菓子は、まさに黄門様の印籠のように見えます!!思わず平伏しちゃいますわ~!

小心者のわっちは、決して敷居をまたぐ勇気は持ち合わせることはありません。(キッパリ!)
なので、後から入ってらした美しい若い方って、わっちじゃありませんよ。・・・なんちゃって~♪
こうやって拝見できて 良かったです♪
Commented by tumugihime at 2015-02-04 20:05
laroseさん!
最初は緊張の連続だったのですが、次回はたぶん大丈夫!
大人の東京散歩、また行きたいです。
薔薇帯ですか、五月の薔薇の季節に締めますよ。ありがとうございます。
Commented by tumugihime at 2015-02-04 20:18
しゃわっちさん!
素晴らしいでしょ。パラダイスでした~♪
お店の方、帯締めパチリを快諾していただきましたよ。
店名入りのお菓子が黄門さまの印籠ですか!しゅわっちさんに座布団5枚^^
小心者ですと?あなたが?
「お干菓子お代わり~」なんてまさか言いませんよね(´艸`*)
Commented by 桜子 at 2015-02-06 11:17 x
色とりどりの帯締めに目移りしてしまいますね~
素敵な笹浪組、また見せて下さいね(^-^)
Commented by tumugihime at 2015-02-07 22:08
桜子さん!
素敵でしょ!
お店で見る帯締めたちはもっと素敵ですよ。
いつか見てくださいね^^

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 真っ赤な薔薇に感謝をこめて お江戸日記 >>