つるぎ町・天の岩戸

国道438号線を剣山に向かって行く途中、いつも気になっていた看板です。
d0043390_22243964.jpg

一時間くらいで天の岩戸に行けると聞き、行ってみることにしました。
新緑の美しい渓谷を渡り・・・ここからが修行の始まりでした。
d0043390_22262444.jpg

モノレールに沿って杉林を歩きました。
しばらくしてモノレールと別れると、案内板と赤いリボンが頼りでした。
d0043390_22301033.jpg

もはや道とは言えない・・・岩場や林を歩きました。
急こう配でキツイ~
d0043390_22374853.jpg

一時間かかりましたがまだ半分。もう引き返せない!進むしかないよ(涙)
d0043390_22342772.jpg

鬼の岩戸を過ぎて、道なき道?を歩きます。
一歩足を踏み外すとがけ下に転がり落ちます。ブルブル(><)

2時間かかって鳥居着。このずっと下の林の中に古い鳥居がありました。
d0043390_22413212.jpg

鳥居前にきれいに整備された道路ができていました。
なーんだ車だったらあっという間だったのですね。

石段を登ったら本殿?覗くと神楽の道具?がありました。
d0043390_2243647.jpg

裏の建物は趣あります。
d0043390_22432693.jpg

さらに150m奥ですって!ヘトヘトだよ~
d0043390_22443693.jpg

石灯篭横を上ったら見えてきました。
この急な石段を登り切ったら天の岩戸です。
d0043390_22511323.jpg

これですか~
d0043390_22485173.jpg

奥行9m、巾1mらしい。よく見えないわ。
d0043390_22575922.jpg

このあたりもかなり危険です。
d0043390_2304667.jpg

神楽を奏した神楽石は45㎡もあります。(下をのぞくと、足がすくみます)
d0043390_2321038.jpg


一休みしたら、もと来た道を引き返しました。
下りは楽だけれど、道に迷いそうで怖かったです。
もし行かれる方は方位磁石を持って行けば安心ですね。

往復3時間の天の岩戸までの山歩きは、アップダウンがきつくて体力消耗しました。
足を踏み外すとどこまで転がり落ちるかわかりません。

景色を楽しむというより不思議な空間なのです。
天の岩戸は奇岩・奇木の宝庫です。

鳥居までの林の中は、動物の奇妙な鳴き声が聞こえたり・・・
杉林から雑木林に変わる民家跡あたりには、鹿のふんが沢山あったり・・・
見たことのない昆虫がいたり・・・

もう二度と林コースは歩きません。
キツイし怖いのです(><)
八十八か所の歩き遍路さんはこんな山道を1400キロも歩くのですね。
今年は四国霊場開創1200年でかなりにぎわっている徳島です。

体力に自信のない方は、林道が整備されているようなので、車ですぐ近くまで行くことができますよ。
私も車を使うのならもう一度ゆっくり訪問してみたいです。
by tumugihime | 2014-04-27 22:58 | 徳島散歩(山・滝・海) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://chamie.exblog.jp/tb/20626710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by しゅわっち at 2014-04-28 10:07 x
お疲れ様でしたぁ!(*´▽`*)
最後の画像が、言葉よりもずっと気持ちを表してますね~♪
Commented by tumugihime at 2014-04-28 22:17
しゅわっちさん!
疲れましたよ~
でも行ってよかったです。なかなか面白い場所でした。
神楽石に寝転ぶなんて、罰当たりなことしたのかしら(^^;)
Commented by eiji at 2014-05-01 11:06 x
神話の世界の天の岩戸・・・ここにあったんですか。
嶮しい岩場の奥に・・・岩戸とはいうけど、板戸なのかな?
新入りの山の仲間が、5月に剣山と石鎚山へ行くと・・・大丈夫かな?
山歩きが心地よい季節になりました!
Commented by tumugihime at 2014-05-02 21:02
eijiさん!
そうなんですよ~ものすごい山の中でした。
岩戸ですよ。画像が悪いのですが巨岩でした。

お仲間さんが四国へいらっしゃるのですか!私でも登れるので大丈夫でしょう^^
薄紫の山藤と新緑がきれいですよ。
eijiさんも是非いらしてくださいね。小肥りさんは絶対無理です^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 徳島ヴォルティスJ1初勝利! お家仕事な一日 >>