なんとなく奈良

雨の予報だったけれど出かけましたよ奈良へ。
以前から行ってみたかった新薬師寺(本堂)です。
d0043390_21543659.jpg

あっさりした大屋根の本堂は思っていたより小さく感じました。

土間とむき出しの天井のうす暗い本堂内は・・・

すごーい!薬師如来像と躍動感あふれる十二神将立像に圧倒された私。
最古最大の十二神将立像は、それぞれが個性的なのです。
髪の毛を逆立てたバサラ大将など迫力満点でした。

想像をはるかに超える極彩色だったらしい十二神将立像は、今の私たちに何を語りかけてるのでしょう。
天平人たちはどんな気持ちで眺めていたのでしょう。
やはり本物と向き合うとすごいパワーを感じます。

d0043390_22591920.jpg




志賀直哉旧居です。
d0043390_2325945.jpg

隣のたかばたけ茶論でひと休み。
d0043390_2364951.jpg

有名なガーデンカフェのようでした。
d0043390_2395070.jpg

吹き抜ける風が気持ちいい!

お店の中から外を見ます。
d0043390_23172286.jpg

レトロな店内です。
d0043390_2320289.jpg

d0043390_23345956.jpg

汗だくだったのでアイスコーヒーをオーダー(700円)
d0043390_2319456.jpg

ごちそうさま、おいしかった~!
おつりは震災募金箱へチャリーン。



元気になって、ぶらぶら散策。
d0043390_23262223.jpg

鹿さん、ダンボール食べてました。
d0043390_2330564.jpg

これ何かな?
d0043390_23375837.jpg

阿修羅さんにも会いたかったんだけどな。
のんびりし過ぎて時間がなくなってしまいました。

一人で気の向くままに・・・いいね、奈良!
by tumugihime | 2011-06-20 23:45 | 関西(生活・美味しい・京都他) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://chamie.exblog.jp/tb/13836802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 花好きばあば at 2011-06-21 09:58 x
おひさ~♪
どこへ?と思っていたら 関西へ お里帰りでしたかぁ~?
ゆっくりできたようですね。
ゆっくりしたら 帰ってからが おお大変でしょう~!お疲れ出さないようにね。
オキスズもツルが出てるんじゃないですか?ばあばはまだですけど。
↑の赤い実は 多分ジューンベリーじゃないですか?
Commented by 寅次郎 at 2011-06-21 11:16 x
藍さん、こんにつは。
お一人で奈良へ行かれましたか。いいですね。
奈良は一時、「遷都×××年」とかの記念で大変賑わっていましたが、今は落ち着いているのでしょうか?
Commented by tumugihime at 2011-06-21 16:11
花好きばあばさん!
9日間の里帰りや旅行やら・・・東京の妹も一緒に女4人、全員集合でした。
疲れたとは言えないので家事はほどほどに頑張ってます。
赤い実はジューンベリーでした^^ ありがとうございます♪
気になって仕方がなかったので、名前がわかってうれしいです。
またお取り寄せしようかな~
Commented by tumugihime at 2011-06-21 16:16
寅次郎さん!
奈良は昨年と違い随分落ち着いていました。
相変わらず修学旅行生が多かったです。
何度行っても、どの季節に行っても、奈良は趣きがあって素晴らしいですね。
Commented by 小肥り at 2011-06-21 16:23 x
大昔、40年前。もっと前かな。行ったはずなのになにひとつ覚えていません。
本堂はこんなにちゃんとした建物ではなかったような・・・通りすがりの普通の民家のような印象しか残っておりません。注目の伐折羅大将ですが・・・これまたなにひとつ覚えておりません。罰当たりでございます。でも、奈良や京都にホイサッと簡単に出かけられるのは羨望。
Commented by tumugihime at 2011-06-21 22:02
小肥りさん!
40年前ですかーー。私も遠足で行ったような気がしていたのですが、覚えていませんでした。
通りすがりの民家のような・・・そう言われたらそうかも!
入口は堂々とした感じじゃなくて、人も少なくて、ワタシおそるおそる門をくぐりました。でも本堂に一歩足を踏み入れた途端ガガーンと迫ってくるものがありました。
小肥さん、今行かれたら 以前とは違った気持ちで向き合われると思いますよ。わたしがそうなのです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 母の誕生日旅行 移植しました >>