中尾山で秋を満喫

今年も行きました中尾山。地元の方は「なこやま」と呼ぶそうです。
車で3時間、剣山の北東、標高1000m。
d0043390_225204.jpg

大森ノ池はやっぱり美しかった。
d0043390_2221509.jpg

そろそろ紅葉本番ですね。
d0043390_22224170.jpg

民俗資料館は茅葺きです。
d0043390_22262212.jpg

昔の民具などが展示されています。これは何かな?
d0043390_22304059.jpg

池の周りを歩くと、アスレチックがあったり・・・
d0043390_2234469.jpg

やっぱり紫陽花が咲いていたり・・・
d0043390_22285169.jpg

時々池の鯉がジャボンとはねて・・・大きな音にびっくり。
d0043390_2241542.jpg

中尾山高原は寒いくらい。秋でしたよ。
d0043390_22531219.jpg

高原のお花たちは明日アップしますね。
by tumugihime | 2009-09-13 22:37 | 徳島散歩(山・滝・海) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://chamie.exblog.jp/tb/10220409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by odekakeyanko at 2009-09-14 10:55
中尾山、自然がいっぱいの素晴らしいところですね。
空気のきれいそうな感じが画像から伝わります。
とても景色が立体的に見えます。
お花たちの画像も楽しみにしています♪
Commented by ahaha-syuwacchi06 at 2009-09-14 17:35
タイトルだけ見た時は、東京地方の「高尾山」を思い出して、南に下ったから「中尾山(なかおさん)?」と 笑ってしまいました。相変わらずワタクシは おバカです~。
民俗資料館のような建物にわくわくします!すごくきれいな所でしたね。もう秋なんですね~。
Commented by くみこ at 2009-09-15 12:28 x
もう秋を感じる季節になったのですね、池と茅葺きのいえまだまだこんな風景がのこっている日本はすてきですよ。足でふむいしうす 昔はこれで玄米を白くしたりまたおもちももついていたとかです 懐かしいですね これから深まり行く日本の秋画像楽しみにしています。
Commented by 花好きばあば at 2009-09-15 16:21 x
奥へ入ると秋景色がましますね 本当に秋ですね。石の臼は 水車に連結していたと思います 精米をする為に。「トン トン」と音がしていたそうです。
クリは 美味しかった? クリご飯でしたか?
我が家の秋は 赤が5になりましたよ。
Big news!! ごえもんさんが復活です。 夜に本格的にビビアンさんところに「おかえり」だそうです。 Party しなきゃですね。
Commented by tumugihime at 2009-09-15 22:26
やんこさん!
9月の声を聞くと夫は必ず「中尾山へ行こう!」って言うんですよ。
高原の景色はとっても素敵なんですが、行く道中が長いのでいつもはできない話をしたり、いい時間を過ごすことができます。たまにケンカしたりもしますけどね(^^;)
Commented by tumugihime at 2009-09-15 22:31
しゅわっちさん!
中尾山(なこうやま)らしいですよ。私は地元の方の真似して(なこやま)と言いますが・・・
高尾山知りませんでした。京都の高尾は知ってますが。
ホント、秋なんですよ~茅葺き屋根が素敵でしょ!
Commented by tumugihime at 2009-09-15 22:37
くみこさん!
石臼、ご存じなんですね。
あれは足で踏むのですか?
最近古いものが見直されているようでうれしいことです。
大切にしたいですよね、郷愁を誘う日本の原風景。
いつか水彩画、描いてくださいね。
Commented by tumugihime at 2009-09-15 22:44
花好きばあばさん!
石臼は水車に連結・・・そういえば馬籠でみたような気がします。
クリご飯いいですね~♪
5つですか~~~いいな~!!

☆ごえもんさん復活ですか!!
またにぎやかになりますね~♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ルーヴル美術館展 イングリッシュガーデン・レールサクレ >>