新しょうがの佃煮といちじくジャム

連休に東京の妹が遊びに来るので、お土産にと頑張って作りました。

まず新しょうがの佃煮です。
9月の新生姜、スジが入っててかたいのでは?
それが全然大丈夫でした。

きれいでしょ。皮をむかずに極薄切りしたものです。(1.1キロ)
d0043390_14155946.jpg

薄切りしたものを熱湯にさっと入れる(20秒から1分)
生姜のピリピリが苦手な方は長めに茹でましょう。

砂糖300グラム・醤油250CCをそれぞれ少し残して煮る。
d0043390_14222791.jpg

水は入れません。強火で10分、沸騰したら中火(レベル4)で30分。
d0043390_1422286.jpg

残りの調味料を入れてさらに弱火(レベル2)で30分~1時間
d0043390_1432159.jpg

煮汁が少なくなってきたらお味見。ここで砂糖30グラム追加。
結局砂糖は330グラム使いました。日持ちさせたいので・・・

さらに鍋を返しながら煮る(焦がさないように)
鰹パック3g×8~10袋と白ゴマ大さじ3~4を加えてさらに煮詰めて。
d0043390_14381757.jpg

出来上がり~♪
鰹パックと白ゴマはお好みで加減してくださいね。

今回の生姜佃煮の出来は・・・
少し生姜のピリピリ感を残して仕上げました。いい出来上がりです!

<注>お鍋はほったらかしにしないで頻繁に返してくださいね。
     おいしくな~れと言いながら作りますよ(・v・)


<いちじくジャムレシピ>

☆いちじく6パック(皮をむくと1.4キロ)
☆砂糖280g(20%)
☆レモン1.5個

いちじくは皮をむいてざく切り。今回はレンジでチンしません(量多すぎだから)
d0043390_14575214.jpg

砂糖(今回はグラニュー糖)・レモンを加えて火にかける。
d0043390_150283.jpg

アクをていねいに取りながら煮詰めると出来上がり。超簡単!
d0043390_1514869.jpg

***
レモンは最初に1個分を砂糖と一緒に入れて、味を見ながら半個分追加しました。
いちじくが甘いのでいつもは砂糖をもう少し控えます。
料理本などでは40%くらい入れてますけどね。
長期間保存するならそのくらいの量が必要なのでしょう。

煮詰め過ぎると、いちじくの粒々食感がなくなるので注意してくださいね。
とろ~りいちじくジャム簡単でおいしいですよ♪

***
この時期ならではの保存食を作る・・・とってもシアワセな時間です。
by tumugihime | 2009-09-07 15:17 | 日常 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://chamie.exblog.jp/tb/10194985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 花好きばあば at 2009-09-08 18:50 x
こんばんは~(^^♪
ジャムも ショウガも美味しそうー!
ビビアンさんのオキスズ 赤くなってますよぅ。
うらまやしいし うらやましいー 
ばあばは まだ虫の心配をしています・・・(>_<)
Commented by odekakeyanko at 2009-09-08 21:17
新ショウガの佃煮、美味しそうですね〜。
少しピリピリ感の残った生姜の良さそうな香りがしてきそうです。
イチジクのジャムはこうしてお作りになるのですね。
美味しいはずです。
丁寧な作り方に、きれいな写真でとてもわかりやすいです。
Commented by tumugihime at 2009-09-08 22:00
花好きばあば さん!
今見てきました~(^^)
あんなふうになるんですね~♪
うちのオキスズ、葉っぱが青々してるのでまだなんでしょうね。楽しみです~!
虫は今のところついてないようですが油断大敵ですね。
Commented by tumugihime at 2009-09-08 22:04
やんこさん!
こちら産地ですから、新生姜もいちじくも新鮮です。おまけに安いのでありがたいです(^^)
とっても簡単なので作ってみてくださいね。
Commented by mitikusak at 2009-09-13 22:11
第二段生姜の佃煮妻が作りました。
今度は前より甘さ控えめ、胡麻も控えめです。
イチジクジャム美味しかったです。
ありがとうございました。
Commented by tumugihime at 2009-09-15 22:06
mitikusakさん!
奥さまから聞きましたよ。
あちこち配られたそうですね。
sちゃんもスイミングの仲間などに喜んでもらったそうです。うれしいです~
ありがとうございました♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 青虫だ~ 土々呂の滝(どどろのたき) >>